Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 雑学

2023.12.01

「結婚を前提に」と言われたら…!? 付き合うときに確認したいポイント

 

「結婚を前提に付き合ってほしい」という男性の心理はさまざまですが、真剣に相手のことを考えている証拠だと受け取れます。この記事では、結婚を前提に付き合ってほしいという男性の特徴を紹介します。付き合う際のポイントも併せてチェックしましょう。

Tags:

「結婚を前提に」した付き合い方とは

結婚を前提にした付き合い方とは、結婚を視野に入れて交際するということです。たとえ結婚願望を持っていても、「本当に相手とうまくやっていけるのだろうか」といった不安を抱える人は少なくありません。

結婚を前提に

そのため結婚しても問題なく過ごしていけるかを判断するために交際するのが、結婚を前提にした付き合い方といえるでしょう。ただし結婚を前提に付き合ってほしいといわれても、プロポーズをされたわけではありません。

交際期間は結婚相手として相性が良いか見極める期間であるため、もし合わなければ別れることもあり得ます。付き合ってみて、パートナーとしてふさわしいとお互い感じれば、そのときに改めて婚約するのが一般的です。

結婚を前提に付き合いたいという男性の3つの心理

結婚を前提に付き合いたいという男性は、「結婚したいと思っている」、「子どもがほしい」、「真剣であることを伝えたい」という3つの心理があるといえます。

結婚は女性だけではなく、男性も意識しているものです。好きな女性と出会えた場合は、より結婚への意識は高まるでしょう。ここでは、「結婚を前提に付き合いたい」という男性の心理を紹介します。

結婚を前提に

結婚したいと思っている

結婚を前提に付き合いたい男性は、結婚願望が強い傾向にあります。例えば「いつか結婚できればいい」といった曖昧な気持ちではなく、「あと2年ぐらいで結婚したい」といった具体的なプランを持つ人もいるでしょう。

そのため付き合うならば、結婚を意識した付き合い方をしたいと考えています。付き合っていく中でトラブルもなく、順調に交際できれば結婚したいと思っているため、「結婚を前提に」という言葉が出てくるのです。

子どもがほしい

子どもがほしいと考えている男性は、結婚を前提にした付き合いをしたいと思っています。好きな女性との間に子どもを作り、温かな家庭を築きたいと考えているからです。

特に「これからもずっと一緒にいたい」と思えるような相手であれば、子どもがほしい気持ちはより膨らむでしょう。そのため彼女との交際が順調でタイミングが合えば、結婚をしたいと考えているのです。

1 2


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!