Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.03

【心頭滅却すれば火もまた涼し】ってどういう意味?

「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは「心の持ち方によって、いかなる苦痛も感じなくなること」を意味します。日常ではあまり使わない言葉なので、聞き慣れない方も多いかもしれません。そこで、本記事では「心頭滅却すれば火もまた涼し」の意味や由来、類義語などを解説します。

Tags:

「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは?

「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは無我の境地へ辿り着ければ、火を熱く感じなくなることを意味する言葉です。炎天下などの暑い場所で過ごさなければならないときに使いがちですが、本来の意味を知るとあらゆるシーンで使える言葉だとわかります。

心頭滅却すれば火もまた涼し

まずは「心頭滅却」の意味と「心頭滅却すれば火もまた涼し」の語源と由来、例文を解説しますので、チェックしてみましょう。

「心頭滅却」の意味

「心頭滅却」とは「心を無にすること」を意味します。「心頭滅却すれば火もまた涼し」の略語にあたり、単純にその意味で使われることもあります。

「心頭滅却」をさらに分解すると「心頭」と「滅却」になります。「心頭」は「心」を表し、「滅却」は「滅んでなくなること」を意味します。

しかし、組み合わせて「心頭滅却」と一文にした場合、単純に「心を滅ぼしてなくす」という意味とはなりません。「悩みや煩悩を討ち払って気持ちを落ち着け、心を落ち着かせること」の意味で使用します。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の語源や由来

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の語源は、杜荀鶴の漢詩『夏日題悟空上人院』に書かれている「安禅必ずしも山水を須いず、心中を滅し得れば自ら涼し」です。

安らかに座禅を組むためには、必ずしも山水の地へ出かける必要はない」、「心中の雑念を打ち払えば、火の中であっても涼しく感じる」という意味があります。

この文章が与える印象から夏や火中など暑い状況を連想させますが、本来はどんな場所でも「無我の境地に達すると、どんな環境でも関係ないこと」を表現する言葉です。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」における例文

「心頭滅却すれば火もまた涼し」における例文は次のとおりです。

・【心頭滅却すれば火もまた涼し】とは言っても、やはり猛暑日にはエアコンをつけたいものだ
・【心頭滅却すれば火もまた涼し】の通り、試合に没頭していると痛みを感じない
・【心頭滅却すれば火もまた涼し】と困難に立ち向かう

最初の例文は「心頭滅却すれば火もまた涼し」から暑さを連想した一般的な使い方といえます。しかし、本来の意味から考えると、暑さに限らず自分の精神を整え、困難に立ち向かっていく様子を表現する言葉ということを覚えておきましょう。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」における4つの類義語

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の類義語として次の4つが挙げられます。

心頭滅却すれば火もまた涼し

・明鏡止水(めいきょうしすい)
・堅忍不抜(けんにんふばつ)
・無念無想(むねんむそう)
・則天去私(そくてんきょし)

いずれの類義語も「一切の雑念を払い、ものごとに集中できる力」を表現している言葉です。ここでは、類義語ごとの意味や由来、例文を紹介します。

【類義語1】明鏡止水(めいきょうしすい)

「明鏡止水」は「静かに落ち着きがあり、邪念を持たない心の状態」を表現する言葉です。「心に一点の曇りがなく、やましい気持ちが無い状態」や「そのような人がいることによって、心の平安を求めるものへ安らぎを与えられる」といった意味があります。

「明鏡止水」の由来は『莊子』に書かれている「明鏡」と「止水」の二つが組み合わさったものです。「明鏡」は「鏡が丁寧に磨かれていれば埃はつかない、埃がつくのは鏡が曇っている」の一文となります。

「止水」は「人は流れる水を鏡として使わず、止まった水を鏡として使う。不動心を得た人のみが心の平安を求める人にそれを与える」という文章が元です。

一連につなげて読むと、言葉の流れとして完成していることがわかります。「明鏡止水」の例文は次のとおりです。

・【明鏡止水】の気持ちで正月を迎えた
・恋人とのわだかまりが溶け、【明鏡止水】の日々を取り戻した

【類義語2】堅忍不抜(けんにんふばつ)

「堅忍不抜」は「どれだけ辛いことがあっても、心を動かさずに耐え忍ぶ様子」を表現する言葉です。「堅忍不抜」の由来は、中国の書家「蘇軾」(そしょく)が書いた『晁錯論(ちょうそろん)』の中で「古の大事を立つる者は唯だに超世の才有るのみならず、亦た必ず堅忍不抜の志あり」と綴られています。

昔の偉人は才能に恵まれていただけではなく、我慢を重ねて耐え忍び、何事にも動じない心があった」という意味を表現する言葉といえます。「堅忍不抜」の例文は次のとおりです。

・【堅忍不抜】の心で取り組まなければ、目標は達成できない
【堅忍不抜】を座右の銘として、志望校合格に向けて努力する

【類義語3】無念無想(むねんむそう)

「無念無想」は「無我の境地に入り、無心になること」や「しっかりした考えがないこと」を表現する言葉です。「無念無想」の由来は仏教用語の「無念」であり「迷いの心から離れ、何も思わないこと」や「心の落ち着き」を表しています。

また、仏教以外で用いられる場合は「悔しさ」を表現するときに「無念」と使います。「残念無念」や「無念を晴らす」などの使い方が一般的であり、「無念無想」を使う場合は、無念の意味と混同しないように注意してください。「無念無想」の例文は次のとおりです。

・トップを取るためにいろいろと考えすぎていましたが、初心に戻り、【無念無想】で勉強に取り組みます
・不安になる気持ちもあるが、重要局面でこそ【無念無想】を意識した方がよい

【類義語4】則天去私(そくてんきょし)

「則天去私」は「小さな自分に捉われず、天地自然にゆだねて生きること」を表現する言葉です。「則天去私」の由来は、夏目漱石が晩年に理想としていた心境と言われています。

「則天」は自然の原理や法則、普遍的な妥当性に従うことです。また「去私」は己の心を捨て去ることを意味しています。「則天去私」の例文は次のとおりです。

・彼が晩年に辿り着いた境地は【則天去私】だった
・【則天去私】の境地に達するには、あらゆる人生経験を積み、人間として成長しなければならない

まとめ

心頭滅却すれば火もまた涼し

「心頭滅却すれば火もまた涼し」は使い方が重要です。心の在り方によっては苦労を感じないことを意味する言葉ですが、他人に強要する言葉ではありません。

使い方によっては、誤解を与えてしまうおそれもあります。「心頭滅却すれば火もまた涼し」は他人へ向けるのではなく、自分自身が行動や態度で示すとよい言葉です。他人に伝える際は十分に注意しましょう。

こちらの記事もおすすめ

【心頭滅却】とは「集中する」「暑さを我慢する」の2通りに使える言葉!由来や類語をチェック
「遮二無二」の意味とは? 語源や使い方、類語、英語表現を解説

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事