おしゃれな子供部屋の作り方!4つのポイントと真似したいインテリア実例 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.10.09

おしゃれな子供部屋の作り方!4つのポイントと真似したいインテリア実例

子供部屋を作ってあげるとき、できるだけ使いやすくそしてきれいに、できるならちょっとおしゃれにしてあげたいですよね。でもどうやったらそんな部屋作りができるのでしょうか?今回はおしゃれな子供部屋を作りたいと思っているママのために、おしゃれ部屋を作るための4つのポイントと、おしゃれな子供部屋のインテリア実例をピックアップ!おしゃれな部屋をキープするための収納術についても触れていきます。

Tags:

【目次】
子供部屋を作るときのポイント
おしゃれな子供部屋のインテリア例
おしゃれな部屋を保つための収納術

子供部屋を作るときのポイント

デスクまわりはすっきりさせるための工夫を

モデルの黒木ナツミさんに、子供が伸びるデスクまわりの作り方を教えてもらいました!

デスクまわりはすっきりさせるための工夫を
黒木さんのお子さんは、両サイドに見せる収納スペースがあるデスクを使っているそうで、教科書や本などはそこに収納しているのだそう。他にもデスクまわりを全て見える化させているため、どこに何があるのか一目瞭然で、子供も整理上手になったのだとか。

「白いデスクは物が散らかっていると目につくのでこまめに出し入れするようになり、気づいたらもので溢れかえっているようなこともなくなりました。部屋全体が常にスッキリとした状態に!」(黒木さん)

デスクまわりはすっきりさせるための工夫を

デスクまわりはすっきりさせるための工夫を
また、デスクに引き出しがない分、キャスター付きワゴンを使ってペンやメモ帳などの筆記用具をまとめているのだそうです。

デスクまわりはすっきりさせるための工夫を

高くても長く使えるものをチョイス

これからどんどん成長していく子供。

体を支える椅子やベッドは、高価でも品質に納得できるものをセレクトするのがおすすめです。

高くても長く使えるものをチョイス
「これから成長していく娘と長い付き合いになる椅子は〝MAGIS(マジス)〟の『トロイ ワイヤーフレーム』で『値段は少し張ってでもよいものを』と思い決めました。たしか約5万円ちょっとくらいと、子供の椅子としては高価かもしれないですが、作業中の姿勢を支える大事な役割をしてくれる椅子。妥協せずに選びました。座面や背もたれが、座ったときに体にフィットしやすいようなカーヴィーなデザインになっていて座り心地がよく、脚は座面と異素材になったスチールロッド製でおしゃれ! 一脚で部屋全体が華やぎます。この椅子に座りながら娘はよく友達にお手紙などを書いているようで、『自然と座りたくなる』快適なものを選んでよかったと思っています」(黒木さん)

整理する習慣が身に付く部屋作りを

黒木さんの家では、教科書や参考書、プリント関連は引き出しの一番下にまとめて収納しているのだそう。そしてここに入り切らないものは潔く捨てるのを基本とし、週末は子供と「これはいる?いらない?」と声がけしながら一緒に整理を行うことも習慣にしているのだとか。

「親子で整理していくうちに子供自身もそれが身についていくので、徐々にママがいなくてもひとりで整理ができるようになるはずです。我が家がそうでした! 早いうちから『整える力』を身につけさせる、よいきっかけになると思います」(黒木さん)

部屋の色味をそろえてスッキリ見せる

部屋の色味をそろえてスッキリ見せる
(C)Shutterstock.com

子供部屋に置く収納家具などは、色味をそろえてあげることでスッキリと見せることが可能です。

ホワイトやベージュ、グレー、ウッドなどのベーシックカラーでそろえると、部屋全体に統一感が生まれスッキリとした印象に。

例え素材が違っても、こうして色味を統一するだけでごちゃごちゃした印象は軽減します。

もしカラーを取り入れる場合は、小さなボックスなどアクセントとして取り入れたり、おもちゃを見せる収納にしたりすることで、色味のあるポップな子供部屋に仕上がるはず!

おしゃれな子供部屋のインテリア例

おしゃれなモノトーンインテリア

4人の子どもを育てるインスタグラマーERINAさん(@xxri__288xx)の子供部屋のインテリアはこちら!

おしゃれなモノトーンインテリア
ERINAさんは、全体をモノトーンでまとめているのだそう。家具はシンプルなデザインが多くコスパもいい〝イケア〟で探してくることが多いよう。

大容量の引き出しがついた収納ベンチは、ものをたくさん入れることができてお気に入りだそうです。

「玩具をたくさん収納できる大容量の引き出しと、子どもたちが座ったり寝転んだりできるデザインがお気に入り」(ERINAさん)

おしゃれなモノトーンインテリア
また、「壁用シェルフ」の活用でアクセントも加えているのだとか。

おしゃれなモノトーンインテリア
おままごとで使うアイテムは、100均で手に入る「ウォールステッカー」を貼ってさらにかわいく仕上げているそう!

モノトーンにするだけでこんなにおしゃれに、そしてごちゃごちゃ見えがちな子供部屋にまとまりが出るようです。

ピンクの雑貨をミックスしたガーリーインテリア

黒木さんは白い家具とピンクの雑貨をミックスさせることで、ガーリーな子供部屋を作っているそう!

ピンクの雑貨をミックスしたガーリーインテリア
置いてあるだけでかわいいビーズクッションや、ほんわか癒されるカラーリングのベッドガード。

ピンクの雑貨をミックスしたガーリーインテリア
家具や照明もかわいいものにこだわっているそう。

「家具や照明は、イケアのものがほとんど。写真のお花のライトもイケアで購入したものです。もともと子供部屋のベッドをイケアへ買いにいったときに、さまざまな種類のこういったライトが並んでいて、そのかわいらしさに感激!その中でも、点けるとピンク色になるお花モチーフのライトに娘も私もひとめ惚れ♡ 」(黒木さん)

ピンクの雑貨をミックスしたガーリーインテリア

ピンクの雑貨をミックスしたガーリーインテリア
引き手などには違う取っ手をつけているよう。

「細かい部分にこだわってリメイクしてみると見た目や雰囲気もより一層、好みのものに近づけることができます」(黒木さん)

ピンクの雑貨をミックスしたガーリーインテリア
また、輸入雑貨を取り入れることでそれっぽいムードを加速させているのだとか!

「デスクの隅にはお花や、友人がプレゼントしてくれた油絵などを飾っています。絵は娘がとても好きな色合いで、部屋の雰囲気にもぴったりなありがたいプレゼントでした!油絵の手前にあるお花やブック型のケースはどちらも海外からの輸入品で、これらを置くことで海外の子供部屋らしさがグッと増す気がします。ブック型ケースの中には子供がハマっているシールがどっさり。蓋を開けたときに見えるケースの内側も細部までちゃんとおしゃれな仕様になっていて、大人の私まで見入ってしまいます」(黒木さん)

黒木さんは、できるだけ自分のエゴが入りすぎないように気をつけながら、素敵な家具や雑貨を一緒に選びにいくようです。

おしゃれな部屋を保つための収納術

学校の製作物は残すものと残さないものを会議する

学校の製作物は残すものと残さないものを会議する
子供が学校で作った作品など、できるだけ残しておきたいと思うのが親心でしょう。しかし、残しておくにはスペースが限られているので、どの道すべての作品を残しておくことはできません。

そこでおすすめなのが、子供と「いる・いらない」を会議して、取っておくと決めたものだけをしまっておくこと。

学校の製作物は残すものと残さないものを会議する
なるべく溜めない、というのをスタンスに箱に入れてしまっておくと、ものがどんどんあふれかえって、気づいたら部屋が大変なことに…!ということも防げるかもしれません。

ベッド下やクローゼット下の収納スペースを活用する

服やものが多く、散らかってしまわぬよう定期的に断捨離していくことがきれいな部屋を保つ秘訣ですが、できるだけデッドスペースを活用して収納場所を増やすことも大切です。

ベッド下やクローゼット下の収納スペースを活用する
例えばパジャマや水着類など、こういった取っ手付きの衣装ケースに入れ、クローゼットの下の空いたスペースにイン。

ベッド下やクローゼット下の収納スペースを活用する
お人形やおままごとなどで使うおもちゃは、かわいい空き箱に入れてベッド下の引き出しにイン。これならすぐに出したりしまったりすることができる上、外からも見えないので散らかりにくいはず。

ベッド下やクローゼット下の収納スペースを活用する
すべてのアイテムに戻す場所を決めておくことで、子供自ら片付けしやすくするという環境にしてあげることも大切なのではないでしょうか。

衣類はハンガー収納で管理する

衣類はハンガー収納で管理する
(C)Shutterstock.com

小学生くらいになると、自分で着ていく服を選ぶ機会も増えますよね。洋服はチェストだけでなく、管理しやすいハンガー収納がおすすめです。

翌日着る服をかけておいたり、頻繁に使用する上着をかけたりするスペースがあるだけでも、衣類があちこち散らばることを防げます。

ハンガー収納なら、帽子や体操着袋などの小物類もかけることができるので、必要なときに「ない!」というようなことも少なくなるはず。洗った洗濯物を畳む機会も減るので、ママにとっての負担も少なくなりますよ。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事