Twitterのフォロワー11万人!【きょうの140字ごはん】で、9年間レシピ発信を続ける ワーママ・寿木けいさん流「旨味たっぷり鍋レシピ」 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEお出かけ

2019.10.26

Twitterのフォロワー11万人!【きょうの140字ごはん】で、9年間レシピ発信を続ける ワーママ・寿木けいさん流「旨味たっぷり鍋レシピ」

ツイッターの大人気アカウント「きょうの140字ごはん」管理人の寿木けいさんの「簡単&おいしい」鍋レシピ。 具材の種類を3種までと絞って、シンプルな組み合わせで作るのが寿木さん流。この冬何度も作りたくなる、子どもも喜ぶ鍋レシピを4つ、ご紹介します!

Text:
田中美保

困ったときの「鍋」レシピ!この冬はこんなアイディア鍋はいかが?

ごはんをつくって子どもをお風呂に入れて⋯、働く母親の帰宅後は、まさに分刻みで動き続ける戦場ですよね。そんなお母さんたちを救ってくれる冬のレシピの定番と言えば、そうです「鍋」です! 

とはいえ、鍋のレシピって意外とワンパターンになりがちなのが悩みの種。

そこで、ふたりの子どもをもちながらフルタイムで働く会社員、ツイッターの大人気アカウント「きょうの140字ごはん」管理人の寿木けいさんに、多数の「いいね!」を獲得した、簡単&おいしい、鍋レシピを教えてもらいました。

「チーズや梅、レモンなど、旨みの深い素材をベースに、好きな具をあわせて自分好みの鍋に仕立てます。食材の味わいを際立たせたいから、具は多くても3種類まで、がコツです」(寿木さん)

レシピ1:さっぱりとあったまる!「梅豚鍋」

鍋に水と梅干し2〜3個(種つきのまま)を入れて火にかける。沸いたらしめじと、薄切り豚をほぐしながら入れ、火が通ったら水菜を加える。薬味は大根おろし。味を見つつ、醤油を少し加える。梅だけで、滋味深い、いい味に。

レシピ2:ナンプラーが隠し味。市販の餃子が大活躍の「餃子鍋」

鍋に水を張り、ひと口大に刻んだ白菜と薄切り大根、すりおろしたにんにくと生姜、鶏ガラの素、ナンプラー、醤油をほんの少し加えて煮る。白菜と大根が柔らかくなったら、市販の冷凍餃子といろんなきのこを加えて、一緒に煮る。

レシピ3:レモンたっぷり!「豚つくねと大根のレモン鍋」

水出しの昆布出汁(※)をつくっておく。鍋に出汁と半月切りにした大根を加え、醤油を垂らして火をつける。その間に豚挽肉に葱、すりおろし人参、塩、溶き卵、片栗粉を加えて練る。沸騰直前に昆布を取り出し、豚肉を丸めて落とす。醤油と塩で味を調え、レモンを加えて火を止める。

※水出しの昆布出汁
水1リットルに対し、昆布は7〜10㎝四方、煮干しは10匹程度。ひと晩漬ければ完成。煮干しは味噌汁の具にしても。

レシピ4:とろーりチーズがあとをひく「白菜と豚のチーズ鍋」

豚バラ薄切りに塩胡椒を振り、白菜に挟んでから、鍋の深さに合わせて切る。隙間なく鍋にぎゅうぎゅうに詰め込み、水を注いで蓋、中火で20分煮る。水の量は、お玉2杯程度の少なめでいい。とろけるチーズを加えて蓋して5分弱火で火を通す。各々の皿で、醤油や柚子胡椒をかけて食べる。

野菜がたっぷり取れるし、洗い物も少ない、汁物も同時に取れるのが嬉しい「鍋」。素材や味付けのアイディアしだいでこんなにバリエーション豊富に楽しめるので、ぜひ挑戦してみてください。

そして、この鍋をご紹介いただいた寿木さんの人気レシピが、本になりました!

「空腹の子どもの忍耐力というのは、30分が限界。だから夕飯の準備に費やす時間は、帰宅後30分と決めています。平日は時間がかる料理には手をださない、そのぶん、30分で作れる料理の幅を自分なりに広げればいい」(寿木さん)

寿木さんだからこその、素材を活かしたシンプルで体に優しい、そして手に入りやすい材料で作れる200レシピが、掲載されています。

「“ただいま”から30分でできる!」レシピの数々、ぜひ忙しく働くお母さんたちに手にとっていただきたい一冊です。

『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』 寿木けい・著 (1,400円・税別/小学館)

大人気アカウント「きょうの140字ごはん」から、「いいね!」多数の200レシピを掲載した充実の1冊。レシピはもちろん、愛用の調味料や、料理道具、器も多数紹介。毎日料理をつくり、記録し続けている「家庭料理人」ならではの知恵とアイディアがギュッとつまっています。
詳細はこちら

寿木けい

すずきけい/2010年からツイッターで「きょうの140字ごはん」(@140words_recipe)を発信。早稲田大学卒業後、出版社勤務。会社員として働きながら、暮らしや女性の生き方に関する連載を持つ。東京で夫とふたりの子どもと暮らす。富山県出身。Twitter

文/田中美保

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事