化粧崩れを最小限にするメイクテクニック。原因を知って改善対策&おすすめアイテムもチェック | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTYメイク

2020.05.28

化粧崩れを最小限にするメイクテクニック。原因を知って改善対策&おすすめアイテムもチェック

午後になると顔がドロドロ…、小鼻、目元、口元、すぐにヨレてしまう…、そんな化粧崩れにお悩みの女性のために、化粧崩れを起こしてしまう原因や、崩れを最小限にするメイクテクニック、崩れてしまったときのおすすめお直し方法&化粧崩れ防止アイテムをご紹介します。

Tags:

【目次】
乾燥も影響している?化粧崩れの原因とは
化粧崩れしないためのテクニック
崩れてしまった化粧の直し方
下地など化粧崩れ防止におすすめのアイテム

乾燥も影響している?化粧崩れの原因とは

肌が乾燥している


化粧崩れの原因のひとつ、過剰な皮脂分泌。美容皮膚科タカミクリニック本田えり医師によると、過剰に皮脂が出るのはうるおい不足の証拠だとか。

「水分保持に働きかけるセラミドが配合された美容液で、しっかり保湿ケアを。ポイントは、天然セラミドの美容液を使うこと。」(本田医師)

皮脂が気になって保湿を怠るのは逆効果なのですね。メイク前はしっかり保湿することが大切なようです。

夏の毛穴開きや黒ずみを改善したいならケアのし過ぎはNG!今すぐやめるべき8つの毛穴ケア【医師監修】

スキンケアに油分が多い

スキンケアに油分が多い
肌の乾燥を防ぐためだからといって、メイクの前のスキンケアにクリームをたっぷりと塗ってしまうと、化粧崩れの原因になってしまいます。クリームの厚塗りもいいですが、クリームの前にコクのあるオイルを少量プラスしてから薄くクリームを伸ばした方が、ツヤやうるおい感が出やすく、メイクのりもアップします。

真冬の40代砂漠肌には○○が効く!【40代美容、どっちが正解!?19】

ファンデーションをつけすぎている

ファンデーションをつけすぎている
ヘア&メークのレイナさん曰く、ファンデーションのつけすぎも、化粧崩れの原因になるそう。

「パウダー派の人にありがちなのが、エグるように力を入れて押し塗りしちゃうこと。これだと粉がつきすぎるし、塗ったそばからヨレたりします。スポンジの端を持ってペラペラと肌をなでるように塗るのが正解。」(レイナさん)

また、化粧下地をしっかり塗ることも大事だという反面、つけすぎにも注意が必要なのだとか。

「下地をきちんと塗っていればくずれる心配はありません。ただ、下地をつけすぎると逆にくずれやすくなったりヨレたりするので気をつけてください。」(レイナさん)

そのファンデ選び、もしかして10年前と同じ!? ファンデ選び、塗り方、正解?不正解?緊急座談会

化粧崩れしないためのテクニック

スキンケアでしっかり保湿する

どんなにリッチなアイテムを使っても、元が乾燥していると肌が乾いて化粧崩れの原因になってしまいます。ベースメイクの前に仕込み保湿をすることが重要。

スキンケアでしっかり保湿する
まずは化粧水をコットンまたは手にたっぷりととったら、肌に明るい透明感が出るまで、優しくパッティングしていきます。その後、オイルを500円玉大手のひらに広げ、全顔に伸ばしてギュギュっとうるおいを閉じ込めます。

正しいと言われる手順でファンデをつけて、4時間後、8時間後まで調査しました!

化粧下地をしっかり使う

夕方になると化粧崩れがひどい人は、化粧下地をしっかり使うことはもちろん、塗り方も見直してみましょう。

化粧下地をしっかり使う
まず下地は、顔の5点に置いてから伸ばすことが大事。小豆粒よりやや大きめの量の下地を指にとったら、両頰に多め、額、鼻筋、あごはやや少なめにのせ、両手でざっくりとムラなく伸ばします。顔全体に均一になじませることを心がけて。

えっ!?そんな地味なことで“アラフォー美肌女子”になれる!?【大人のファンデーションやり直し塾】その4

ベースメイクの仕上げにパウダーを使う

ベースメイクの仕上げにパウダーを使う
テカリや崩れを防ぐには、ベースメイクの仕上げにパウダーを乗せるのがおすすめ。ただし顔全体に乗せてしまっては、せっかくのツヤが台無し。小鼻周りやTゾーンなど、くずれやすいところだけ、サラッと部分使いするのが正解です。

ベースメイクの仕上げにパウダーを使う
イプサ フェイスパウダー アルティメイト SPF15・PA++ ¥9,000

パウダーに美容水を取り入れた製法の、サラッと軽やかな使い心地のフェイスパウダー。まるで肌と一体化するような仕上がりに。

アラフォーの肌問題…テカリとツヤの違いを生むのは何?

アイライナーはジェルタイプを使う

アイライナーはジェルタイプを使う
ペンシルタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプなど、アイライナーにはさまざまなタイプがありますが、化粧崩れが気になる人は、肌によく密着し、水や皮脂に強いジェルタイプがおすすめ。筆を使って描くジャータイプと、芯を繰り出して使うタイプがあります。

【アイライナーの基本】初心者におすすめのアイライナー・正しい使い方(まとめ)

アイシャドウベースでアイメイクの持ちをアップ

アイシャドウベースでアイメイクの持ちをアップ
アイシャドウを塗る前に、アイシャドウベースをまぶたに塗ることで、シワなどの表面の凸凹をなめらかにし、発色も高めてくれます。

アイシャドウベースでアイメイクの持ちをアップ
つけすぎを防ぐために、指先にとったベースは手元で一度ポンポンとならし、目頭から目尻に向かって指先でまぶたを少引っ張るようにのばしていきます。上からアイシャドウを軽くブラシでのせたら完成!

ヨレず長持ち!手持ちのアイシャドーがグッと使いやすくなる裏技アイテム

崩れてしまった化粧の直し方

目元はクリームアイカラーでワイパー塗り

目元はクリームアイカラーでワイパー塗り
目元のメイク直しはカラー&ハイライトの効果で整えるのが◎!立体感が出るクリームカラーを、アイホールから少しはみ出すところまでワイパー塗りしてぼかすだけ。所要時間はたったの5秒だから、簡単にお直し完了!

目元はクリームアイカラーでワイパー塗り
(右上)濡れツヤが美しい。シャネル オンブル プルミエール クレーム 804 各¥3,900
(左)さりげない色と陰影を与える。カネボウ化粧品 コフレドール コントゥアアイグロス 01 ¥2,000

唇は2in1ティントリップバームでお直し

唇は2in1ティントリップバームでお直し
ボリューム低下&色の冴えない化粧崩れした大人の唇には、血色もボリュームも一度にオンできる2in1ティントリップバームがGOOD。鏡がなくても使えるはみ出しOKのリップバームだから、気がついたときすぐにお直し可能。唇の中央から塗って、エッジをぼかすだけでふっくら血色感のあるリップが蘇ります。

唇は2in1ティントリップバームでお直し
(左)唇の水分に反応して血色カラーに変化するリップバーム。アディクション ストールンキス エンハンサー ¥2,800

目元・口元のメイク直しはコレさえ仕込めば若返る!

アイセラムで小ジワやヨレを修正

アイセラムで小ジワやヨレを修正
ヘレナ ルビンスタイン P.C. アイ アドバンスド 15mL ¥10,000

年齢の出やすいデリケートな目のまわりの肌をケアするアイセラム。目元のくぼみにジャストフィットするアプリケーターで、直接目のまわりをマッサージ可能。パールのような輝きあるミルクが、目のまわりをしっかりケア。

アイセラムで小ジワやヨレを修正
目元のヨレたり取れたりしているファンデーションやアイシャドウに、少量ポンポンとなじませるだけで、小ジワに溜まっていたファンデーションがきれいになじみます。

「ファンデの上からアイセラム」が目元の老けの救世主!ポーチの中に絶対入れたいスゴイやつ発売

下地など化粧崩れ防止におすすめのアイテム

マスクにファンデがつきにくくなるジェルおしろい

マスクにファンデがつきにくくなるジェルおしろい
カバーマーク モイスチュアコート ジェル

80%が水分でできたジェル仕様のおしろい。肌の水分蒸発を防ぎながら、乾燥から守り、みずみずしいツヤ肌を一日中キープ。ファンデーションの後に重ねれば、ウォーターフィルム効果によってマスクにファンデーションがつきにくく。

SNSで話題!マスクにファンデが付きにくくなるカバーマークのジェルおしろいが優秀すぎる

光を味方にしファンデの厚塗りを防ぐイルミネーター

光を味方にしファンデの厚塗りを防ぐイルミネーター
江原道 マイファンスィー アクアファンデーション イルミネーター 6mL ¥2,250

目立つ小ジワや毛穴、くすみの上にサッと一筆プラスするだけで、立体感がプラスされ、肌のアラを目立たなく。メイク直しでやりがちなファンデーションの厚塗りを防ぐアイテムに◎!

【隠す・飛ばす・補う】メーク直しの新・三種の神器はコレ!ポーチの中の必需品

皮脂崩れを防ぐ大人気下地

皮脂崩れを防ぐ大人気下地
花王 ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地UV 25ml ¥2,800

汗や皮脂に強く、テカリのないファンデーションの仕上がりを持続させる下地。気になる小鼻もテカリにくい。リピーターも多数の大人気アイテム。

40代が選びたいファンデ前の「下地」はここが違う!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事