Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.11.04

【冷静】な人の特徴とは?冷静でいることによる4つのメリット

なにかあったときに、「なぜ冷静に対処できないのか」と悩む人は珍しくありません。この記事では、冷静な人になるためのコツを3つ紹介します。意味や類語、四字熟語など、冷静という言葉自体の知識から、冷静な人の長所と短所についてもまとめてチェックしましょう。

Tags:

冷静の意味・類語・例文を解説

「冷静」という言葉は、人の性格や感情の状態などを表現する際によく使用される言葉です。落ち着いた対応をとった様子などを指して、「冷静な人」「冷静な対応」などのようにポジティブな表現として使われます。

冷静

冷静という言葉の意味や類語、言葉の使い方など、正しく押さえておきましょう。対義語や冷静を使った四字熟語についても紹介します。

冷静の意味は落ち着いたさまのこと

「冷静」とは、慌てることがなく落ち着いたさまを指す言葉です。「感情に左右されることなく落ち着いていること」という意味もあり、名詞としても、「冷静だ」の形で形容動詞としても使われています。

また、人物像について表すことも。例えば、ほかの人であれば動揺してしまうような場面で、慌てずに落ち着いて諸々の対応をする人のことを「冷静な人」と表現することができます。

冷静の類語は「沈着」

「冷静」の類語は「沈着」や「平静」などが挙げられるでしょう。「沈着」は、冷静に近い意味合いで使える表現で、主に人の態度や判断などに対して使います。沈着に比べると、冷静のほうがさらに客観的に物事への対応ができているさまを表しており、冷やかさも感じるような言葉です。

一方、「平静」も冷静同様に人物像を表す言葉としても使えますが、「会社で騒ぎがあったが今は平静だ(=落ち着いている)」というように、人以外の状態を表現することのほうが一般的です。冷静の対義語は「興奮」です。興奮は気持ちが高ぶっているさまのことを表します。

冷静の使い方

「冷静」という言葉は、「あの人は冷静な人だ」などと、人間の性質や心理の状態に関する表現としてよく使われています。冷静の例文は、以下のとおりです。

・かろうじて冷静を装うことができた
・冷静な行動を心がけよう

なお、「冷静沈着」という四字熟語があります。これは冷静の類語である沈着とあわせており、似た意味を持つ言葉を重ねることで、さらに言葉の意味が強調されている表現です。「沈着冷静」という四字熟語もありますが、逆にしても特に意味は変わりません。

冷静な人の特徴

クールでなにかあっても理性的な態度を保っている冷静な人には、以下のような特徴があります。

冷静

・目に見えて慌てることがなく、ポーカーフェイスを保っている
・急にコロコロと態度を変えることがなく、感情表現が一定である
・いつでも落ち着いた雰囲気をしており、物静かである
・物事に対して公平である

つまりは、感情の浮き沈みが少ないだけでなく、周りの状況や環境の変化に影響されることなく、落ち着いて物静かであるということです。このような特徴がある人は、冷静な人だといえるでしょう。

冷静でいることによる4つのメリット

常に冷静でいることには、以下のような4つのメリットがあります。

1.客観的に物事を見られる
2.落ち着いてトラブルに対応できる
3.気分で反応を変えないため安心してもらえる
4.周囲との比較で落ち込むことがないため、心に余裕ができる

冷静

このように、冷静でいることは、自分にも周りの人にもメリットがあるのです。それぞれのメリットについて、詳しくチェックしていきましょう。

1.客観的に物事を見られる

冷静でいることの1つ目のメリットは、客観的に物事を見られるようになることです。冷静な人には感情に振り回されることなく公正な立場で考えられるという長所があり、どうすればいいのかを、第三者の目線から判断します。

客観的な立場で物事を見ているため、相手の立場になって考えられる人も多い傾向にあります。冷静であることによって、広い視野を持って判断できるようになるのです。

つい感情的になってしまう…その原因とは?みんなが実践している対処法や対策を聞いてみた【100人アンケート】|Domani

2.落ち着いてトラブルに対応できる

冷静でいる2つ目のメリットは、落ち着いてトラブルに対応できることです。トラブルがあると、焦ってそのまま行動してしまいがちでしょう。しかし、冷静さを保てる人は、正しい情報を確認してから対応するなど、適切な対応を取ることができます

もし仕事上のトラブルが発生したら、冷静な人はまずは状況確認から行い、その上でどうすればいいかを考えます。つい焦って対処してしまうと被害を広げてしまいかねませんが、冷静であれば情報をもとに正しく判断でき、二次被害を防げることも多いでしょう。

3.気分で反応を変えないため安心してもらえる

3つ目のメリットとして、冷静な人は気分で態度や反応が変わることがないので、周りの人が安心できることが挙げられます。気分が移り変わりやすい人は、周りの人たちを振り回してしまうことも。とくに八つ当たりしたり、すぐに怒りの感情を表に出したりする人は、周りの人は顔色を伺いながら対応することになり、負担がかかることもあるのです。

しかし、冷静な人はいつも感情が安定しています。変に八つ当たりしたり、感情次第で言っていることがコロコロ変わるようなこともありません。周りの人に安心してもらえるため、人間関係の構築もスムーズになります。

つまり、自分が常に冷静でいれば、周りを安心させられるのです。

4.周囲との比較で落ち込むことがないため、心に余裕ができる

4つ目のメリットは、周囲との比較で落ち込まないため、心に余裕ができることです。冷静な人は、自分が他者より劣っているところがあったら、比べて落ち込むようなことはせず、改善点を見つけようとします。

冷静であれば、自分自身のことも客観的に見て、自分より相手に優れたところがあれば、素直に相手の良さを認めることができるでしょう。感情的にくよくよと悩むようなことがなく、心に余裕を持って日々を過ごせるのです。

【余裕がないとき】周りにどう見えてる?気づいた時の対処法|Domani

冷静でいることによる3つのデメリット

冷静でいることはメリットが多いのですが、以下の3つのようなデメリットもあります。

1.冷たい人だと思われやすい
2.周りから浮いてしまうことがある
3.理屈っぽいと思われやすい

冷静

その場の状況や受け取る人の捉え方次第では悪く思われてしまう場合があるのです。では、なぜこのように周りから見られてしまうのか、詳しく解説します。

1.冷たい人だと思われやすい

冷静でいることによる1つ目のデメリットとして、周囲の人たちから冷たい人だと思われやすいことがあげられます。冷静な人は感情の起伏があまりないため、相手によってはそれが冷たい人なのだと受け取られてしまうようです。

また、飄々とした様子を見て「怖い人」だと判断されてしまう場合もあります。

2.周りから浮いてしまうことがある

冷静でいることによる2つ目のデメリットは、周りから浮いてしまう場合があることでしょう。そもそも、冷静な人はどのようなときも感情的にはならないため、周りのテンションが高くても、その姿勢は変わりません。

周囲が複数人で盛り上がるシーンでも、冷静な人はあまり態度が変わらないため、ほかの人からは「ノリが悪い人だな」と受け取られてしまう場合もあります。

3.理屈っぽいと思われやすい

冷静でいることによる3つ目のデメリットは、理屈っぽいと思われてしまうことです。的確な意見を述べることができるため、ビジネスでは重宝されますが、対人関係においては「理屈っぽくて嫌だ」と思われてしまうこともあります。

また冷静であるがゆえに、相手が言ったことに問題点がある場合ははっきりと指摘することが多く、反論する隙を与えません。そのため、相手は嫌な気分になってしまうこともあるのです。

理屈っぽい人の特徴まとめ|付き合い方や直したい時のポイントも紹介|Domani

冷静な人になるための3つの方法

ここからは、冷静な人になるための方法を3つ紹介します。

1.視野を広く持つ
2.理性的に考えられるよう工夫する
3.知識を増やし、自信を付ける

冷静

冷静な人はデメリットもあるものの、仕事をする上では頼りにされることも多く、クールでかっこいい印象があるので憧れる人もいるでしょう。冷静な人に近づくには、どのようにアプローチしたらよいのでしょうか。

1.視野を広く持つ

冷静な人になるための1つ目の方法は、視野を広く持つようにすることです。いつでも冷静でいられる人は、自分の思い込みだけで行動してしまうことはありません。

何かあったら、まずは周りの状況をチェックし、客観的な見方をするようにしましょう。物事を判断するときは、多角的な視点に立って考える癖を付けることをおすすめします。

また、視野を広く持つためには、スケジュールにゆとりを持って余裕がある状態でいられるようにすることも重要です。

〝教養を身につける〟とは?【意味は理解していても、説明するのが難しい言葉】|Domani

2.理性的に考えられるよう工夫する

冷静な人になるための2つ目の方法は、理性的に考えられるように意識することです。特に感情に任せてしまいがちな人は、なにかあったときこそ理性的に考えられるように心がけるとよいでしょう。

また感情的にならないようにするためには、いつも落ち着いていられるような環境づくりも欠かせません。ストレスを発散する時間を意識的に作り、心の平穏を保つことも大切です。

ワーママはどうやってストレス発散している?【ワーママ息抜きマニュアル まとめ】|Domani

3.知識を増やし、自信をつける

冷静な人になるための3つ目の方法は、知識を増やして自分に自信をつけることです。知識が足りない状態では、考える材料が乏しく、客観的な判断をすることが難しいでしょう。客観的に、そして理性的に物事を考えるためには、知識を増やすことは欠かせません。

知識を増やす方法としては、読書がおすすめです。世の中ではどんな本が読まれているのかを観察し、ビジネス本のベストセラーなどに注目するとよいでしょう。

また、物事の考え方やストレスへの対処法についても、読書によって身に付けることをおすすめします。2冊紹介しますので、参考にしてください。

『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』
草薙 龍瞬(KADOKAWA)
ブッダの合理的な考え方を学ぶことで、周りの評価に左右されない心を持つ手助けになります。

冷静な人 本 読書

『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』
鈴木 祐(鉄人社)
ハーバードやスタンフォードといった一流の研究機関が実証したとされるストレス解消法が紹介されているため、自分に合った方法を見つけられるかもしれません。

冷静な人 本 読書

3つの方法を試して冷静な人になろう!

冷静な人は感情的になることがなく、落ち着いているため、周囲の人に安心感を与えます。また、トラブルがあった場合でも慌てずに情報を集めて、適切な判断をできることも特徴でしょう。

冷静

冷静な人になることで、自分自身の心にも余裕ができます。人生を豊かなものにするためにも、視野を広く持ち、理性的な行動を心がけてみてください。読書をすることで心の持ちようが変わることもあります。ご紹介した方法をひとつずつ試して、冷静な人になれるように努力しましょう。

こちらの記事もおすすめ!

なぜか「失敗しても動揺しない人」のスゴイ考え方
【穏やかな人】の特徴とは? 穏やかになるためには、まず○○を大切に!

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事