Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 雑学

2024.07.07

ロマンチストとは?意味・語源とあわせて類義語や対義語も解説

 

日常で使う言葉の中には、ニュアンスに注意が必要なものが多々ありますが、「ロマンチスト」もその一つといえます。相手に誤解なく伝わるよう、意味や語源を学んでおきましょう。また、類義語・対義語、ロマンチストな人の特徴なども詳しく解説します。

ロマンチストとは?意味と語源

ワイングラスが2つ並んでいる

(c)Adobe Stock

相手に自分の気持ちや考えていることを間違いなく伝えるには、発する言葉の意味を正しく理解しておくことが大切です。

今回ご紹介する「ロマンチスト」のように、ポジティブにもネガティブにも取れる言葉を使用するときには要注意。さっそく意味と語源を詳しく解説しますので、しっかりと確認しておきましょう。

「夢見がちな人」「ロマン主義を好む人」

ロマンチストという言葉には二つの意味があります。一つ目は「ロマン主義に心を寄せる人」で、つまり「ロマン主義者」のことを表します。二つ目は「甘い空想を好む人」。ロマンチストとは、夢のような世界観を生きる空想家です。

ロマンチスト
《romanticistから》
1 ロマン主義を信奉する人。ロマン主義者。ロマンチシスト。
2 現実を離れた、甘美な空想などを好む人。夢想家。空想家。ロマンチシスト。
『小学館 デジタル大辞泉』より引用

時として「現実離れした世界に浸りがちな人」を表すように、ネガティブな言葉として使われる場合もあります。

たとえ発言者がポジティブな意味で使っても、受け手によってはネガティブに捉えられてしまう可能性があるので注意が必要です。

ロマンチストの語源は「ロマン主義」

ロマンチストの語源は、「ロマン主義」という言葉だといわれています。ロマン主義とは、18世紀末から19世紀前半にかけてヨーロッパで広がった芸術運動を指します。

従来の古典主義・合理主義に抗って、各々の感情と個性、自由を尊重することを第一に、自然との調和や神秘性に富んだ体験などを音楽・美術・文学といった芸術に落とし込んだのです。日本においては、明治中期に展開された文学運動をロマン主義と表現します。

ロマン主義を主張する人や愛好する人を「ロマンチシスト」と呼びます。

ロマンチストの類義語と対義語

大きな風船を追いかける女性のイラスト

(c)Adobe Stock

詳しく知らなかった言葉の意味をインプットするときは、その言葉の類義語と対義語をセットで覚えるのがおすすめです。より深く理解していただくために、ロマンチストの類義語と対義語をいくつかご紹介します。

類義語は「夢想家」「夢追い人」

ロマンチストの類義語として挙げられるのが「夢想家」です。夢想家とは、浮世離れした空想を思い描き、その世界観に浸っている人を指します。

夢想家は、ロマンチストという言葉が日本に入ってくる前から使われていた言葉です。

「夢追い人」もロマンチストの類義語の一つとして挙げられます。夢追い人とは、いつまでも諦めずに夢を追いかけ続けている人を表します。現代では、キャリアや生活を犠牲にしてでも、なりたい職業または目指すポジションを追い求めて奮闘する人を指す場合が多いです。

対義語は「リアリスト」「実利主義者」

ロマンチストの対義語として挙げられるのが「リアリスト」です。リアリストとは、現実を真正面から見据えて考え、行動する人を指します。ロマンチストが自分が思い描く夢を見つめているのに対し、リアリストは自分が置かれている現実を直視します。

なお、リアリストという言葉は、芸術の分野では「写実主義に立つ人」、哲学の分野では「実在論者」を表すため、使う場面に注意が必要です。

もう一つの対義語は「実利主義者」です。実利主義者とは、現実で得られる利益、すなわち「実利」を重視して行動する人のこと。「功利主義者」と言い換えることも可能です。

ロマンチストな人の特徴とは?

黄昏の海辺で見つめあう男女

(c)Adobe Stock

「ロマンチストな人」は空想を好むという意味合い以外にも、さまざまな特徴を備えており、単なる「夢見がちな人」ではありません。この項目では、ロマンチストという言葉が指す具体的な人物像について解説します。

自分の世界を大切にする

ロマンチストな人は、自分の世界観をしっかり持っている傾向にあります。「キュンとする場面のない恋愛など恋愛とは思えない」「夢を追い求めてこそ仕事にやりがいを感じられる」など、「こうでなくては自分の世界が輝かない」という信念があるのです。

強固な世界観を持つロマンチストな人は、自分が築き上げた世界観を崩されることを嫌いがち。自分の世界観を大切にするあまり、周囲の意見を無視してしまったり、意見の相違で相手と衝突してしまうおそれがあります。

感受性が豊か

外界からの刺激に敏感で、わずかな情報から多くの事柄を感じ取れる傾向にあるのも、ロマンチストな人の特徴です。

例えば退職のあいさつをする先輩の姿に共感して、あるいは友だちの子どもの成長記録に感動して涙を流したりと、相手から得た1の情報から10や20の感情を読み取れるのがロマンチストな人の長所です。

その感受性の豊かさは、一般的な人の目には「繊細すぎる」と映るかもしれません。また、「しょっちゅう心を動かされていて疲れないのだろうか」と心配されることもあるでしょう。

ドラマや映画の影響を受けやすい

ドラマや映画などで描かれる非現実の世界に憧れを抱きがちなのも、ロマンチストな人の特徴です。

「隣の部屋に推しのアイドルが引っ越してくる」「本屋で同じ本を取ろうとして手と手が触れ合う」など、現実的には考えにくいシチュエーションを心のどこかで期待しているところがあります。

また、夢見るロマンチストな人はキュンとする場面に遭遇したいがために、ドラマや映画のセリフを現実世界で使ってデート相手をしらけさせてしまったり、パートナーに恋愛映画のシーン再現をお願いして困らせてしまう場合も。

感受性が豊かな分、憧れも人一倍強いのでしょう。ゆえに、このような行動に走ってしまうのだと考えられます。

メイン・アイキャッチ画像:(c) Adobe Stock

あわせて読みたい



Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!