Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.13

「鬼の霍乱」「鬼の攪乱」どっちが正解?意味・例文・類語・英語表現まで解説

「鬼の霍乱」は、「普段は元気な人が病気にかかる」ことを表す言葉。「鬼の撹乱」「鬼の錯乱」という表現を見かけますが、どれが正解なのでしょうか?今回は、意味や例文を交えた使い方、類語表現などを紹介します。

Tags:

「鬼の霍乱」の意味や読み⽅とは?

「鬼の霍乱」は、日常の会話で登場することが少ない言葉かもしれません。しかし、耳にした時には、意味を理解できているようにしたいもの。まずは「鬼の霍乱」について、意味や読み方、語源など、基本的なことから確認していきましょう。

意味

「鬼の霍乱」は、「おにのかくらん」と読みます。意味は、普段は丈夫な人が珍しく病気にかかることです。なぜこのような状態を「鬼の霍乱」と表現するのか、次で「鬼の霍乱」の語源や由来をチェックすると理解できるでしょう。

語源・由来

鬼の霍乱意味使い方例文類語対義語ことわざ鬼の撹乱鬼の錯乱

普段聞きなれない「霍乱」は、日射病や暑気あたりのこと。これは、「揮霍撩乱(きかくりょうらん)」に由来し、もがいて手を振り回すという意味の言葉です。

ここで使われている「鬼」には「怖い人」という意味はなく、「普段病気をしない丈夫な人のことを指します。つまり、「鬼の霍乱」で、「普段は病気をしない丈夫な人が珍しく病気にかかる」という意味に。

「鬼の霍乱」の「霍乱」という漢字を、「攪乱」と間違えて、「鬼の攪乱」と覚えてしまっている人もいます。「攪乱」は、かき乱すことを意味する言葉。また、「鬼の錯乱(さくらん)」と勘違いしている人もいるかもしれません。「錯乱」は、意識が混乱することです。

「霍乱」が病気であることをしっかり理解して、紛らわしい漢字に惑わされないようにしましょう。

「鬼の霍乱」使う際の注意点は?

「鬼の霍乱」という言葉は、「鬼」という言葉が入っているだけに、目上の人には使うと失礼にあたることも。

アニメ『サザエさん』では、いつも元気な花沢さんが病気になった時に、カツオがフネに「鬼の霍乱だね」と言うシーンがありました。本人に「鬼の霍乱」と言うと、もしかしたら気分を害する場合があるかもしれませんので、「鬼の霍乱」という言葉を使う場合は注意しましょう。

「鬼の霍乱」使い⽅を例⽂でチェック

実際に「鬼の霍乱」をどのように使えばよいのか、例文を見ながら確認していきましょう。

鬼の霍乱意味使い方例文類語対義語ことわざ鬼の撹乱鬼の錯乱

1:病気で欠勤したことがない彼が寝込むなんて、まさに「鬼の霍乱」だ

体が丈夫で寝込んだことがないような人が、体調不良で欠勤するときには、「鬼の霍乱」という表現がぴったりです。「鬼」と言われる人には、「怖い人」というイメージがあるので、上司など目上の人には使わないほうがベター。悪口を言ったわけではないのに、相手にそう捉えられてしまいかねません。

2:「鬼の霍乱」というけれど、今流行っている風邪は、普段元気な私でもきつかった

これは、「鬼の霍乱」を自覚している場合の表現で、自分に対して使うことができる例です。

「鬼の霍乱」類語や言い換え表現は?

「鬼の霍乱」とよく似た言葉、よく似た言い回しの言葉をピックアップ。それぞれチェックしていきましょう。

1:青菜に塩

普段はシャキッとしている青菜も、塩をふると、しなっとなりますよね。「青菜に塩」は、いつもの元気がなく、くたっとしている様子を表す言葉です。

2:医者の不養生

意味は異なりますが、「○○なのに、病気になる」という意味では、「医者の不養生」は、「鬼の霍乱」と同じ言い回しの言葉です。「医者の不養生」は、「人に養生をすすめる医者なのに、自分が病気になる」という意味で使われます。

「鬼の霍乱」の対義語は?

「鬼の霍乱」という言葉には、明確な類語や対義語が存在しないというのが実情。ここでは、「鬼の霍乱」の対義語として近いものを紹介します。

鬼の霍乱意味使い方例文類語対義語ことわざ鬼の撹乱鬼の錯乱

1:鬼に金棒

ただでさえ強い鬼が、金棒まで持っているということで、さらに強みが加わったことを表しています。「鬼の霍乱」とは異なり、「鬼に金棒」は褒め言葉のような意味を持っているので、上司や目上の人に使っても問題ないでしょう。

2:病上手に死に下手

「病上手に死に下手」も、「鬼の霍乱」の明確な対義語ではありませんが、言い回しに近いものがあります。「鬼の霍乱」は、普段丈夫な人についての言葉ですが、「病上手に死に下手」は、普段病弱な人についての言葉です。「病上手に死に下手」は、よく病気になる人は健康に気を遣うので、結果として長生きするという意味です。

「鬼」を使った慣用句・ことわざ

「鬼の霍乱」以外にも、「鬼」という漢字を使った慣用句・ことわざはいくつも存在します。例えば、目上の人がいない間に寛ぐことを「鬼の居ぬ間に洗濯」といいますよね。

また、予測できないほど先のことを言うと、鬼もせせら笑うという意味で、「来年のことを言うと鬼が笑う」と表します。

「鬼が出るか蛇が出るか」は、どんな恐ろしいことになるかわからない時に使う表現です。

「鬼の霍乱」の英語表現とは?

「鬼の霍乱」と同じ意味を持つ英語表現はあるのでしょうか。

1:The strongest are not proof against illness.(最強であることは、病気にかからないという証明にはならない)

「鬼の霍乱」は、普段は丈夫な人が珍しく病気になることを表しているので、「The strongest are not proof against illness」が同じ意味の英語表現といえます。「proof」は、「証明」という意味の名詞、「illness」は、「病気」です。最強であることは、病気にかからないという証明にはならない、つまり、最強でも病気にかかるという意味になります。

2:The devil in a sickbed(病床にいる悪魔)

sickbed」は「病床」という意味の英単語。「The devil in a sickbed」は、病気で寝込んでいる悪魔という訳になります。

最後に

「鬼の霍乱」は、普段は元気な人が病気にかかるという意味。悪い意味の言葉ではありませんが、「鬼」という言葉が入っているので、目上の人や上司、義理の親などに使うのは避けた方がよさそうです。

あわせて読みたい

シーンによっては失礼にも!?「相変わらず」の意味や使い方とは?
今さら聞けない!【疑心暗鬼】の意味は? 例文・類語・対義語についても解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事