子どもの機嫌が悪い3つの原因とは? その対処法やママのNG言動も紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.09.17

子どもの機嫌が悪い3つの原因とは? その対処法やママのNG言動も紹介

子どもの機嫌が悪いときに、どう対処したらよいのか分からず、戸惑うママも多いのではないでしょうか。不機嫌になる原因が分かれば、ママも対処がしやすくなります。子どもの機嫌が悪い原因や適切な対処法、ママにおすすめのイライラ解消法を紹介します。

Tags:

子どもの機嫌が悪い原因は?

子どもの機嫌が悪い原因が分からずに、戸惑ったことのあるママも少なくないのではないでしょうか。機嫌が悪くなる主な原因を知れば、外出先やおとなしくしてほしい場面ですぐに対処できます。

機嫌 悪い 子ども 原因

(C)Shutterstock.com

感情の表現方法が分からない

子どもの機嫌が悪い原因の一つは、「感情の表現方法が分からない」ことです。大人に比べて語彙力が少ない子どもは、自分の感情を言葉でうまく表せないことが多々あります。

例えば、「まだ帰りたくない」「疲れた」「おなかが空いた」といった不満があっても、それぞれの違いをうまく伝えられません。その結果、手足をばたばたさせたり泣き喚いたりする行動で、自分の不満を示してしまうのです。

ママの関心を引くため

「ママの関心を引きたい」という一心で、子どもの機嫌が悪くなることもあります。家事に集中していたり、妹や弟の相手をしていたりするときに駄々をこねるのは、自分に注目してほしいからなのです。

子どもはママに構ってもらえない寂しさを伝えるために、いじける・ぐずるなどの困った行動を連発します。「今は忙しいから」「よい子にしててね」と突き放してしまうと、かえって不機嫌になってしまうでしょう。

体調が悪い場合も

子どもの機嫌が悪いのは、「体調不良」の可能性もあります。具合が悪いときに平静を装うのは、大人でも簡単ではありません。体調不良への不快と症状をうまく伝えられないもどかしさで、不機嫌に拍車がかかることもあります。

子どもが不機嫌なときは、体調に異変がないかどうかも気にかけましょう。悪化すると、不機嫌でいられなくなるほど、ぐったりしてしまいます。急を要する病気の場合もあるので、病院に連れて行くなどの対応が必要です。

機嫌が悪い子どもへの対処法

子どもの機嫌が悪いのは、何かしらの不満や不快を感じているサインです。できるだけ早めに対処して、子どもの機嫌を直しましょう。

機嫌 悪い 子ども 不機嫌            対処法

(C)Shutterstock.com

子どもの気持ちに共感する

子どもが不機嫌になる原因は、「ママに気持ちを伝えたい」という子どもの気持ちです。自分の気持ちをうまく伝えられないので、不機嫌になってしまいます。

自分の気持ちを分かってもらえないと感じると、さらに不機嫌になり、より大きな声で泣いたり騒いだりする悪循環に陥ります。子どもを落ち着かせるためにも、気持ちを理解していることを言葉で示しましょう。

ただし、「共感すること」と「同意すること」は同じではありません。子どもの発言を全て受け入れてしまうと、要求がエスカレートする恐れがあります。

例えば、「嫌いな野菜を食べたくない」「おもちゃの片付けをしたくない」など、共感はできても同意ができない発言をされたら、次に紹介するポイントを意識してママの気持ちを伝えましょう。

お願いするときの主語は「ママ」

不機嫌な子どもにお願いをするときは、「アイメッセージ」を使うと効果があります。アイメッセージの「アイ」は、私を意味する「I」です。つまり、「私=ママ」を主語にしたメッセージがアイメッセージです。

子どもが嫌いな野菜を残したときに、「好き嫌いしないで全部食べなさい」と叱るのではなく、「好き嫌いしないで全部食べてくれるとママはうれしいな」と伝えます。子どもの行動を責めてしまうと、ママに伝えたいことがあっても叱られることを恐れ、気持ちを飲み込んでしまいます。しかし、ママが主語なら、子どもは責められていると感じにくいのです。

楽しいことを提案する

子どもが不機嫌なときは、楽しいことを提案してみましょう。おもちゃで遊ばせたり散歩に出かけたり、子どもの関心が楽しいことに向けば、機嫌がよくなるかもしれません。

また、子どもとママの気持ちが異なる場合は、お互いに譲歩し合う提案を考えましょう。ママが「帰ろう」と言っても、まだ遊びたがる子どもには、「あと1回だけね」と条件付きで提案するのがおすすめです。部分的にでも自分の提案を受け入れてもらえれば、ママのお願いも聞き入れてくれるでしょう。

これはダメ! やってはいけないママの言動

不機嫌な子どもに対してママが行う言動は、逆効果になるものもあります。やってはいけないママの言動を押さえておきましょう。

機嫌 悪い 子ども 不機嫌 NG           対処法

ご機嫌取りにお菓子などを与える

子どものご機嫌を取るために、お菓子などを与えるのはやめましょう。外出先で子どもの機嫌が悪くなると、周囲の目が気になり、ついついやってしまいがちな行動です。

しかし、不機嫌になるたびに物を与えたり要求に応えたりすると、わがままをエスカレートさせる原因になります。子どもは「泣けば嫌いな野菜を残しても許される」「大声を出せばお菓子を買ってくれる」と考えてしまうからです。忍耐強く対応すれば、泣いたり騒いだりしても思い通りにならないことを理解できるようになります。

子どもを突き放す

くずったり駄々をこねたりする子どもを、甘やかすことはよくありませんが、逆に突き放すのもNGです。何度繰り返しても言うことを聞いてくれない子どもに、イライラすることも少なくないでしょう。しかし、ママが自分の気持ちに共感してくれないと感じた子どもは、余計にご機嫌斜めになってしまいます。

また「ママの言うことを聞かないなら置いて行くよ」といった発言は、教育の一環とはいえ、子どもは「脅し」と捉える場合もあるでしょう。ママが「好きにしなさい」「勝手にしなさい」と言ったのに、好き勝手にして叱られれば、子どもは混乱してしまいます。イライラしてもぐっと堪えて、まずは子どもの要望を聞いてあげましょう。

ママにおすすめのイライラ解消法

毎日の家事に加え、機嫌が悪くなったり駄々をこねたりする子どもに、思わずイライラしてしまうこともあるでしょう。そんなときはストレスをため込まず、発散することが大切です。簡単に行える、おすすめのイライラ解消法を紹介します。

機嫌 悪い 子ども 不機嫌 イライラ 解消          対処法

適度に体を動かす

適度な運動はイライラの解消に打ってつけです。ウォーキングやランニングなら、外の空気を吸ってリフレッシュできます。

「育児や家事、仕事で疲れているのに運動なんて…」と思う人もいるかもしれません。しかし、適度な運動は疲労回復につながる上に、体力勝負の育児を乗り切るためにも重要です。

激しい運動に苦手意識がある人は、自宅でできるストレッチやヨガ、筋トレがおすすめです。寝る前に行えるものや5分程度でできるものもあるため、隙間時間を活用してみましょう。

リラックスできる時間を持つ

趣味に没頭したりゆっくり休んだりして、リラックスできる時間を持つのもイライラ解消法の一つです。映画鑑賞や読書など、ママがリラックスできるものであれば何でも構いません。

気分が上がりそうなことをするでもよいでしょう。例えば、ネイルアートを楽しんだりヒールを履いたり、子ども連れでは難しいファッションを楽しむのもおすすめです。

イライラをため込んでママが不機嫌になると、家庭の雰囲気も悪くなってしまいます。子どもがご機嫌でいるためには、ママが笑顔でいることが重要です。

友人やママ友とのおしゃべり

友人やママ友とのおしゃべりも、おすすめのイライラ解消法です。誰かに話を聞いてもらい、日ごろの不満やモヤモヤをため込まないようにしましょう。自分の話に共感してもらえるだけでも、前向きになれます。

半日や1日ほど、パパやお互いの両親に子どもを預け、学生時代の友人やママ友と楽しい時間を過ごすのもよいでしょう。オンラインでつながりやすくなった今なら、子どものお昼寝中や就寝後などのわずかな時間でもおしゃべりできます。

 

こちらの記事もたくさん読まれています

イライラするとすぐに「物に当たる我が子」このままで大丈夫でしょうか?【お悩み相談】
子どもの発想力を育てる方法とは? ついやりがちな親のNG行動も解説! おすすめ本も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事