Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.06.25

【アイライナーの基本】初心者におすすめの正しい使い方(まとめ)

アイラインを上手に引けるようになれば、目元に自信が生まれます。アイライナーにはさまざまな種類があり、自分の目の形やメイクの雰囲気に合わせて選ぶことが大切。本記事では、アイラインの引き方を紹介します。

【目次】
アイライナーの基本を知ろう
アイライナーの正しい使い方

アイライナーの基本を知ろう

まずはアイラインを引くメリットと、アイライナーの種類について解説します。基本を理解することで、アイライナー初心者から卒業しましょう。

アイライナー 初心者 おすすめ

(C)Shutterstock.com

アイライナー 初心者 おすすめ
アイラインの役割

アイラインの主な役割は、目の印象を変えることです。まぶたのキワに濃い線を引くことで、目の輪郭をはっきりさせ、目をひと回り大きく見せることができます。また、アイラインの引き方を変えれば、黒目を大きく見せたり、切れ長に見せたりなど、目の印象に変化をつけることができます。まつげのすき間を埋めるようにしてアイラインを引くと、まつげを濃く見せることもできます。

アイライナーの種類は三つ

40代におすすめのアイライナー21選!「落ちない」「ヨレない」「くずれない」という声が多い人気の名品を一挙紹介

アイライナーは、「ペンシルタイプ」「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」などの種類に分けられます。

ペンシルタイプは、〝鉛筆タイプ〟と芯をくり出して使う〝カートリッジタイプ〟があります。手ブレに強く、失敗しても綿棒などを使って修正することもできます。ナチュラルに仕上がるので、アイライナー初心者でも扱いやすいタイプです。

アイライナー ペンシルタイプ 

リキッドタイプはペン先が細い筆のような形になっている、液状のアイライナーです。ペンシルタイプよりも、シャープでくっきりした仕上がりになります。アイラインの太さを調整できるのが特徴です。

化粧崩れが気になる人には、肌によく密着し、水や皮脂にも強いジェルタイプがおすすめです。筆を使うジャータイプと、芯を繰り出して使うタイプがあります。ぼかしなども他のタイプよりやりやすく、さまざまなアイメイクに対応できます。

アイライナーの正しい使い方

アイライナーに対して苦手意識がある人は、正しい使い方を今一度おさらいしましょう。アイラインの基本的な引き方と、自分の目の形を生かした引き方、そしてアイラインのバリエーションについて紹介します。

アイライナー 初心者 おすすめ
基本の引き方

アイラインを引く前に、大きな置き型の鏡と、リカバリー用の綿棒を準備しておきましょう。鏡に向かったら視線を下のほうに向けます。上まぶたを指で軽く上に持ち上げながら、ゆっくりとアイラインを引いていきます。最初は目尻から中央まで、次に目頭から中央まで引いて、中央の重なった部分をなじませます。ペン先をまつげの下からあてて、まつげのすき間を埋めるようにして、できるだけ細く引きましょう。

最後に目尻から少しはみ出すように、1~2mmのラインを引きます。5mmほどの長さにすると、目尻をより強調できます。

アイライナー 初心者 おすすめ
【目のタイプ別】アイライナーの引き方

二重まぶたの人が、くっきりとした黒のアイラインを引くと、目が強調され過ぎてきつい表情になることがあります。自然に見せるためには、グレーブラウンなどの柔らかい色がおすすめです。まぶたの目尻側1/3の部分に細く引くのがポイントです。ペンシルタイプを使って綿棒でぼかすと、一層ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

一重の人は、目を開いたときにアイラインが隠れてしまうため、少し太めに引くのがポイントです。目尻から先のアイラインは、やや長めに引きましょう。

奥二重の人は、二重の部分が埋まらないよう、まつげのキワに沿って細めに引くことを心掛けましょう。

 

アイライナー 初心者 おすすめ
アイラインのバリエーションは?

目の形によって、顔の印象は大きく変わるものです。理想の目に近づけるため、アイラインの引き方のバリエーションを紹介します。

タレ目の人には、きりりとした印象の「キャットライン」がおすすめです。中央から目尻に向かって太くなるようにアイラインを引き、目尻から先を斜め上向きに5mmほど伸ばします。目尻から先をきゅっと上げることで、顔全体が引き締まります。

ツリ目を優しい印象に仕上げたい人は、「タレ目ライン」がよいでしょう。目頭から中央までは太めに、中央から目尻にかけては細めにアイラインを引き、目尻から先を下向きに3mmほど伸ばすと完成です。

つり目の基準や特徴とは?美人度急上昇のつり目を生かしたメイク方法も伝授

一重や奥二重には「切れ長ライン」がよく似合います。目尻から先を少し上向きに3mmほど伸ばしておき、下まぶたの目尻側1/3の部分にもアイラインを引いて、上のアイラインにつなげます。


アイラインの引き方を見直し!基本から応用まで40代の目元におすすめのやり方を徹底解説

初心者にもおすすめのアイライナー

初心者でもきれいなアイラインを引ける、おすすめのアイライナーを3点紹介します。

極細リキッドアイライナー ケイト|「スーパーシャープライナーEX3.0」

ケイトの「スーパーシャープライナーEX3.0」は、極細ラインが楽に引ける、リキッドタイプのアイライナーです。使いやすさの秘密は、文具メーカー「ぺんてる」と共同開発した独自の筆と、グリップの形状にあります。筆先には程よいハリがあり、全体にダイヤカッティングを施したグリップは、指によくフィットします。手ブレしにくく、初心者でも糸のように細いラインを引くことができます。

ケイト「スーパーシャープライナーEX3.0」ケイト スーパーシャープライナーEX3.0 全3色

▶︎ケイト

楕円芯でラインの太さが自由自在|デジャヴュ「ラスティンファイン クリームペンシル」

ペンシルタイプのおすすめは、デジャヴュ「ラスティンファイン クリームペンシル」です。1.5mm×3mmの楕円芯を採用し、繊細な極細ラインから太めのインパクトラインまで自在。肌あたりがやさしくなめらかな「ルースピグメント処方」で、細かい部分もストレスなくアイラインを引くことができます。皮脂・汗・こすれに強いスーパーウォータープルーフ処方で、美容成分のセラミドやスクワラン配合も嬉しいポイントです。

デジャヴュ「ラスティンファイン クリームペンシル」

デジャヴュ ラスティンファイン クリームペンシル 全6色

▶︎デジャヴュ

プチプラでも確かな品質 セザンヌ「ジェルアイライナー」

550円(税込)とプチプラにも関わらず、ヒアルロン酸コラーゲンなどの美容保湿成分を配合したセザンヌの「ジェルアイライナー」。デリケートなまぶたにも安心して使用でき、ぼかすとアイカラーとしても使える優れものです。ピンクベージュやバーガンディーといった個性的なカラーも、この価格なら気軽にトライできます。

セザンヌ ジェルアイライナー

セザンヌ ジェルアイライナー 全5色

▶︎セザンヌ

あわせて読みたい
汗だくでも崩れをごまかせる!目元とリップは「なじみ系血色カラー」が正解【40代の崩れない夏メイク】
「落ちない!」と人気のアイライナー|キレイな目元が続くデパコス&プチプラを紹介!
「黒目がちな人」の特徴って? 黒目を大きく見せるメイク方法も伝授

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事