機能性のある椅子のおすすめは?お気に入りのインテリアを見つけよう | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE大人の暮らし上手

2019.09.07

機能性のある椅子のおすすめは?お気に入りのインテリアを見つけよう

デザイン性の高い椅子があれば、部屋の雰囲気を変えられます。ただ、機能性がないと座り続けるのが苦痛になってしまう椅子では意味がありません。デザイン性・機能性を兼ね備えた椅子を選び、おしゃれなインテリアを目指しましょう。

【目次】
自分に合ったお気に入りの椅子を探し方
椅子にもさまざまなデザインがある
リビングやダイニングにおすすめの商品
勉強やPCゲームなど長時間使用におすすめ

自分に合ったお気に入りの椅子を探し方

普段何気なく座っている椅子は、座り心地からデザイン性まで多様です。椅子を新しく購入するときに、どのような椅子を選べばよいか迷ってしまう人も少なくありません。今回は、椅子の選び方についてポイントを絞って紹介します。選び方を参考にして、自分に合ったお気に入りの椅子を見つけてください。

(C)Shutterstock.com

(1)サイズや機能性から選ぶ

椅子を選ぶ際は、まずはサイズや機能性を重視して探しましょう。座面はゆったり座れるサイズで、座ったときに両ひざが直角になった状態で床に足が着く高さが良いと言われています。

テーブルがある場所で使用するなら、椅子がテーブルに収まるサイズかどうかも確かめおく必要があります。椅子の使用用途によって機能性にも目を向けて。狭いスペースや使用頻度が少ないなら、折りたためる椅子が重宝します。回転機能がある椅子は、後に引かなくても座面を回転させるだけで立ったり座ったりが簡単です。

(2)背もたれやひじ掛けの有無

長時間椅子を使用するなら、背もたれやひじ掛けがあると疲れにくいです。背もたれにも種類があり、肩より低い「ローバック」や頭周辺まで高さがある「ハイバック」の二つに分けられます。

ローバックは比較的リーズナブルで、狭いスペースに設置しても圧迫感を与えにくいのが特徴です。一方、ハイバックは腰・首などもすっぽり収まり、座り心地の良さを感じられます。リクライニング機能やヘッドレストが付いていると、少し身体を横にしたいときにもゆったりできます。

椅子にもさまざまなデザインがある

椅子のデザインはオフィスで使用できるものや自宅のダイニング用など、さまざまな用途で販売されています。使用用途に合っていない椅子を選べば、購入後に後悔するかもしれません。椅子選びで失敗しないためにも、デザイン別の種類を押さえてください。

オフィスにも使用可能「ワークチェア」

ワークチェアは、ビジネスシーンでもよく目にするオフィス用の椅子です。長時間座ることを前提にデザインされているため、パソコンや勉強をするシーンでも疲れを感じさせません。キャスター付きの椅子も多く、5本程度の脚で支えるため安定感があり、長時間でも座っていられます。中でもおすすめは「エルゴノミクスデザイン」の椅子。人間工学を生かしたデザインとなっており、長時間座っていても疲れにくい設計になっているのが特徴です。

(C)Shutterstock.com

ダイニングのおしゃれ度をアップ「ダイニングチェア」

ダイニングチェアは、ダイニングでの食事を使用目的にデザインされた椅子です。おしゃれなデザインの椅子も多く、ダイニングを華やかな空間に仕上げてくれます。


(C)Shutterstock.com

家族人数分を同じデザインでそろえても統一感を出すことができます。さらに、デザインが異なる椅子でテーブルを囲めば個性がある素敵なダイニングに変身させられます。

(C)Shutterstock.com

背もたれがあるかどうかや素材が木製・金属製かどうかでも、与える印象が大きく変わります。椅子の脚にもクッション素材やカバーが付いているものも販売されており、床を傷から守ってくれます。

ファミリーにおすすめ「ベンチタイプ」

ベンチタイプは、人数の多いファミリーにぴったりの椅子です。背もたれがないタイプが多く、横に長いデザインのベンチは座る向きを自由に変えられ、1人用の椅子と違い複数人で座れます。

ベンチの座面にクッションツールを置けば、季節に合った座り心地を実感できます。来客が多いときは席を詰めて座れるので、ベンチタイプの特徴を生かせるというメリットも。

(C)Shutterstock.com

リビングやダイニングにおすすめの商品

リビングやダイニングで使用する椅子は、部屋のインテリアを大きく左右するアイテムの一つです。

ふっくらとした座り心地! ニトリ「ダイニングチェア ソフトGY」

ニトリの「ダイニングチェア ソフトGY」は最大60mmのウレタンを使っており、ふっくらとした座り心地が感じられる椅子です。ローバックタイプで、全面ファブリック素材で覆われています。

脚部分はスチールが採用されており、どんなインテリアの部屋にも合わせやすいモダンなデザインが魅力です。カラーはイエロー・グレーの2種類から選べます。

商品名:ニトリ ダイニングチェア ソフトGY
価格:4989円(税込)

デザインが可愛い♡ アイリスオーヤマ「イームズチェア」

アイリスオーヤマの「イームズチェア」は、蓋付きの両手鍋を縦に切った断面図のような可愛いデザインが特徴の椅子です。全体的に丸みを帯びたフォルムがおしゃれ度をアップさせます。

全面にファブリック素材が使用されており、デニム・パッチワーク柄・英字などデザインのバリエーションも豊富。座面・背もたれのクッション素材が長時間の座り心地を良くしてくれます。

商品名:アイリスオーヤマ イームズチェア
価格:6310円(税込)

座っていても疲れにくい! IKEA「NORDMYRA ノールドミーラ」

IKEA(イケア)の「NORDMYRA ノールドミーラ」は、背中のラインに沿って緩やかなカーブが描かれているデザインが印象的です。背中にフィットしやすく座り心地も良好。

同じ椅子を積み重ねられるため、使用しないときはコンパクトに収納できます。脚の先にはプロテクターを取り付けられ、床を傷つけません。北欧風のインテリアが好きな人におすすめです。

商品名:IKEA NORDMYRA ノールドミーラ
価格:7210円(税込)

勉強やPCゲームなど長時間使用におすすめ

勉強・PC・ゲームなど、長時間座ることを計算されて作られた椅子もあります。座り心地も楽で、体に負担がかかりにくいタイプが多くあります。ここからは、長時間の使用におすすめの椅子を紹介します。

(C)Shutterstock.com

子どもの体格に合わせた E-Toko「子供チェアー」

子供用の椅子を探すなら、ICHIBA(イチバ)の「子供チェアー」に注目。「頭の良い子に育つ、いいところ」を提案している家具シリーズE-Toko(イートコ)の椅子です。

座面・足置きは子供の成長と共に高さを調整できます。食事や勉強の際に活躍してくれるはず。同シリーズの大人チェアーをそろえれば、子供の目線と自然に合う高さで座ることができます。

商品名:ICHIBA E-Toko 子供チェアー
価格:2万9800円(税込)

優れた機能性がある! Bauhutte「ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR」

長時間のゲームにおすすめの椅子は、日本のゲーミング家具ブランドBauhutte(バウヒュッテ)の「ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR」です。

立体クッションが首裏・腰から背中にフィットし、長時間座っても疲労を感じにくい。最大135度のリクライニングが可能で、ロッキングチェアのようにシートを揺らして休憩できます。

商品名:Bauhutte ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR
価格:2万9743円(税込)

自分の姿勢にフィット! オカムラ「サブリナ スマートオペレーション」

OKAMURA(オカムラ)の「サブリナ スマートオペレーション」は、曲線美が印象的なフォルムの椅子で、前後に座る姿勢が変わってもフィットしやすいタイプ。

背もたれを囲うリング状のフレームは、背中を包み込むソフトな座り心地が感じられます。座面には3種類のウレタンが使用されており、お尻をしっかり包み込み、太ももを圧迫しないのが魅力です。高級感があり、座った瞬間に体全体を包み込んでくれるような感覚に。

商品名:OKAMURA サブリナ スマートオペレーション
価格:15万7964円(税込)

リビング・ダイニング・子供部屋など、椅子を選ぶ際は部屋や用途に合ったものを選ぶことが大切です。デザイン性・機能性を重視した椅子を選びましょう。椅子選びに悩んだときは、選び方や紹介した商品を参考にして気になるものを購入してみてはいかがでしょうか。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事