「あなたは人見知りですか?」を100人に調査!克服する方法もチェック | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

WOMENワーママ生き方論

2020.05.09

「あなたは人見知りですか?」を100人に調査!克服する方法もチェック

大人の約7割が自分を人見知りだと認めています。子どもばかりでなく、大人だって「人見知り」は普通にある! そして案外個性のひとつにもなる!いまどきの「大人の人見知り事情」をリサーチしました。

【目次】
自分は人見知りするほうだと思いますか?
人見知りあるあるなエピソード
人見知りになってしまう原因
人見知りの克服方法
人見知り「じゃない」ほうが少数派

【質問】自分は人見知りするほうだと思いますか?

【人見知り】を辞書でひくと、「子供などが、知らない人を観て、恥ずかしがったり嫌がったりすること」と、あります(小学館『大辞泉』より)。子どもが恥ずかしがるシーンで使われることが多い言葉のようですが、最近では社会人になっても、年齢を重ねても、そしてSNS上でも「人見知り」を自称する人によく出会います。その実態に迫ってみましょう。

・はい……69.7%
・いいえ……30.3%

※アンケートは30~45歳の日本全国のワーキングマザーを対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名。

【体験談】人見知りあるあるなエピソードをご紹介

人見知り

(C)Shutterstock.com

大人の女性の実に7割が「人見知り」と自認しているという結果が。人見知りは子どもだけのものではなく、もちろん欠点でもなく、多くの人が普通に感じていることだといえそう。その実体験に耳を傾けてみましょう。

初対面の人と話すのが苦手

・初対面の人や場所だと無口になり、聞かれたことだけを答える(40代・宮城県・子ども3人)
・初対面の人の目を見て話すことができません (40代・広島県・子ども2人)
・初対面の人と何を話せばいいかわからない(30代・岐阜県・子ども3人)
・初対面の人との会話能力の低さを感じている (30代・兵庫県・子ども2人)
・初対面では緊張してることがわからないように、ずっと笑顔を貼りつけてる。正直、初対面で何を話していいかわからない (30代・千葉県・子ども1人)
・初対面ではなかなか自分から話しかけられません(30代・宮崎県・子ども2人)
・初めて会った人との会話が弾まない (40代・山形県・子ども2人)

話しかけることが苦手

・道を歩いていて知り合いのママさんを見つけてもなかなか声をかけられません (30代・東京都・子ども1人)
・自分から話しかけるのが苦手 (40代・千葉県・子ども2人)
・役員をしていますが、お母さん方と話すのは苦手だから (30代・山口県・子ども1人)
・保育園のママさんたちと気軽に本音で話をすることができない (30代・埼玉県・子ども3人)
・相手から「つまらない」と思われそうで会話をうまく膨らませたりできず、コミュニケーションがとるのが苦手(40代・熊本県・子ども1人)
・周りの人同士は話しているのに、自分はみんなとうまく話せない気がします (30代・三重県・子ども3人)

仲良くなるのに時間がかかる

・子どもの保育園のお友達のママと、仲良くなるのに時間がかかった。途中から入ってきたお友達よりも、なじんでないと思った(30代・東京都・子ども2人)
・人と仲良くなるのに時間がかかる。職場の人と半年くらいして仲良くなることが多い (30代・兵庫県・子ども2人)
・保育園に通っていても話せるママ友が5年間できなかったこと (30代・東京都・子ども2人)

話が続かない

・保育園などで他のママと何をしゃべっていいのかわからなかったり、話が続かない (30代・埼玉県・子ども3人)
・しゃべれない。相手から話しかけてこないと自分からは話さない。話しかけられても次につながる会話ができない。基本的に人とあまり関わりたくない(40代・新潟県・子ども3人)
・なかなか会話が弾まない (30代・千葉県・子ども1人)

何を話せばいいかわからない

・どんな会話をしたらいいかわからないので、ツンとした表情をしてしまう (30代・北海道・子ども1人)
・はじめての人と会話ができません。話題をふれないし、何を話したらよいかわかりません (30代・埼玉県・子ども4人)
・大勢でいると口数が少なくなる (40代・福岡県・子ども2人)
・初めての人が数人集まると何を話していいかわからない (30代・静岡県・子ども2人)

ママ友ができない

・毎日のように顔を合わせていても、気軽に話せるママ友がいません (40代・神奈川県・子ども2人)
・ママ友ができない (40代・東京都・子ども1人)

自分から仲間に入れない

・話しにくいから、なかなか自分から仲間に入れない (40代・埼玉県・子ども2人)
・人の輪に入れない (40代・福島県・子ども1人)

外で知り合いを見つけても声をかけない

・歩いている時に知っている人を見かけても気付いてないふりをしてしまいます (30代・神奈川県・子ども1人)
・外で知り合いを見かけたとき、隠れてしまう (30代・東京都・子ども3人)

人が大勢いると口数が減る

・知らない人が多い場所に行くと、人間観察をして終わってしまう (30代・埼玉県・子ども1人)
・保護者会に行っても、だれとも話をしないで帰ってきてしまいます (40代・埼玉県・子ども3人)

人と行動するのがおっくう

・知らない人と一緒に行動するのがおっくう (30代・徳島県・子ども2人)

人前で緊張する

・人前で話すときにドキドキしてしまう (40代・千葉県・子ども2人)

人を覚えられない

・基本的に人を覚えられないので、実は知っている人もいても、やはり緊張する (30代・愛知県・子ども2人)

人に会うと疲れる

・人と会ったあと、すごく疲れるので、自分自身無理しているんだと実感する (40代・東京都・子ども2人)

はじめての場所では緊張する

・はじめて行く場所では人見知りになって緊張してしまいます (30代・千葉県・子ども1人)

こうした体験からは、「人見知り」が発展して「緊張する」「疲れる」と自分自身をすり減らしている様子がよくわかります。

これに対して、医学博士の霜田里絵先生(銀座内科・神経内科クリニック院長)は、「人見知りは気にしないでOK。大人になるほど、新しい仲間に出会ったり、時間をかけて関係をつくるということは、減ってしまいます。それだけに、ゆっくり構築していく人間関係は、後になってみると宝物になるものです」とアドバイス。

なんでもすぐに結果が欲しくなるネット社会、スピード社会が、人見知りを加速させたのかもしれません。が、今ここで一度立ち止まって、人づきあいを見直してみるのも、大事だといえそうです。

そもそも人見知りになってしまう原因は?

人見知り

(C)Shutterstock.com

では、大人が人見知りをしてしまうその背景には、どんな要因があるのでしょうか。さまざまなジャンルのプロの意見を参考にしながら、考えてみましょう。

「きちんとさん」で完璧主義

「学生時代は誰とでも仲良くなれていたのに、最近では、とても人見知りです。パーティや交流の場に行っても、何を話していいのかわからなくなるときも。大人になるにつれ、自分や相手を見るときの物差しが細かくなってくるのかもしれません」と自身を分析するのは、池原真佐子さん(育キャリカレッジ代表)。

「『きちんと振る舞おう』とあまり硬くなりすぎず、笑顔で堂々とその場にいるだけでいいし、自分がやるべきことを淡々としていればいいなと思います。それが『自分らしくいる』コツなのかもしれません」(池原さん)

なんで今さら!? アラフォーになってから人見知りになりました【働くアラフォー質問箱】

「どう見られているか」を気にしてしまう

さらに池原真佐子さん(育キャリカレッジ代表)は人見知りの原因について、「自分自身にも厳しくなってしまい、『自分はどう見られているのか』を意識しすぎて萎縮してしまうのかも。でも、こんなとき私がいつも自分に言い聞かせるのは『他人はそこまで自分のことを細かくジャッジしていない』ということ」とこちらの記事で語っています。

なんで今さら!? アラフォーになってから人見知りになりました【働くアラフォー質問箱】

人見知りの克服方法についても要チェック

 

最後に、どうしたら人見知りを解消できるのか、考えてみましょう。方法はいろいろ。専門家のアドバイスをもとに、自分に合った方法を見つけて。

相手に興味をもつ

心理カウンセラー・吉野麻衣子さんは「人見知りを直すのではなく、相手に興味をもつ」ことをすすめます。「人は自分に対して『好意をもっている』『理解しようとしてくれている』と思うと、好意的になってくれるもの。『この人が伝えたいことはなんだろう』『この人の長所ってなにかな』『もっと知りたいな』というふうに、相手に興味をもつようにしてみましょう」。

コミュニケーションを自分中心から相手中心に軸足を変えてみる。それだけで、見える世界が少し変わるのかもしれません。

最初から「つきあいを頑張らない」

「最初は少しぶっきらぼうなくらいでも、状況を見ながらつきあいを深めていくほうが、周囲への印象もいいはずです」(霜田里絵さん/銀座内科・神経内科クリニック院長)。

出会った瞬間から垣根を取っ払おうなんて思わなくてOK。「頑張らない」付き合いができるのも、大人だからこそなのです。

リラックス&ユーモア!

「実は、人見知りするタイプなんです(笑)。でも、子どもの頃から親に人の目を見て話すようにと言われてきたので、それは初対面の方にも意識していることです。そして、私が少しユーモアを持てば、相手も緊張を解いてくれるかなと、冗談を言ってみたりします(笑)」。と雑誌『Domani』のこちらの記事で語っていたのは、モデルの蛯原友里さん。ちょっとした冗談は、確かにコミュニケーションのきっかけとなってくれそうです。

蛯原友里さんに「人間関係の築き方」をテーマに、いろいろ聞いてみました

人見知り「じゃない」ほうが少数派!

大多数が「人見知り」だということは、人見知りは「普通のこと」だし、言いかえれば個性のひとつ。ならば、頑張って克服しなければという気負いも不要に思えてきませんか。あなたが人見知りを感じながらも向き合ってる相手も、同じように人見知りかもしれないのですから。

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事