管理栄養士直伝!夏の食卓にプラスしたい【グリーンレモン胡椒】レシピ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE時短でおいしい「おうちごはん」

2019.08.16

管理栄養士直伝!夏の食卓にプラスしたい【グリーンレモン胡椒】レシピ

レモンの中でもグリーンレモンを使ったアレンジ自在なレシピをご紹介します。

Tags:

グリーンレモンって?

グリーンレモンは、まだ実が青い時期に収穫したレモンのこと国産イエローレモンの旬は冬ですが、国産のグリーンレモンが市場に出回るのは7月くらいからほんのわずかな夏の期間で、酸味と香りがより強く、とても爽やかな味です。果汁だけではなく、皮も使ってグリーンレモンならではの調味料や料理を作れば、初夏にピッタリのすがすがしい味わいが楽しめます!

管理栄養士に聞いた!グリーンレモンをつかったとっておき調味料「グリーンレモン胡椒」の作り方

【材料/2人分】
グリーンレモン胡椒〉
●グリーンレモン:2個
●青唐辛子:70g
●塩:20g

【作り方】
(1) グリーンレモン胡椒を作る。グリーンレモンの皮をすりおろす。青唐辛子はヘタと種をとり細かいみじん切りにする。
(刺激が強いのでビニール手袋をすると良い)。
(2) (1)と塩を混ぜる。
(3) 消毒された瓶に入れて冷蔵庫で保存する。1週間ほど寝かして使っても美味しい。

〈タコときゅうり、オリーブのグリーンレモン胡椒和あえ〉
●ゆでだこ:100g
●きゅうり:50g
●ブラックオリーブ(種なし):2個
●塩:少々
●グリーンレモン胡椒:小さじ2
●グリーンレモン果汁:小さじ1
●オリーブオイル:大さじ1

【作り方】
(1) タコときゅうりは薄切りにする。きゅうりは塩をふって5分程置き水気を絞る。オリーブは輪切りにする。
(2) 1にグリーンレモン胡椒を加えグリーンレモンの果汁、オリーブオイルを加えあえる。

栄養Point

 青唐辛子はエネルギー代謝や脂肪の代謝の促進に効果を発揮すると言われる辛味成分「カプサイシン」を含みます!また胃腸を刺激し消化液の分泌を促すので夏バテ予防の助けにもなります。レモンには疲労回復を助けるクエン酸を含み、レモンに多く含まれるビタミンCは風邪予防効果も期待できるので、青唐辛子とグリーンレモンで代謝を良くし、疲労回復の助けとなる組み合わせになります。和え物で組み合わせたタコには内臓機能の疲労回復を助けるタウリンも豊富に含まれるので、元気を取り戻すにはもってこいの1品です。

美味しく食べるPoint

■レモンは皮をすりおろしたあと十字に切って皮を下にして絞ると絞りやすく、そしてすりおろしで残った皮もきれいに使え、絞り汁にもさらに香りが移って香り高いレモン汁になります。
■青唐辛子は刺激が強いので細かく刻むときは手袋をつけ、さわった手で目などをこすらないように気を付けてください。
お好みですり鉢でつぶして粒子を細かくしても滑らかなペーストができあがり、違った食感で楽しめます。

情報提供▶︎ポッカサッポロ

管理栄養士

渥美まゆ美

Smile meal代表。管理栄養士、フードコーディネーター、健康運動指導士。企業向け、地域向け健康寿命の延伸につながる活動や、セミナー講師を担当。TVや雑誌、イベント出演、出版やレシピ開発なども行う。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事