どうしたら旦那が家事をやってくれる?ワーママの救世主、野々村友紀子さんのアドバイスは… | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE夫婦関係

2019.11.03

どうしたら旦那が家事をやってくれる?ワーママの救世主、野々村友紀子さんのアドバイスは…

元芸人でもあり、現在は放送作家やゲストコメンテーターとしても大活躍中の野々村友紀子さん。“女の質問箱”で、WEB Domani読者からの相談にズバッと答えてくれています。新刊『夫が知らない家事リスト』の発売&重版決定で超話題の野々村さんに、ワーママからの気になるあれこれをアドバイスいただきました!

Tags:

重版決定! ワーママに超話題の書籍『夫が知らない家事リスト』

現在、放送作家としてだけではなく、テレビでゲストコメンテーターとしても大活躍中の野々村友紀子さん。ご自身で仕事をバリバリされていながらも、プライベートでは二人の娘さんを育てる“ワーママ”でもあります。そんな野々村さんが、以前からブログなどSNSやテレビを通じて発信していた“夫に突きつけた家事リスト”。ワーママだからこそ共感できるこのリストが、さらに進化して、書籍『夫が知らない家事リスト』として発売。発売するや否や、ワーママたちから共感の嵐で、重版が決定し、話題になっているんです。

Web Domaniでは、野々村さんに、ご主人でもあるお笑いコンビ・2丁拳銃の川谷修士さんとの夫婦関係や子育てなど、ワーママのお悩みを野々村流でアドバイスしていただきました! 第2回目は『家事をやってくれない旦那』についてのお悩みです。

旦那に嫌な思いをさせずに、家事を手伝ってもらえるような言い方が大事!

世の中のワーママたちは“夫が家事をやってくれない”と思い、旦那本人は“家事を手伝っていると思っている”、そんな葛藤で悩んでいる人がたくさんいます。旦那が家事をやってくれるようになるために、どうしたら良いでしょうか。

野々村さん: ママたちも、「手伝って」「なんでやってくれないの?」と言い続けるのは疲れてしまいますよね。結局、自分でやる方が良いと思って、自分の負担がどんどん多くなってしまい、負のループになってしまう。

女性側が「家事をもっと手伝ってほしい」と言うとき、言い方にも気をつけないといけないと思うんです。旦那にも“旦那としてのプライド”があると思うので、それを崩さないようすることが大事。「やってくれへんかな? 手伝ってもらえたら、助かる」とか、お願いするような感じで言ってみる。威圧的に怒りながら言ってしまうと、向こうは文句にしか聞こえないし、家事が嫌いになっちゃうと思うんです。子どもの勉強と一緒で、“家事を嫌いにさせない”ように、そして、やってもらったら必ず、「めっちゃ助かったわ!」と褒める! 助かっていなくても、褒める(笑)! その積み重ねで、まずは手伝ってもらう回数を増やして、「もしこれもやってもらえたら、もっと助かる」とか、お願いの延長線上でだんだんと家事の種類も増やしていくようにしてみる。

正直、「こんなんやったら、自分でやったほうがマシやわ」とかイライラしちゃうこともあるんですよ(笑)。でも文句を言うのではなく、例えば一緒にやって見せてみる、見て気づいて、覚えてもらう。とても地道な作業なんですけど、そうやって旦那を育てていく感じですかね。まずは、やってもらったことに感謝して、評価してあげることです。

うちの旦那は、洗い物はやってくれるようになりました。でも、最初は、シンクの周りとか床までビショビショにしてたんですよ。本当にイライラしてたんですけど、気持ちを抑えて、最後に私が拭くという作業まで見せるようにしたら、最近はやっと拭いてくれるようになりました。でも、その拭いたふきんをそのまま畳むんです。なので、今は、濡れてしまったふきんを広げて、干す、それを育て中です(笑)。1、2年後には出来るようになっているかもしれません(笑)。

ただ「手伝って」と要求するのではなく、相手に嫌な気持ちをさせずにやってもらう、これが野々村さんの“家事を手伝ってもらう方法”。次回【第3回】は、”夫婦時間の作り方”を伺います!

取材・文/小山恵子 写真/深山徳幸

野々村友紀子&2丁拳銃 小堀裕之
新刊記念 合同スペシャルトークショー開催!

【日時】 11月23日(土)19時〜21時 
【チケット代(税込)】 大人1,100円/小学生300円/小学生未満無料
【定員】70名
【場所】 代官山 蔦屋書店 1号館2階イベントスペース
【問い合わせ先】代官山蔦屋書店 03-3770-2525

あわせて読みたい
▶︎人気放送作家・野々村友紀子の目から血が出るくらい納得する相談室 特集

『夫が知らない家事リスト』(双葉社刊)/¥1300(税抜)
お笑いコンビ、2丁拳銃の川谷 修士を夫に持ち、最近ではメディアで“最強妻”と取り上げられることが多い、放送作家の野々村友紀子による新刊。夫に突きつけた“家事リスト”から、家事のあるあるエピソードなどをズバッと、そしてゆるっと笑えるイラストと共に紹介。フットボールアワーの後藤輝基との対談も収録。

放送作家

野々村友紀子

1974年生まれ。吉本総合芸能学院(NSC)卒業後、芸人として活動しその後現職。バラエティ番組の企画構成などを手掛ける。夫はお笑いコンビ、2丁拳銃の川谷修士さん。テレビ出演も増加中で、夫の相方への的確なダメ出しが話題に。著書に『あの頃の自分にガツンと言いたい』『強く生きていくために あなたに伝えたいこと』(産業編集センター)『パパになった旦那よ、ママの本音を聞け!』(赤ちゃんとママ社)。11月13日には、最新刊『夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。』(産業編集センター刊)が発売予定。購入はこちら
▶︎オフィシャルブログ「野々村友紀子の目から血出るくらい読んでブログ」

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事