不器用さん必見!超簡単で大人かわいい「ハーフアップ」のヘアアレンジ特集 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.07.21

簡単ハーフアップの作り方!ボブからおだんごヘアまで|おすすめアレンジをご紹介

お出かけはもちろん入学式などセレモニーのセルフスタイリングにもおすすめなヘアスタイル、ハーフアップ。今回は、「ハーフアップ」の作り方やおすすめのアイテムをご紹介します。

Tags:

【目次】
1分で完成!ロングヘアのハーフアップ
かわいいくるりんぱ×ハーフアップアレンジ
ボブヘアにおすすめなおだんごハーフアップ
大人っぽウエットヘアのおだんごハーフアップ
カチューシャを使ったハーフアップアレンジ
シンプルできちんと見せられるハーフアップ
簡単なのに崩れないねじりハーフアップ

1分で完成!ロングヘアのハーフアップ

準備するもの

・スクエアコーム
・ラウンドコーム
・その他使用アイテム:ヘアゴム(1本)

▲スクエアコーム(1本)、ラウンドコーム(1本)/Elaborate

アレンジ方法

1:ざっくりとトップの髪をとりゴムで結ぶ。最後は毛先を抜かずにお団子にする。
2:全体をラフに引き出す。
3:お団子を裂くように広げてコームを差し込む。

全体をラフに引き出す量がポイント!無造作感と立体感が出るように意識しながら引き出して。時間に余裕があるときは、髪を巻いてからアレンジするとより動きが出ておすすめです。

かわいいくるりんぱ×ハーフアップアレンジ

ベーシックなハーフアップのくるりんぱよりメリハリがアップして、より爽やかで洗練されたイメージに。

HOW TO

サイドの髪を後ろに向けてねじっていく。指先を使ってくるくるとねじると、両サイドがいっぺんにつくれて◎。毛束は後ろでひとつに結ぶ。

毛束の先を、結び目の上に表側から入れ込み、毛先を下に引き出してくるりんぱ。ねじった部分や後頭部の表面の髪をつまみ出してくずす。

ボブヘアにおすすめなおだんごハーフアップ

ボブでもできる、顔まわりスッキリのこなれた系ハーフアップ。オフィスにも◎。

HOW TO

ハチ(頭の出っ張り)より上の髪をバックに集めてゴムで結ぶ。トップはふんわりと高さを出し、サイドはタイトに抑えるのがコツ。

結んだ毛束を根元からねじり、毛先をもってゆっくりと丸め、アメピンで固定する。しっかり固定したお団子を少し崩せば完成!

大人っぽウエットヘアのおだんごハーフアップ

オールアップは気恥ずかしい…。それなら、うなじに毛を残せるハーフアップでおしゃれ見えできるひと工夫を。ただハーフアップで結ぶのではなく、まとめた部分におだんごをあしらえば、うなじはカバーしつつも洗練された印象が手に入る。

HOW TO

首元に少しだけ毛を残し、 耳下から上の髪をまとめる。おだんごをつくったら毛先を結んだ根元にぐるっと巻きつけ 、一部のみを根元のゴムに挟んでいく。残りの毛束は下ろした毛となじませたら完成!

カチューシャを使ったハーフアップアレンジ

梅雨の湿気で広がったり、逆にペタンコになる髪にも向いているのが、カチューシャを使ったハーフアップアレンジ。

カチューシャで生えぎわのうねうね髪やハチ周りの広がりがカバーできるし、ハーフアップでつむじ周りのペタンコも解消するので、この時季とてもおすすめです。

HOW TO

直毛の人は、表面だけ適当に巻いておくとニュアンスがついて◎。髪に少しでもクセがある人は、ソフトワックスやヘアミルク、バームなどをなじませてツヤとしなやかさを与えておく。カチューシャは、生えぎわがギリギリ見える位置にオールバックでつける。

耳前のひと束と前髪を薄く引き出してから、ハチ上の髪を後ろでひとつにまとめる。

まとめた毛束をひとねじりしてから軽く押し上げ、トップ〜後頭部をふっくらさせる。やりすぎると盛り盛りになってしまうので、程よさが大事。

ねじった部分に下からピンを挿し込み、ほどけないようにしつつ地としっかり固定する。

ワックスやバームなどを指先にほんの少し取り、前髪や後れ毛を軽くつまみながらなじませて束感を作って完成。つけすぎないことが重要。これで一気に抜け感が出る。

エレガントできちんと見えするから、お呼ばれの時の気の利いたアレンジとしても活躍するはず。

シンプルできちんと見せられるハーフアップ

サイドの毛束を後ろ向きにねじって、後ろでひとつに結ぶだけ。ねじった毛束の凸凹で、立体感とメリハリが加わりランクアップした印象に。

HOW TO

顔周りに後れ毛をひと束のこして、耳の付け根より前の毛束を手ぐしで取って後ろ向きにきつくねじる。後までねじったらクリップなどで仮留めしておく。逆サイドも同様に。

ねじった毛束の仮留めを外し、後ろでひとつにして結ぶ。上からヘアクセをつけても結び目がジャマにならないよう、細いシリコンゴムを使うといい。

結び目を押さえながら、後頭部の毛束やねじった部分の毛束を少しずつ引き出して、こなれ感と立体感を加える。

結んだだけの状態より、グンとおしゃれな印象に。さらに結び目にヘアアクセをあしらうと、グンとお出かけ向きに!

残しておいた後れ毛は、ヘアアイロンで毛束の中間から巻く。アイロンを縦に使い、リバース(後ろ方向へ)巻きにして、バームをつけながら毛束をほぐす。

完成

普通のハーフアップよりバランスがとりやすく、意外にも作りやすいねじねじハーフアップ。顔周りがスッキリするため、お仕事シーンでも使えそうです。アレンジルーティーンに組み込んでほしいスタイルです。

簡単なのに崩れないねじりハーフアップ

シンプルなハーフアップより洒落見えして、美人度もアップするワザありハーフアップ。きちんと感や知的さ、後ろの髪は下りているから女性らしさもバッチリ。ピンもヘアアクセもない!、という時でもゴムが2本あればすぐにできるお手軽さも高ポイント。

NOW TO

今回はロングで紹介しますが、ミディアム以上の長さがあればOK。短すぎると中途半端な印象のハーフアップになるので、ボブくらいの長さは避けた方がよさそうです。最初にランダムに巻いておきましょう。

後頭部の一部分をこんな感じで結ぶ。細いシリコンゴムを使うとしっかり留まる。

両サイドの耳前の髪を後ろでひとつにまとめ、シリコンゴムで結ぶ。こんな感じで、最初の毛束に重ねるように。

下の結び目をゆるめて広げ、ひとねじりして空間を作る。その空間に、奥にあるもうひとつの毛束を通して引っ張り出し、ふたつの毛束をキュッと締める。

完成!

Back

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事