Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2022.07.11

ベビー服には「水通し」が必要!水通しのやり方やいつまで行うべきかも解説



赤ちゃん用の洋服を買った後に「水通し」という作業をするのをご存じでしょうか?新品のベビー服には、赤ちゃんの刺激になる成分が付いている可能性があります。洋服の着心地をよくする水通しの方法や、水通しを行うメリットについて解説します。

Tags:

ベビー服を水通しするのはなぜ?メリットを解説

買ったばかりのベビー服は、一度「水通し」を行うとよいといわれています。水通しを行う理由や、育児に役立つメリットを見ていきましょう。

水通し赤ちゃんとはベビー服メリットやり方方法タイミング必要

赤ちゃんにとって刺激となる成分を除去するため

買ったばかりのベビー服には、赤ちゃんにとって刺激となる成分が含まれていることが少なくありません。中でも代表的なのが、繊維が縮んだりシワになったりするのを防ぐために使われている「ホルムアルデヒド」です。

皮膚に触れると炎症を起こしたり、吸い込むことで咳やくしゃみが出たりする場合があるため、ベビー服・子ども用の洋服には、ホルムアルデヒドの厳しい規制が設けられています。しかし、全く付着していないわけではありません。

ホルムアルデヒドは水に溶ける性質があります。赤ちゃんの繊細な肌を傷つけないためにも、着用前に水通しを行うことでしっかりとお手入れしておくことが大切です。

参考:衣料品による皮膚トラブル – 日本化学工業協会

着心地のよさや吸水性をアップさせる

買ったばかりのベビー服の中には、のりが付いていてパリッとした手触りになっているものがあります。生地が固いままでは肌当たりがよくないため、赤ちゃんの肌を傷つけてしまうことも。

水通しを行うことで、新品のごわついた生地をふわふわとした柔らかな肌触りにすることにつながります。赤ちゃんにとっても着心地がよくなり、快適に過ごせるようになるでしょう。

また、水通しをしてのりを落とすと、洋服の吸水性もアップします。生まれたばかりの赤ちゃんは汗をかきやすいため、汗や水分をしっかり吸い取る吸水性のよさは大きなメリットです。

生地の色落ちや型崩れを防止

濃い色の洋服を洗ったときに、ほかの衣類に色が移ってしまったという経験がある人は少なくないでしょう。前もって水通しを行っておけば余分な染料が落ちるため、次に洗濯をする際に色移りを防ぐことが可能です。

また、素材にもよりますが、水洗いをすることで衣類が収縮してしまうことはよくあります。特に、一度目の洗濯は、編み目が水分をたっぷり吸収するため、大きく縮むケースがほとんど。

しかし、多くの生地は何度か水洗いをしているうちに縮みにくくなっていきます。収縮が少なくなれれば、着心地への影響を抑えることも可能です。

水通しに必要なもの・やり方を知ろう

実際に水通しを行うには、必要な道具や乾かす場所の確保など事前の準備が大切です。洗濯機を使う場合も含めて、水通しのやり方を解説します。

水通し赤ちゃんとはベビー服メリットやり方方法タイミング手洗い洗濯機

水通しの際に必要なアイテム

家で水通しをする際は、以下のアイテムを用意しておくとよいでしょう。

●ベビー用洗剤(必須ではない)
●ベビーハンガー
●洗面器(手洗いの場合)
●洗濯槽クリーナー(洗濯機の場合)
●洗濯ネット(洗濯機の場合)

一度に大量のベビー服をまとめて水通しする場合、ぬれた服を乾かすスペースも必要になります。大人用のハンガーを使うと服が伸びてしまうため、ベビー用のハンガーをいくつか購入しておくのもおすすめです。

水通しにベビー用の洗剤を利用する人もいますが、洗剤を使わず水やぬるま湯だけで水通しを行うこともできます。のりやホルムアルデヒドなどの成分は水溶性なので、ただ水に浸しておくだけでもケアすることができるのです。

水通しには「手洗い」と「洗濯機」を利用する二つの方法があります。洗濯機を使う場合は、ベビー服を入れる洗濯ネットも用意しておきましょう。

手洗いで水通しする方法

洗濯機を使わずに、手洗いで水通しを行う手順を解説します。

1.洗面器などの容器や、洗面台をきれいに洗っておく
2.容器に水またはぬるま湯をため、洋服を入れて優しくもみ洗いする
3.水を替えて丁寧にすすぎ、よく絞って水気を取る
4.形を整え、風通しのよい場所に干す

手洗いで水通しをする際は、洗面台に直接水を張ったり、洗面器を使ったりするのが基本的な方法です。ベビー用洗剤を使う場合は、水を張るときに少量の洗剤を入れます。ベビー服に汚れが付いてしまう可能性があるため、水通しを行う場所はあらかじめ清潔な状態にしておきましょう。

また、もみ洗いをした後はしっかりとすすぎを行うのも重要な工程です。洗剤を利用するのであれば、すすぎ残しがないよう注意する必要があります。

洗濯機で水通しする方法

洗濯機を利用するときは、以下の手順で水通しを行います。

1.洗濯槽クリーナーなどを使って、洗濯槽の汚れを取っておく
2.ベビー服を1枚ずつ洗濯ネットに入れる
3.「手洗い」「ソフト洗い」など水流の弱いコースを選択して洗う
4.脱水が終わったらすぐに干す

手洗いのときと同様、水洗いをする前に洗濯機自体の汚れを除去する必要があります。洗濯機には目に見えない汚れがたまっている可能性があるので、洗濯槽クリーナーなどで汚れを落としておくと効果的です。

隅々まで水通しをするために、ひもが付いたデザインのベビー服があれば、忘れずにひもをほどいておきましょう。1枚ずつ洗濯ネットに分けて入れることで、洗濯機を使っても洋服にダメージを与えにくくなります。

水通しを行うタイミング

ベビー服の水通しは、赤ちゃんが生まれる前から作業を始めるのがおすすめです。水通しをする時期や、いつまで行うかの目安について解説します。

水通し赤ちゃんとはベビー服メリットやり方方法タイミング

出産前に準備しておこう

赤ちゃんはよく汗をかくため、洗い替え用としてたくさんのベビー服をそろえなくてはいけません。大量のベビー服を水通しするのは意外と時間のかかる作業なので、出産前から少しずつ準備を行うようにするとよいでしょう。

出産が近付いてくる時期は、長時間作業をすると体に負担がかかるので注意が必要です。妊娠37〜41週までの出産は「正期産」と呼ばれることから、遅くとも34週ころを目安に水通しを行いましょう。

出産前には、洋服以外にもさまざまなベビー用品を購入する必要があります。体調にも気を配りながら、計画的に水通しを済ませるのが理想的です。

水通しはいつまで行うべき?

日本ではベビー用の洋服に関して、ホルムアルデヒドの厳しい基準が設けられています。一般的にベビー服とされるのは、「生後24カ月以内まで」の赤ちゃんが着る洋服です。

2歳までの赤ちゃんが着るベビー服と、3歳以上の子どもが着る洋服とでは、ホルムアルデヒドの基準値が異なります。このことから、水通しを行う目安は赤ちゃんが2歳になるまでと考えてよいでしょう。

ただし、肌の敏感さは人によって大きな差があります。大人で水通しを行っている人もいるため、あくまでも明確なタイミングは決められていないことを押さえておきましょう。

参考:2才用と3才用の服のホルムアルデヒドの規制 東京都福祉保健局

水通しをするときの注意点

デリケートな赤ちゃんの肌を保護するため、衣類は清潔に保つことが重要です。水通しをする前に、押さえておきたいポイントをチェックしましょう。

水通し赤ちゃんとはベビー服メリットやり方方法タイミング

事前に生地の特徴をチェック

ベビー服の素材としては綿やリネンなどがポピュラーですが、素材によって特徴や洗い方が異なることを把握しておくのも大切です。ベビー服には洗濯表示が付いているため、事前にタグをよく確認しておくとよいでしょう。

タグには、洗濯の際に使ってよいお湯の温度や、洗濯機で洗えるかどうかなどの情報が書かれています。水通しにぬるま湯を使う場合、素材によっては温度に気を付けなくてはなりません。

例えば、麻やリネンには、一定以上の温度のお湯で洗濯をすると縮みやすいという特徴があります。前もって素材の特性を知っておくことで、水通しや洗濯の正しいやり方が理解できるようになるのです。

大人用の洗剤や柔軟剤は避けたい

大人用の洗剤には、界面活性剤が含まれていることがほとんどです。繊維の中に浸透しやすく、油汚れを落としやすくする界面活性剤は洗剤によく使われていますが、赤ちゃんの肌に強い刺激を与える可能性も。

赤ちゃんの肌は大人と比べて非常に薄く繊細なので、少しの刺激でも赤くなったり荒れたりすることが珍しくありません。そのため、大人用の洗剤を使って洗うのは避けた方がベターです。

ベビー服の水通しはもちろん、洗濯をする際には、念のため大人の衣類とは別々に洗うのがおすすめです。強い香り付きの洗剤や、柔軟剤などもなるべく使わないようにしましょう。

参考:花王 | 製品Q&A | 【成分・働き】界面活性剤とは?

刺激の少ないベビー用洗剤を利用しよう

ベビー服に付いたのりやホルムアルデヒドなどの成分は、水だけでも落とすことが可能です。それでも洗剤を使って洗いたい場合は、赤ちゃんの衣類にも使えるベビー用洗剤を選びましょう。

ベビー用洗剤は、大人用の洗剤に含まれる界面活性剤や、蛍光増白剤などの成分を使っていないのが特徴です。赤ちゃんが洋服を口に入れても問題ないよう、自然由来の成分のみを使った製品も展開されています。

無添加にこだわったベビー用洗剤は、赤ちゃんの肌に刺激を与えにくいのがメリット。ただし、水通しに洗剤を使う際は、あくまでも少量のみ使うことを心掛けましょう。

終わったらしっかり乾かそう

洗った後のベビー服をぬれたまま放置しておくと、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。赤ちゃんの衣類を清潔に保つためにも、水通しの後は速やかに乾かすことが重要です。

晴れた日であれば外で乾かすこともできますが、このときホコリが付着することがあります。季節によっては花粉が飛んでいることもあるため、日当たりのよい室内で干すのもおすすめです。

ベビー服を乾かすときは、ある程度間隔を空けて干すことで風通しがよくなります。ベビー用のハンガーなどに掛けてシワを伸ばし、しっかり日光が当たるようにして乾かしましょう。

水通しした洋服の保管方法

ベビー服を水通しした後は、汚れが付かないように保管しておきましょう。簡単に実践でき、かつ安全性の高い保管方法を紹介します。

水通し赤ちゃんとはベビー服メリットやり方方法タイミング保管

専用のスペースに収納するのがおすすめ

ベビー服を大人用の衣類と同じ場所に保管していると、洗剤や柔軟剤などの成分が付着することが考えられます。そのため、洗うときはもちろん、保管するときも大人用の衣類と別々にする必要があるのです。

また、室内であってもホコリや花粉などが服に付いてしまう可能性があります。汚れが付くのを防止する方法としては、畳んだベビー服をファスナー付きの袋に入れて密閉しておくのがおすすめです。

専用のスペースを用意しておけば、ベビー服を洗濯した後の収納がしやすくなります。保管方法にも気を配って、赤ちゃんの繊細な肌を守りましょう。

あわせて読みたい

赤ちゃん用ガーゼは何に使う?活用法から選び方、おすすめアイテム8選
赤ちゃんが安心して使える柔軟剤8選|どんなことに注意して選ぶ?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事