Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.13

「嫌い避け」する男性の特徴とは?気づいたときの対処法・勘違いしやすい好き避けとの違いも

相手に避けられると、「嫌われている?」「私を意識している?」といろいろ考えてしまうものです。しかし、もしかしたらそれは勘違いや思い込みかもしれません。「嫌い避け」と「好き避け」の見分け方を知って、避けられている理由を探ってみましょう。

Tags:

「嫌い避け」と「好き避け」の違いは?

少女マンガにはよく「好きな子に意地悪をしてしまう」「意識しすぎて避けてしまう」といった不器用な男の子が登場します。

「自分を避けているあの人もそうなのかも?」とときめいてしまいそうですが、本当に嫌いで避けられている可能性もあるので注意が必要です。ここでは、「嫌い避け」と「好き避け」の違いを解説します。

嫌い避け 好き避け 特徴 女性 男性 男女

(C)Shutterstock.com

相手に対する好意の有無

「嫌い避け」と「好き避け」の違いは、相手に対する好意の有無です。好意といっても、恋愛対象とは限りません。毎日接する同僚や知人としても好意が持てるかどうかという意味も含みます。

本当に嫌いな相手に対しては、好意どころかフラットな気持ちで接するのも難しいことがあります。そっけない態度をとったり、応対がぶっきらぼうになってしまったりするのも珍しくありません。しかし、職場であれば社会人として許されない場面もあるでしょう。そこで、嫌な態度をとってしまうくらいなら、と相手を避けるようになります。

つまり、「嫌い避け」とは、相手のことが嫌いだったり苦手だったりするために、無意識に避けてしまう行動のことです。「好き避け」は逆に相手に対する好意を意識しすぎて、自然に振る舞えないために避けてしまうことをいいます。

好き避けをしてしまう女性の心理とは?やめたいと思ったら心に留めておきたい3つのこと|Domani

嫌い避けする男性の特徴

「嫌い避け」している男性の対応には特徴があります。社会人としてはあってはならないことですが、「どう思われても構わない」「関わりたくない」という思いから出ている行動をチェックしておきましょう。

嫌い避け 好き避け 特徴 女性 男性 男女

目を合わせようとしない

「人と話すときは相手の目を見なさい」と、言われた経験がある人も多いでしょう。社会人として普段から意識している人もいるはずです。目を合わせるのは「相手に興味がある」「話を聞こうとしている」という意思表示です。こちらから歩み寄る姿勢を表す大切なポイントともいえます。

しかし、「嫌い避け」をしている人は、そうしたマナーよりも「関わりたくない」「視界に入れたくない」という気持ちが先に立つのです。こちらが話しているのに、目が合わない、合わせようともしないなら、苦手意識を抱かれている可能性も。

また、偶然目が合ったときの反応で分かることもあります。相手が顔をしかめたり、不自然に目をそらしたりしたときは、「嫌い避け」されている場合が考えられます。

無表情or嫌な顔をする

相手のことを好きというほどでなくても、悪い印象を持っていなければ、話をしたり顔を合わせたりすれば自然に表情がゆるむものです。しかし、「嫌い避け」をしている男性は、たとえ顔をつき合わせて2人で話をしていても、笑顔を見せるようなことはほぼありません。基本的に無表情か不機嫌な顔で、淡々と用件だけを伝えたり、怒ったような口調で話したりします。これはあなたを好ましく思っていないことのアピールともいえ、関わらないでほしいと言外に伝えていると考えられます。

そんなときに「怒ってるの?」「私が何かした?」などと尋ねたり、茶化したりするのは逆効果です。「嫌い」という気持ちを逆なでして、ますます関係を悪化させることにもなりかねません。

近づかないように距離を置く

職場では頻繁におしゃべりに花を咲かせるというわけにはいきませんが、多少の会話や軽口は、人間関係の円滑化に有効なものです。しかし、「嫌い避け」をしている男性とは、そうした会話は基本的に成り立ちません。そもそも、用事のあるとき以外は自分から近づいてくることがないので、話しかけようもないでしょう。

近くに座ったり、自分が話の輪に入ろうとしたりすると、その場を離れてしまうことが多いのも特徴です。一度や二度ならたまたまかもしれませんが、いつもそうなら「嫌い避け」されている可能性があります。近くにいると他の人の手前、どうしても話をしたり、関わったりしなければならないので、そうした状況を避けようとしているのです。

「嫌い避け」と「好き避け」の見分け方

相手が自分を本当に嫌っているのか、それとも実は意識しているのか、どうしたら分かるのでしょうか?ここでは、分かりにくい「嫌い避け」と「好き避け」を見分けるためのポイントを解説します。

嫌い避け 好き避け 特徴 女性 男性 男女 見分け方 判断 態度 line

(C)Shutterstock.com

目の動きを見る

「目は口ほどにものを言う」とことわざにもあるように、目は人間の感情をはっきり表すとされています。「嫌い避け」されているかどうかを判断するためには、相手の目の動きに注目してみましょう。

人間は興味や好意を持っている相手に対しては、相づちを打ったり、自然に前のめりになったりと縦の動きが多くなる傾向があります。しかし「嫌い避け」の場合、内心「嫌だ」と思っているために、無意識に視線が外れて横に流れてしまうのです。

意識しすぎて目を合わせていられない「好き避け」なら、顔が赤くなったり、そわそわしたりなど、挙動不審になることもあります。顔色も変わらず、視線が流れていること以外はまったく普通に接しているという場合は「嫌い避け」の可能性が高いでしょう。

他の女性への態度と比較する

そっけない態度をとられることは、気持ちがよいものではありません。「嫌われているのかな」と不安に感じてしまいます。そんなときは、相手が他の女性とはどのように接しているかをチェックしてみましょう。

もし、自分にはそっけないのに、他の女性と接するときは普通にしているように見えるなら、気になりすぎて「好き避け」されてる可能性があります。ただし、明らかに他の女性への恋愛感情が感じられるようなら、自分に対する態度は「嫌い避け」かもしれません。堂々と他の女性にアプローチできる性格なら、そもそも好き避けという行動はしないでしょう。

頼み事をしたときの態度を見る

「仕事を手伝ってほしい」「休みを代わってもらいたい」など、頼み事をしたときの相手の反応も、「嫌い避け」されているかどうかの判断材料になります。好意を持っているか、少なくとも嫌いではない相手からの頼み事なら、可能であれば気持ちよく応じてくれるでしょう。断る場合でも、申し訳なさそうな顔をしたり、「ごめん」と一言添えたりしてくれるはずです。

しかし、これが苦手な相手からとなると、二つ返事でということはまずありません。返答をしぶるか、応じてくれるにしても嫌そうな顔をされるでしょう。一方、断るときは即答で「無理」「ダメ」とはっきり言われがちです相手からどう思われても構わないという気持ちが、態度に表れてしまうのです。

LINEの返信や内容で判断する

LINEでのやり取りで避けられている可能性を探ることができます。1対1でもグループでも、相手が自分のメッセージに対してどんな反応をしているか、思い出してみましょう。

「嫌い避け」している男性は、LINEも既読スルーか無視が基本です。よほど重要なことなら返事をしてきますが、それも最低限で済ませます。時には既読すらつかないこともあり、もちろん会ったときにLINEを話題にするようなこともしません。

LINEは気軽に使えるアプリなので、その気になれば短時間で何往復もメッセージをやり取りできます。それなのに返事をしない、既読にもならないのは、反応しないことで「嫌い避け」していると察してほしいと思っている確率が高いです。ひどい場合は、ブロックされている可能性も考えられます。

男性が「ごめん避け」する理由とサインとは? 避けられたときの対処法も|Domani

嫌い避けに気付いたときの対処法

「どうも自分は嫌われているらしい」と気付いたときは、ショックが大きいでしょう。これから相手とどう接していけばよいのか、分からなくなってしまうのではないでしょうか。ここでは、「嫌い避け」に気付いたときの対処法を提案します。

嫌い避け 好き避け 特徴 女性 男性 男女 対処法 対策

笑顔でいることを心掛ける

相手が嫌な顔をしていたり、あからさまに不機嫌な様子だったりすると、対応に困ってしまいます。「嫌われている」と思うと、自分も表情がこわばってしまうかもしれません。

しかし、相手が自分に対して不愛想だからといって、自分も不機嫌になるのでは逆効果です。自分のマイナスの気持ちは周囲の人に伝わるため、余計に関係が悪化することにもなりかねません。

逆に、こちらが明るく余裕のある態度でいることで、相手からの印象が変わる可能性もあります。「嫌い避け」されている相手にも笑顔を忘れず、周囲の人と変わらない接し方をするよう心掛けましょう。

相手と距離を置く

職場は仕事をするところです。まず、友達を作る場所ではない、全員と仲良くしなくてもよいと割り切るのです。良好な人間関係を築くことはもちろん大切ですが、嫌われている相手に好かれようと努力するのは本末転倒になります。

「嫌い避け」されていることが分かっているなら、相手とできるだけ会わない、視界に入らないようにするのも対処法の一つです。飲み会などで一緒になっても、なるべく離れた席や別のテーブルに座ることをおすすめします。お互いに嫌な気分にならなることを避けられるでしょう。

ただし、仕事に支障がない程度であることが前提です。目をそらす、返事をしないなど、こちらもあからさまに相手を避けるのはおすすめできません。出退社時の挨拶や、連絡事項の伝達など、社会人として最低限のマナーは果たしましょう。

 

こちらの記事もたくさん読まれています

「よそよそしい」の正しい意味は?類義語や対義語、例文などを紹介
女性100人にアンケート!あなたは疎外感を感じることがある?公認心理師に聞いた「疎外感を感じる原因・理由・克服方」を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事