Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.11.27

言われたら危険?〝もういいよ〟と言う男女の心理と対処法について徹底解説

喧嘩した時や、疲れた時に発する〝もういいよ〟という言葉。この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?特に男女間の「もういいよ」は、破壊力のある言葉となって、その後の二人の関係に大きな影響を及ぼすことも。今回は「もういいよ」の意味や、男女の心理と対処法について徹底解説します!

Tags:

【目次】
「もういいよ」の意味は?
恋人に「もういいよ」と言う相手の心理とは?
「もういいよ」と思ってしまうシチュエーションとは?
「もういいよ」と言われてしまった時の対処法を紹介
最後に

「もういいよ」の意味は?

「もういいよ」にはどのような意味があるのでしょうか。「もういいよ」という言葉の裏には、多くの心情が隠されています。特に男女間の「もういいよ」は、破壊力のある言葉となって、その後の二人の関係に大きな影響を及ぼします。

ここでは、別れの前触れでもある「もういいよ」について、詳しく紐解いていきましょう。

意味

もういいよ
恋人との喧嘩で使われる「もういいよ」という言葉は、「もう、その話は面倒」という意味や、「もう、許してあげる」という意味で使われます。また、諦めの意味で使われることも。

ですが、これ以上に深刻な意味を含んでいることも多々あるのが実情。男女で、「もういいよ」の裏に潜む意味が違うこともあるので、その「もういいよ」がどのような意味を含んでいるのか、注意して見定めることが必要です。

例えば、男性の発する「もういいよ」という言葉は、最初に説明したように、「もう、その話はいいよ」、「面倒くさい」、「もう、気にしなくていいよ」という意味で使われることが多いのですが、女性の「もういいよ」は別れに繋がる可能性がある危険な言葉です。

このような男女の「もういいよ」の意味の違いから、男性が何気なく女性に「もういいよ」と言ったとしても、女性は男性が思っている以上に「もういいよ」という言葉を深刻にとらえ、傷ついたり思い悩んだりすることが多いようです。

好きな人には、「もういいよ」とは言われたくありませんよね。ですが、「もういいよ」と言われた後でも対処法はありますので、言われた時の原因や相手の心理などを注意深く読み解きましょう。

恋人に「もういいよ」と言う相手の心理とは?

もういいよ
恋人に「もういいよ」と言う相手の心理は、どのようなものでしょうか。男女で異なる場合がありますので、女性特有のパターンも交えて紹介します。

1:その話はもう面倒という意味の「もういいよ」

この「もういいよ」は、男女ともに使うことのある「もういいよ」です。「その話はもう面倒」、「その話はもうしたくない」という時に使われます。それ以上その話を続けると喧嘩になりそうな時に、それを避けるためにも使います。

2:分かり合えない諦めの気持ちの「もういいよ」

話し合うことに疲れた時に発せられる「もういいよ」です。いくら話し合っても分かり合えないことに対する、諦めの気持ちが含まれています。この「もういいよ」も、男女ともに使う「もういいよ」です。

3:拗ねた「もういいよ」

褒めてもらいたい時や、「すごい」と言ってもらいたいのに、恋人に相手にしてもらえない時に、男性が拗ねて使う「もういいよ」です。

この「もういいよ」は男性に多く見られますが、女性が使うこともあります。例えば、一緒にショッピングに出かけて、試着して「どちらがいい?」と聞いても、相手が興味を示さない時に「もういいよ」と使うことも。

4:「もう(あなたのことはどうでも)いいよ」

この「もういいよ」には、「あなたとはやっていけない」という別れを匂わせる意味が含まれています。

5:疲れた時の「もういいよ」

男性によく見られる「もういいよ」です。女性の「もういいよ」のように、別れを匂わせる深刻なものではなく、単純に疲れている場合に使われます。疲れたのでそっとしておいてほしいという意味です。

「もういいよ」と思ってしまうシチュエーションとは?

もういいよ
では、相手が「もういいよ」と思ってしまうシチュエーションは、どのようなものでしょうか。

1:浮気を疑われた時

きちんと説明したにも関わらず、彼女からしつこく浮気を疑われた時などに、男性は「もういいよ!」と思ってしまいます。

2:不満が蓄積した時

恋人への不満が蓄積して爆発した時に、「もういいよ」という言葉が発せられることがあります。相手の話をよく聞き、共感してあげることによって避けられる「もういいよ」です。

3:かまってほしいのに相手にしてくれない

恋人がかまってほしいと思っているのに、冷たい態度でいると、「もういいよ」と言われることがあるでしょう。

4:疲れているのにそっとしておいてくれない時

仕事で疲れ果てているのに、空気を読まずそっとしておいてくれない彼女には、「もういいよ」と思ってしまうことがあるようです。

5:歩み寄らない態度

意見が食い違うことは仕方ないことですが、自分の主張を頑なに譲らなかったり、相手の意見を尊重しない態度には、「もういいよ」と思ってしまいます。

「もういいよ」と言われてしまった時の対処法を紹介

もういいよ
恋人から「もういいよ」と言われてしまったら、どのように対処すればいいのでしょうか。男女によって「もういいよ」の意味が異なりますので、それぞれに応じた対処方法を紹介します。

1:疲れた時の「もういいよ」

男性が疲れた時に発する「もういいよ」は、さほど深刻なものではありません。しばらくそっとしておいてあげることで、対処ができます。

2:諦めの「もういいよ」

話し合いを重ねても、意見の食い違いが埋まらないこともあります。男性が話し合いを諦めて「もういいよ」と言う場合には、お互いに頭を冷やして、改めて話し合いの場を持ち、問題を解決するように努力しましょう。

3:別れを匂わす「もういいよ」

別れの空気が流れる「もういいよ」は、深刻なパターンです。相手が「もういいよ」と言って立ち去ってしまったら、修復するのは少し困難かもしれません。関係の継続を望むなら、「もういいよ」と言って立ち去ろうとする相手を引き留めて、その場で解決するなり、後日話し合いの場を設定するようにしましょう。

最後に

「もういいよ」には、軽いものから深刻なものまでさまざまです。ですが、恋人同士の「もういいよ」の放置は厳禁。気持ちが完全に離れてしまう前に対処することが重要です。常に相手を思いやる気持ち、相手の考えを尊重する気持ちで接すると、相手に「もういいよ」などと言われることは避けられるでしょう。

関連記事
最近よく聞く〝マウンティングおじさん〟ってどんな人?対処法も併せてご紹介
〝眉目秀麗〟ってどんな意味? 〝容姿端麗〟との使い分けも併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事