出産してもお腹は勝手にへこまない?ぽっこりお腹の原因は◯◯にあった!【産後ダイエット】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY女は体重よりボディラインです!!!

2019.07.25

出産してもお腹は勝手にへこまない?ぽっこりお腹の原因は◯◯にあった!【産後ダイエット】

「デニムのボタンが閉まらない…」なんて”ぽっこりお腹”を嘆く産後ママ、いませんか? 多くのママが悩む”ぽっこりお腹”ってどうしたらへこむ?いつまで続くの? そんな疑問に、カイロプラクター 姿勢教育指導士の碓田紗由里さんが答えてくれました。

Tags:

【目次】
産後お腹が戻らない!へこまない原因は?
ぽっこりお腹はいつまで続く?
経膣分娩と帝王切開の違いは?
お腹のたるみを改善するには?
ぽっこりお腹を解消するエクササイズをご紹介

産後のお悩み代表といえば”ぽっこりお腹”。「体重は戻ったものの、お腹だけがへこまない…」と悩む産後ママの多いこと多いこと(もちろん筆者も)。そう、出産しただけではお腹は勝手にへこまないのです。多くのママの頭を悩ませる”ぽっこりお腹”の原因、解消法についてカイロプラクターでご自身も2児の母である碓田紗由里さんに、産後ダイエットに効果的な方法を伺いました。

出産してもお腹が元に戻らないのはなぜ!?

「『出産前はこんなにお腹出てなかったのに…』と悩むママ、とても多いですよね。ぽっこりお腹は、腹筋の弱さと姿勢の崩れから起こります。腹筋(腹直筋)は赤ちゃんの成長にともない、お腹が大きくなることによって引き伸ばされてしまうので、どうしても弱ってしまいます。人によっては『腹直筋離開』という、腹筋が部分的に裂けた状態、簡単にいえばお腹の肉離れのようなことが起こります。程度の差はありますが、実は、妊婦さんのほとんどがこの状態になっているといわれているんです。

基本的に痛みはないため、ほとんどの人は気づかず、軽いものは自然と治っていきますが、腹筋の弱さは姿勢に大きく影響します。腹筋が弱っていると腰が反りがちになり、妊娠時のようなお腹をつき出したような姿勢に。すると、ぽっこりお腹に見えてしまいます。産後は骨盤のケアも重要ですが、それと同じくらい姿勢改善と腹筋のケアが必要なんです」(碓田さん)

ぽっこりお腹はいつまで続く?

「妊娠中に引き伸ばされ、弱った腹筋はすぐには戻りません。『産後、半年経っても1年経ってもぽっこりお腹がへこまない…』と悩むママは多いようですが、きちんとケアすれば改善できます。ぽっこりお腹を解消するには、まず妊娠中に衰えた腹筋を鍛えること。それから姿勢の改善、特に反り腰を改善することが大切です。ただし、腹筋エクササイズは腹直筋離開を考慮しなくてはならないので、一度専門家に相談してからエクササイズをはじめましょう。産後の体はデリケートなので、無理は禁物。自分の体と相談しながら進めていくことが大切です」(碓田さん)

ぽっこりお腹、経膣分娩と帝王切開による差

「経膣分娩は出産時に骨盤が最大限に開きます。その刺激によって骨盤が元に戻りやすいのに対し、帝王切開は、体が出産を終えたことに気づきにくく、骨盤の戻りも悪いため、妊娠を継続させるホルモンが出続けます。そのため、脂肪を溜め込みやすく、痩せにくい状態が続きます。

見た目でいうと、経膣分娩と帝王切開の差は、下腹部よりもウエストラインに出ます。よく産後は骨盤が開いているといわれていますが、そもそもそれがどういう状態なのかというと、正常な骨盤よりも骨盤の下側が広がり、全体的に四角っぽい形になっている状態骨盤が開いているとウエストのくびれがなく寸胴で、お尻は四角く垂れ下がり、ガニ股になります。出産したほとんどの女性に骨盤の歪みが生じているという研究結果もあるので、どういった出産であってもすべての産後ママに骨盤のケアは必須です。骨盤は体の土台。産後は忙しさから自分のケアを怠りがちですが、きちんとケアし、体をリセットしましょう」(碓田さん)

お腹のたるみを改善するにはどうすれば…?

「妊娠によるお腹の膨らみは、風船のようなイメージ。一度パンパンに膨らんだ風船は、しぼむとハリがなくなります。妊娠によってある程度皮膚が伸びてしまうのは仕方がありませんが、お腹のたるみは皮膚の肌サイクルが正常に働けばある程度元に戻っていきます。この肌サイクルをコントロールしているのが、自律神経自律神経は背骨の中を通っていて、実は、たるみと姿勢はまったく無関係にみえて関連性があるんです。姿勢を整えることで体の負担が減り、肌の代謝もよくなります。実際、当院にいらしていた患者さんの中に、背骨の調整と姿勢の改善によって、二重あごが目立たなくなった、という方がいました。つまり、姿勢の改善によってたるみは軽減できるんです。ただし、背骨を自分で正すのは難しいので、やはりそこはプロの力を借りるべき。姿勢改善も自己流ではなかなか良くならないので、こちらも専門家のアドバイスを受けた方が早く改善できます。背骨の良い状態をキープするには姿勢習慣が欠かせないので、授乳姿勢や座り姿勢など、毎日の姿勢に気をつけ、腹筋を鍛えるなどのエクササイズはご自身も意識してやっていきましょう!」(碓田さん)

ぽっこりお腹よ、さらば!お腹を引き締める簡単エクササイズ

ぽっこりお腹をへこませるには、やはり腹筋を鍛えるのが手っ取り早く効果的。ジムに通ったりきついトレーニングをしたり…というのはなかなかハードルが高いですが、自宅でテレビを観ながらはもちろん、デスクワーク中にもできてしまうエクササイズなら、ワーママにもできそう! ということで、とっても簡単&ラクなお腹に効くエクササイズ、今日からスタートしましょう!

⑴椅子に座り、お腹に手を当てる。


▲手を当てるのは意識するためなので、手を当てなくでもOK。

⑵鼻からゆっくり息を吸い、息を「ふ〜っ」と吐きながらお腹をへこませていき、これ以上吐けないところまで吐ききって、お腹をへこませる。そこからさらにひと息「ふっ!!」と吐き、お腹をへこませる。


▲最後息を吐ききるときは、お腹と背中がくっつくのではないかというくらい薄く、硬くするイメージで。これを5〜10回行うだけで十分腹筋は鍛えられます。妊娠中や産後すぐでもOK。

出産は体をリセットする絶好のチャンス。体の変化を嘆くのではなく、自分の体と向き合い、しっかりケアをし、さらなる健康&キレイを目指しましょう!

あわせて読みたい
▶︎【産後ダイエット】いつから始めるべき? 成功率の高いおすすめダイエット方法やストレッチはこれ!
▶︎産後、痩せないのはなぜ?痩せる人、痩せない人の違いは?【産後ダイエット】

『産後骨盤 リセットダイエット』碓田紗由里著(かんき出版)

食事制限も激しい運動もいらない!「姿勢習慣を見直す」「出産後、ゆがんだ骨盤を元に戻す」「妊娠中に衰えた筋肉を元に戻す」の3つを軸に、妊娠初期からでも安全にできる、効果抜群の産後ダイエット方を提案。忙しい子育てママでも簡単に実践でき、「妊娠前よりキレイで健康的な体になれる!」と産後ママたちから大きな反響を得ている。

カイロプラクター 姿勢教育指導士

碓田紗由里(うすださゆり)

虎ノ門カイロプラクティック院副院長。これまで女性を中心に、のべ1万人の施術をしてきた経緯と自身の妊娠・出産の体験から、出産前後の女性がかかえる体型の変化や体調不良を改善するためのオリジナルプログラムを開発、提案。自身もこのプログラムにより元の体型に戻すだけでなく、妊娠前の体重よりマイナス7キロをキープをしている。虎ノ門カイロプラクティック院

撮影/黒石あみ トップ画像/(C)Shutterstock.com 取材・文/村井 絢

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事