世間知らずは経験が浅く情勢を知らない人のこと!正しい意味や改善法まで解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.09.04

世間知らずな人の特徴と改善方法

世間知らずとは、経験が浅く情勢を知らない人のことを言います。当てはまる人には7つの共通する特徴があります。そこでこの記事では、世間知らずな人の特徴や原因はもちろん、改善する方法までご紹介します。ぜひ参考にして、常識人を目指しましょう。

Tags:

【目次】
世間知らずとは経験が浅く社会情勢を知らない人を意味する言葉
世間知らずの人に見られる特徴7つ
世間知らずになってしまう原因3つ
世間知らずを改善する方法4つ
世間知らずの特徴を知って改善していこう!

世間知らずとは経験が浅く社会情勢を知らない人を意味する言葉

世間知らずとは、経験が浅く情勢を知らない人を意味する言葉です。情勢とは、世の中で起こっていることを指します。

時事的な話題に関心がなく、その話題についていけない人は、世間知らずと思われてしまいます。一般的なマナーを知らず、正しい言葉遣いができない場合も同様です。また、世間知らずという言葉は人生経験が浅いという意味で使われることもあります。

世間知らずの人に見られる特徴7つ

ここからは、世間知らずな人に見られる特徴7つをご紹介します。

1. 自己中心的である
2. 人をすぐに信じてしまう
3. 一般常識を理解していない
4. 目上の人に対して敬語が使えない
5. トレンドや時事ニュースに興味がない
6. 責任感に乏しい
7. 挨拶ができない

それぞれ詳しく解説していきます。周りの人や自分が当てはまっているかチェックしてみましょう。

1. 自己中心的である

世間知らずな人の特徴の1つ目として、自己中心的であることが挙げられます。一般的に、人は社会生活を送るうちにある程度周りに合わせて行動することを学びます。

しかし、世間知らずな人は「今まで周りが自分に合わせてくれた」という経験を持つ人が多いでしょう。これは、成長していく過程で相手を思いやる気持ちが育たなかった方に見られる特徴です。そのため自己中心的な性格になりがちで、職場で自分の意見が通らない場面でも、しつこく主張し続けてしまいます。

2. 人をすぐに信じてしまう

世間知らずな人の特徴の2つ目は、人をすぐに信じてしまうことです。相手が言ったことを何でもかんでも信じて実行するのは、自分で思考していないと思われて世間知らずと認定されてしまうことがあります。これは他人にひどい嘘をつかれた経験が乏しい人に、よくある傾向です。

確かに、何でもかんでも疑ってかかる性格もよくありませんが、信じすぎることも危険です。誰でも信じてしまうと、いずれ悪い人に騙されてしまうこともあります。世間についてある程度知った上で、人を信じるのがベストでしょう。

3. 一般常識を理解していない

世間知らずな人の3つ目の特徴は、一般常識を理解していないことです。一般常識とは、社会で円滑にコミュニケーションをとり、生活を営むためのルールです。それらが身についていないと「経験が浅く世間知らずな人」と認識されます。

一般的に、人は成長していく過程で周りの人の話を聞いたりして常識を身につけていくものです。しかし、世間知らずな人には学ぼうという気持ちがありません。一般常識を知らなくても問題ない、恥ずかしくないとさえ考えています。よって、大人になっても、世間知らずのままで過ごしてしまうのです。

4.目上の人に対して敬語が使えない

世間知らずな人の特徴の4つ目として、目上の人に対して敬語が使えないことが挙げられます。常識的な人は、相手を尊敬する気持ちを表すために、敬語を上手に使いこなしていきます。そうすることで、円滑にコミュニケーションを取れるのです。

しかし、世間知らずな人の場合は、正しい敬語が使えない傾向にあります。世間知らずの人は砕けた言葉を使うことが多く、受け取り手に「敬語が使えないなんて世間知らずだな」と認識されてしまうでしょう。

よって、よい人間関係が築けずに、仕事をうまく進められないなどのトラブルが発生しやすくなります。

5. トレンドや時事ニュースに興味がない

世間知らず

世間知らずな人の特徴5つ目は、トレンドや時事ニュースに興味がないことです。時事ニュースから社会の動きを読み取ること、人の気持ちを考える力を養うことは、社会人にとって重要な行動です。

世間知らずな人は「自分さえよければいい」という考えを持っています。そのためトレンドや時事ニュースなどは気にもとめません。次第に周りの会話にもついていけなくなり、相手の気持ちも分からずどんどん孤立していきます。結果的に世間知らずのレッテルをはられてしまうこともあるでしょう。

6. 責任感に乏しい

世間知らずな人の6つ目の特徴は、責任感に乏しいことです。常識のある人は、責任感を感じて周りと連携しながら、任された仕事は最後までおこないます。しかし、世間知らずな人は責任感に乏しいため、周りとコミュニケーションを取りながら仕事を完遂させることが苦手なのです。

また、苦しい状況になってしまうとすぐに投げ出してしまうため、いつまで経っても仕事ができるようにならないという懸念も。これらは「今まで周りが何でもやってくれていたと」いう人に多い傾向です。

仕事を投げ出してばかりいると周囲に迷惑をかけるだけでなく、周りからは無責任で世間知らずな人と評価されてしまうでしょう。

7. 挨拶ができない

世間知らずな人の特徴7つ目は、挨拶ができないことです。挨拶は社会人として最低限押さえておくべきマナーであり、円滑な人間関係を築く上で欠かせないものでしょう。

一般的な人は、「おはようございます」や「お疲れ様です」など人と会ったときに明るい声で挨拶できます。しかし、世間知らずな人の場合、目があったとしても挨拶をしないことが多いです。さらに、挨拶できたとしても「ご苦労さまです」と間違った言葉遣いをしてしまいます。

挨拶が上手にできないまま過ごしてしまうと、悪い印象を与え、コミュニケーションがうまく取れずに仕事が思うように進まないことも。世間知らずであることは、ときに社会人として致命的な欠点になることもあります。

世間知らずになってしまう原因3つ

ここからは、世間知らずになってしまう原因を3つご紹介します。

世間知らず

1. 周りに怒ってくれる人がいない
2. 自己愛が強い
3. 物事を客観的に捉えることが苦手

世間知らずになる原因には、周りの影響だけではなく本人の認識力の低さも挙げられます。それぞれ解説していきますので、原因を深く知って、世間知らずを脱却するための知識を得ていきましょう。

1. 周りに怒ってくれる人がいない

世間知らずになってしまう原因の1つ目は、周りに怒ってくれる人がいないことです。間違ったことを訂正して、叱ってくれる家庭に育てば自然と常識は身につきます。

しかし、何でも受け入れられてしまう環境に育つとわがままになり、相手の気持ちを考えて行動する力が身につきません。言いたいことを言えば周りが合わせてくれるため、自分本位で生きても問題ないと考えてしまいます。

環境が与える影響はかなり大きく、中には社会に出ても間違いに気づかず過ごしてしまうことも。周りとの人間関係で苦労する人も多いです。

2. 自己愛が強い

世間知らずになってしまう原因の2つ目は、自己愛が強いことです。自己愛は自己肯定感を高めるためには重要です。しかし、あまりにも強すぎると、周りが見えずに自分勝手な振る舞いをしてしまうでしょう。

また自己愛が強いと、向上心が低い傾向にあります。なぜならば、現状の自分でも愛せてしまうからです。そのため、積極的にマナーや常識、時事ニュースなどを知ろうとする気持ちが生まれにくいです。その状況が続くとといつまで経っても、世間知らずなままになってしまうでしょう。

3. 物事を客観的に捉えることが苦手

物事を客観的に捉えることが苦手な性格も世間知らずになる原因のひとつです。社会で働く上で、客観的な視点は大切です。しかし、世間知らずな人は、主観でしか物事を捉えていません。

「自分だったら」という考え方しかできないので、他人がどのように考えているのか理解しようとしません。そのため、柔軟性に欠け、他人の考えにも応えようとする意識が少なくなります。その結果、周りともうまく連携が取れず、世間知らずとなってしまうでしょう。

世間知らずを改善する方法4つ

ここからは、世間知らずを改善する方法4つをご紹介します。

世間知らず

1. ニュースを見る習慣を身につける
2. 相手の立場に立って考えるようにする
3. 新しいことをやってみる
4. 周りからの意見を素直に受け入れる

世間知らずのレッテルをはられたままでは、人間関係に苦労します。比較的簡単に始めやすいものばかりですので、以下で紹介する方法を試して世間知らずを脱却しましょう。以下で詳しくご紹介します。

1. ニュースを見る習慣を身につける

世間知らずの改善方法の1つ目は、ニュースを見る習慣を身につけることです。世界の情勢に目を向けることで、最低限のトピックを把握できるほか、自分以外に興味を持つ練習にもなります。次第に他人にも興味が湧いてくるでしょう。

情報元は、新聞以外でも構いません。テレビやネットニュースサイトの閲覧などでも大丈夫です。見る時間を作ることが難しい場合は、通勤中に見るのがおすすめ。移動時間が有意義なものになります。

習慣づけるためには、継続しておこなうことが必要です。時間を見つけて時事ニュースをチェックしましょう。

2. 相手の立場に立って考えるようにする

2つ目の改善方法は、相手の立場に立って考えるようにすることです。相手の立場になって考えると、自ずと必要な行動は見えてきます。例えば、

・挨拶をする
・丁寧な言葉遣いをする
・常識的な行動をする

これらはすべて相手を不快にさせないためのルールです。相手はどう思うか考えながら行動することで、自分本意な考え方から脱却できます。

さらに相手の立場になって考えることで、相手の気持ちが図れるようになります。すると、円滑なコミュニケーションを取れるため、職場の人間関係も良好になり仕事にもプラスに働くでしょう。

3. 新しいことをやってみる

新しいことをやってみるのも世間知らずを改善する方法のひとつです。新しいことを始めると、知識が増え、新しい人との出会いが生まれます。新たな体験をし続けることで、知見が広がるため、世間知らずを脱却できるのです。

ですが、毎日新しい挑戦をする必要はありません。「知らないことを知ろうとする」だけでも知識を増やすことは可能です。会話の中で分からないことがあったら質問してみましょう。学ぶ姿勢があるだけでも周りからの評価は変わってきます。

4. 周りからの意見を素直に受け入れる

世間知らずを改善する4つ目の方法は、周りからの意見を素直に受け入れることです。自分本位な考えを持った人は、客観的な視点がありません。周りからの指摘を素直に受け入れることで、自分以外の人の考え方を知ることができます。

意見をくれる周りの人は貴重な存在です。なぜなら、改善してほしいと思わなければ、わざわざ意見を言わないためです。自分を見てくれている人の期待に応えることで、周りからの評価も変わってくるでしょう。

世間知らずの特徴を知って改善していこう!

世間知らず

世間知らずとは経験が浅く情勢を知らない人のことを意味する言葉で、その特徴は7つありました。自己中心的な性格であることや、人をすぐに信じてしまうこと、一般常識を理解していないことなどがあります。これらの特徴を理解しておくことで、改善点がはっきりするでしょう。

また、世間知らずになってしまうのは、家庭環境や本人の性格に原因がありました。改善したいのであれば、ご紹介した4つの方法を試してみてください。

こちらの記事もたくさん読まれています

「かまととぶる」の意味とは?「カマトト」の漢字表記や類語、英語表現を解説
お人好しと呼ばれる人の特徴は?メリットやデメリット、優しい人との違いを解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事