アウトドアシーンの万能選手♡ 「クッカー」のおすすめをチェック! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEレジャー

2019.11.17

アウトドアシーンの万能選手♡ 「クッカー」のおすすめをチェック!

澄んだ空気ときれいな景色に囲まれながらするキャンプは、料理にもこだわりたいものです。いつものメニューもご馳走に変えるクッカーはキャンプに大活躍です。おすすめのクッカー選びのポイントと、キャンパーに人気な商品を紹介します。

Tags:

【目次】
アウトドアを快適にするクッカーとは?
クッカーを上手に選んでみよう
料理をさらに楽しくするクッカーを紹介

アウトドアを快適にするクッカーとは?

「クッカー」と聞いてどんなものか分かる人は少ないのではないでしょうか。クッカーは、アウトドアでも快適に料理ができるように工夫された調理器具のことです。鍋やフライパン、飯ごうなどの調理場面で使われており、さまざまなタイプがあります。

軽くて丈夫な素材で作られ、持ち手部分を折り曲げてコンパクトに収納できるため、携帯性に優れています。まずはキャンプや登山などのアウトドアのシーンで、クッカーを使いこなすコツを見ていきましょう。

(C)Shutterstock.com

クッカーを使った調理は難しくない

アウトドアの場面でも、クッカーと熱源さえあれば、焼きそばや目玉焼きを簡単に作ることができます。さらに本格的にすると、パスタを茹でることも、カレーを煮込むことも可能。

熱源にはカセットコンロや固形燃料の他、炭火も使えるので、バーベキューのついでにクッカーを使用して調理することもできるでしょう。出来立ての料理を味わえ、見た目もおしゃれなのがクッカーの特徴です。

クッカーで料理の際は事前準備も大切

クッカーを使うときは、念入りに事前準備をしておくと調理がより簡単になり、ゴミや洗い物を出さずに済みます。

出発前に野菜の皮はできるだけむいて、適当な大きさにカットし、ジッパー付きのポリ袋に入れておくのもおすすめです。

肉類もカットしてラップで包み、保冷バッグに入れます。暑い時期なら、冷凍してから持って行っても良いでしょう。調味料や油なども、1回分ずつ小分けにしておくと、計量の手間が省けます。菜箸やお玉などの調理器具も忘れないようにセットしておきましょう。

クッカーを上手に選んでみよう

続いてクッカーの上手な選び方を見ていきましょう。作りたい料理や家族の人数、行き先などに合わせて準備することがポイントです。

(C)Shutterstock.com

料理に応じたサイズ

鍋タイプのクッカーには主に「浅型」と「深型」の2種類があります。深さよりも底面積が広い浅型のタイプは、煮物から炒め物、焼き物までさまざまな料理に対応できます。

フライパンの代わりにもなるので、一つあれば重宝するでしょう。ただし、コンパクトに収納しにくいタイプもあるので、持ち運びの際は収納面にも気を付けましょう。

深型タイプは、インスタントラーメンや食後のコーヒータイムなど、お湯さえあれば作れる簡単な料理に活躍します。縦長でコンパクトなので、バックパックに収納しやすいのもポイントです。

種類によっては素材や特徴が異なる

クッカーには主に「アルミ」「チタン」「ステンレス」などの素材が使われており、それぞれ特徴が異なります。

アルミは軽く、熱伝導性に優れているため、短時間で調理を済ませたいアウトドア料理に使いやすいと評判です。酸やアルカリに弱いので、酢や塩を多く使うときは手短に調理し、すぐに洗うようにしましょう。

チタンは軽く、保温性が高いのが特徴です。お湯が冷めにくいので、インスタントラーメンやスープなどに向いています。ただし炒め物などは、焦げ付くことがあるので注意が必要です。

ステンレスはサビや焦げに強く、保温性にも優れています。時間のかかる煮込み料理に向いていますが、重いタイプもありますので、持ち運ぶ際は注意をしましょう。

自分の好きなメーカーから

アウトドアレジャーでは、自分好みのグッズをそろえるのも楽しみの一つではないでしょうか。アウトドアにおすすめ人気メーカーもあり、多種多様なものが発売されています。

例えば、キャンパーに人気な「Snow Peak(スノーピーク)」は、スタイリッシュなキャンプ用品がそろうアウトドアメーカーで、家でも使いたくなるような、おしゃれで機能的なクッカーが見つかるでしょう。

キャンプやバーベキューのシーンには、ステンレスにこだわった「UNIFLAME(ユニフレーム)」のクッカーや、登山用のクッカーやステッキ、小物などを手がけるメーカー「EVERNEW(エバニュー)」があります。

自分の好きなアウトドアメーカーから選ぶことによって、よりおしゃれで使う楽しみが増える料理をすることができるでしょう。

料理をさらに楽しくするクッカーを紹介

各メーカーから販売されているおすすめの商品をピックアップして紹介します。お気に入りのクッカーを見つけて、アウトドア料理を楽しみましょう。

(C)Shutterstock.com

幅広いシーンで活躍 エバニュー「チタンウルトラライトクッカー3RED」

エバニューの「チタンウルトラライトクッカー3RED」は、コンパクトに収納ができ、2~3人分の調理にぴったりで使い勝手の良いクッカーです。約9cmのほど良い深さと容量で、湯沸かしや煮物など幅広く活躍するでしょう。

内側の目盛りや注ぎ口、素手で触っても熱くないシリコンチューブ付きの取っ手など、アウトドアでも快適で安全に使えるクッカーです。

商品名:エバニュー チタンウルトラライトクッカー3RED
価格:4447円(税込)

一人用として大満足 スノーピーク「ソロセット 焚」

「スノーピーク」の「ソロセット 焚(たく)」は、その名の通り、一人分の炊飯や湯沸かしにおすすめなクッカーです。

縦長のポットは、アウトドア用のガスカートリッジが2個入る深さになっており、カップとスタッキングすることで、荷物がコンパクトにまとまります。ソロキャンプはもちろん、ファミリーキャンプのサブクッカーとしても便利でしょう。

商品名:スノーピーク ソロセット 焚
価格:7678円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事