My Best【鍋】を見つけよう! 選ぶ時のポイントやおすすめ商品(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.01.09

My Best【鍋】を見つけよう! 選ぶ時のポイントやおすすめ商品(まとめ)

調理を効率化するなら、鍋選びが肝心です。鍋の種類はさまざまで主に両手鍋・片手鍋の二つに分けられます。鍋の素材によって特徴が異なるため、調理方法に合った素材を選ぶことが大切です。鍋の種類や特徴を知り、自分に合った鍋を選んでみましょう。

鍋の種類にはどんなものがある?

鍋の種類には、ステンレス・アルミ・ホーロー・鉄・陶器などさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。素材の特徴を把握しておくと、鍋選びで失敗することが少なくなります。

(C)Shutterstock.com

鍋の素材と特徴

ステンレスの鍋は熱伝導率が低く鍋のまわりが温まりにくい一方で、保温性が高いのが特徴です。アルミは熱伝導率が高くて軽量ですが、高温や強いアルカリ性に弱く、使いすぎてしまうと変形や変色してしまいます。

ホーローは保温性に優れており、調理による臭い移りが少ないのが特徴です。鉄は熱伝導率が高く油がなじみやすいため、揚げる・炒めるなどの高温調理にぴったりでしょう。

は熱伝導・保温性が共に優秀で、焦げにくいです。ただ、錆びやすく傷にも弱いため、こまめな手入れを必要とします。陶器は保温性が高く、煮物や煮込みうどんなどにおすすめです。

人気の調理器具メーカーとは?

おしゃれで可愛いデザインが多いため、フランスの調理器具メーカーが人気です。中でも「LE CREUSET(ル・クルーゼ)」は、結婚や新築祝いなど女性に高く支持されています。ル・クルーゼの鍋は熱伝導率・蓄熱性に優れ、煮物も煮崩れすることなく上手に仕上がるのが特徴です。

この投稿をInstagramで見る

ル・クルーゼ ジャポン(@lecreusetjapon)がシェアした投稿

取っ手が取れるフライパンで知られる「T-fal(ティファール)」も欠かせません。均一にムラなく熱が伝わり、ティファールの「T」のマークの色が変化し、調理に最適なタイミングを教えてくれます。

この投稿をInstagramで見る

ティファール公式アカウント(@tfal_japan)がシェアした投稿

料理に合った鍋を上手に選んでみよう

鍋選びにはサイズ・重さ・手入れのしやすさ・デザイン性なども考慮して選びましょう。具体的にどのようなことを確認すれば良いのか紹介していきます。

(C)Shutterstock.com

サイズや重量を確認

鍋を選ぶ際はサイズや重さにも配慮しましょう。鍋の容量に合った調理をしないと食材の生煮え・焦げ付きなど失敗しやすくなります。煮込み料理や麺を茹でるなら、深めの両手鍋が重宝します。

ホットミルク・味噌汁・スープなど少量の調理に活用する際は、小さめの片手鍋がちょうど良いサイズです。鍋の素材によっては小さくても重さのある鍋もあり、調理のしやすさで選びましょう。

野菜炒めやチャーハンなどの炒め物には重量感のある鍋のほうがコンロ上で鍋を返しやすく、全体的に効率良く火が通るでしょう。

手入れしやすい素材

鍋を長持ちさせるためには日々の手入れが大切です。機能性も重要ですが、手入れしにくいと手を抜いてしまうことで傷みやすく、短期間での買い替えの必要が出てくるため、経済的にもおすすめできません。

アルミ鍋では酸・アルカリに弱い素材のため、調理したらすぐに別の容器に入れ替えなければ傷むのを早めてしまうでしょう。

一方で、ステンレスの鍋は耐久性・錆びにくい特徴があり、手入れが簡単で衛生的です。他にも、テフロン・フッ素樹脂などのコーティングが施されていると手入れが楽でしょう。

ブランドやデザインのおしゃれさ

どのようなブランドが良いのか迷ったときは、大手メーカーである「ル・クルーゼ」や「ティファール」などの人気ブランドから好みのデザインで選んでも良いでしょう。おしゃれな鍋が一つでもあれば、キッチンに立つ時間をさらに楽しめます。

調理後にテーブルでサーブできる鍋なら、食事をするギリギリまで料理を温かいまま提供でき、盛付けも簡単です。直火での調理が可能な鍋は、アウトドアでも活躍するでしょう。

ふたがガラス製の鍋を選べば開けずに中身を確認でき、最適なタイミングで調理ができるのも特徴です。

両手鍋はどれが良い?おすすめ商品を紹介

鍋の種類から選び方を考慮したおすすめの両手鍋を紹介します。鍋に求める機能性・デザイン性などを比較してみて、気になるものがあればチェックしてみましょう。

(C)Shutterstock.com

IH対応!
宮崎製作所 「ジオ・プロダクト 深型両手鍋 GEO-21D」

宮崎製作所の「ジオ・プロダクト 深型両手鍋 GEO-21D」は、料理のスペシャリストと共に開発されたステンレス製の鍋です。ガス・オーブン・IHにも対応しています。

7層構造になっており、均一に熱が伝わるため焼きムラが少なくなります。ふたは内側にはめ込むタイプで本体と密着するため無水調理も可能です。業界初の15年保証が付いています。

商品名:宮崎製作所 ジオ・プロダクト 深型両手鍋 GEO-21D
購入はこちら

可愛いデザインが人気 ル・クルーゼ「シグニチャー ココット・ロンド 20cm」

ル・クルーゼの「シグニチャー ココット・ロンド 20cm」は、可愛いカラーとデザインが人気の鋳物ホーロー鍋です。カラーバリエーションも豊富で、インテリアとして置いてもアクセントとなるでしょう。

熱伝導・蓄熱性に定評があり、エナメルコーティングによって臭いや汚れが付くのを防いでくれるのが魅力です。衝撃にも強く、耐久性にも優れています。

商品名:ル・クルーゼ シグニチャー ココット・ロンド 20cm
購入はこちら

高い耐久性で長持ち ティファール「コンフォートマックスIH ステンレス シチューパン 20cm」

ティファールの「コンフォートマックスIH ステンレス シチューパン 20cm」は、腐食しにくいステンレス製の鍋です。鍋底には熱伝導率の良いアルミを包み込んでいます。

ふたはガラス製のため、中身が確認できて便利です。シンプルな見た目ですが、長く使っても飽きさせないデザインでしょう。10年保証が付いており、高品質であるのも納得できます。

商品名:ティファール コンフォートマックスIH ステンレス シチューパン 20cm
購入はこちら

使い勝手が良い片手鍋のおすすめとは?

片手鍋はお湯を沸かすことができ、さらには汁物や野菜を茹でるなど、さまざまな調理に活用できる鍋です。片手鍋選びに悩んだら、ここから紹介するおすすめを参考に選んでみましょう。

(C)Shutterstock.com

オーブン調理も可能 宮崎製作所「ジオ・プロダクト GEO-18N」

宮崎製作所の「ジオ・プロダクト GEO-18N」はステンレス製で、オーブン・IHにも使用できる片手鍋です。「よいものを次世代に伝える」というコンセプトの下で作られています。

使いやすさはもちろんのこと、蓄熱性が高く余熱・無水調理も可能です。煮る・焼く・揚げるなど基本的な調理法はこれ1台で全て網羅できるでしょう。補助ハンドルが付いており、両手で持ち運びもできるので女性には便利な機能でしょう。

商品名:宮崎製作所 ジオ・プロダクト GEO-18N
購入はこちら

鍛造加工で熱に強い ベストコ「パストⅡ 鍛造深型IH鍋」

ベストコの「パストⅡ 鍛造深型IH鍋」は、本体がアルミニウム合金で鍋底がステンレス網でできている鍋です。鍛造加工と呼ばれる技術によって作られており、熱に強い特徴があります。そのため、長時間火にかけても変形しにくいでしょう。

内面には食材がこびり付きにくいフッ素樹脂加工が施されており、手入れに手間がかかりません。本体全体がおしゃれな赤色となっており、料理を楽しく演出できるでしょう。

商品名:ベストコ パストⅡ 鍛造深型IH鍋
購入はこちら

扱いやすくて便利 柳宗理「ステンレス片手鍋」

柳宗理の「ステンレス片手鍋」は、世界でも有名な日本工業デザインの第一人者によってデザインされた鍋です。鍋には左右に注ぎ口があり、利き手を選ばずに汁を注ぐことも可能です。

耐久性に優れたステンレスで作られており、衝撃にも強く錆びにくいため、手入れも簡単です。ふたが注ぎ口もしっかり密閉でき、吹きこぼれを防げます。ふたをずらすと蒸気の微調整も可能で、煮物や蒸し物にも便利になるでしょう。

商品名:柳宗理 ステンレス片手鍋
購入はこちら

鍋の種類や素材を生かした調理をすれば、さらに効率良く食材本来の旨みを引き出す調理が可能です。料理を楽しむためにも、鍋の特徴を押さえておきましょう。鍋選びに悩んだら、紹介したおすすめ鍋を参考に、実際に店舗へ足を運んで選んでみてはいかがでしょうか。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事