口を動かしているかどうかが「全身の老化」のカギを握っている|【美しい口もと】エクササイズ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTYアンチエイジング

2020.06.20

口を動かしているかどうかが「全身の老化」のカギを握っている|【美しい口もと】エクササイズ

ステイホームでリモートワークになり、人と話すことが少なくなった人。それって、フェイスラインのたるみの危機!口もとを意識したエクササイズをさっそく始めてみましょう。

Tags:

リモートワーク中にたるんでしまった口もとに喝! フェイスラインにも効くエクサイズ

ステイホームが続き家にいると、外で働くよりリラックスできる環境だから表情筋が緩みがちになり、気づいたらフェイスラインがやばい!、なんてこともありそうです。

「若々しく、明るい健康的な顔でいるためには、口もとがカギになります。頬がしっかり上がって、目もハッキリしていて、口角がキュッと上がった表情はとても素敵ですよね。しかし現代は、ファストフードなどで食事が簡単になり、さらにスマホの活用による会話不足など、口を動かす機会が減っています。顔まわりの筋肉が衰えると、噛む力が低下し、口角が下がり、ほうれい線が目立ち、あごがたるむといった老けた印象になるのです」と、歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさんは警鐘を鳴らします。

こ、これはかなりまずい状況。そこでさっそく、口もとを美しく見せながらフェイスラインにも効果のあるエクササイズを教えてもらうことに!

口まわりやフェイスラインの筋肉に効く【ぴよぴよぷーエクササイズ】

■こんな時に!>>>顔の下半分がもたついてきた、ほうれい線が気になるようになってきた
■効果>>>だ液量を増加させる、フェイスラインをすっきりさせる、むくみ防止、唇の老化防止

1.唇をすぼませて「ぴよぴよ」
頬肉を思い切り吸い込み、くちばしをマネて唇をすぼめます。そのまま唇を小鳥が「ぴよぴよ」とさえずるように上下に開けたり閉めたりを10回繰り返します。
美しい口元【Point】最初は動かせなくてもOK。何度か繰り返してみて!

2.「ぷー!」と勢いよく膨らませる
大きく深呼吸して、唇をすぼませたまま両頬を「ぷー」と勢いよく膨らませて口輪筋をほぐします。意外に難しいので覚えるまで繰り返してOK。
美しい口元【Point】頬を思い切り膨らませて!

あごと首の筋肉に効く【下唇ふーエクササイズ】

■こんな時に!>>>二重あごが気になる、下あごがたるんできた
■効果>>>下あごのたるみ改善、二重あごの解消、リラックス効果

1.背筋を伸ばして顔を上に向ける
姿勢を整え、胸を張って背筋を伸ばし、顔をゆっくりと上に向けて首を伸ばした状態にします。
美しい口元【Point】無理に真上を見なくてもOK。できる範囲で行う。

2.下唇を上に突き上げ「ふー」
深呼吸をし、下唇を上に向かって引き上げ、5秒かけて「ふー」と息を吐いて首まわりの筋肉に刺激を与えます。5秒×3回。

【Point】下唇を思い切り突き出して。

口のまわりと舌のまわりの筋肉に効く【は・に・ふ・え・ろ】

■こんな時に!>>>表情筋をほぐしたいとき、PCやスマホばかり見た後に
■効果>>>口角アップ、滑舌をなめらかに、口呼吸の改善、顔のたるみの改善

1.「は」と言いながら口を開ける
「は」と言いながら、口を大きく開けます。
【Point】しっかり声に出して、一音ずつゆっくり行うこと。

2.「に」と口を横に開く
「に」と言いながら、これ以上ないくらい口を横に開き口角を上げます。

3.「ふ」は両頬をくっつけるイメージで
両頬をくっつけるイメージで「ふ」と言います。

4.森進一さんのモノマネで「え」
口角を後ろに動かすように「え」と言います。森進一さんのモノマネをするイメージで言うとやりやすくなります。

5.巻き舌をするように「ろ」
舌を口の中で丸めるようにして「ろ」と言います。

舌まわりやあご周辺の筋肉に効く【舌(タン)アップエクササイズ】

■こんな時に!>>>顔のむくみが気になる、頬のたるみやほうれい線が気になる、滑舌が悪い
■効果>>>頬のたるみ改善、二重あご予防、ほうれい線の改善、血行不良の改善、滑舌の改善

1.舌全体を上あごの裏につけて
前歯の裏に舌全体をぴったりとつけた状態にしておきます。
【Point】舌の真ん中くらいまでをくっつける。

2.そのまま口を開け閉めする
舌をつけたまま、口の開け閉めを5回します。舌の裏の筋が見えるくらいにあごを動かします。1秒×5回。
【Point】あごが疲れてくるのを感じるはず。

石井さんの著書『美しい口もと』には、美しい口もとをつくるメソッドのほか、自信がもてる口もとになるオーラルケアの基礎知識など、口もとをオールマイティにケアできる内容が盛りだくさん。さっそく始める口もとケアで、いつまでも若々しい笑顔をキープしましょう!

画像ALT
『美しい口もと』 石井さとこ著(ワニブックス刊/¥1,400+税)

「きれい」と言われる女性は全員、必ず口もとのケアをしています。どうしてでしょうか? それは、口もとが清潔感の源であるとわかっているから。揃った歯並び、白い歯、潤いのある唇が、その人の顔の印象に与える影響は計り知れません。著者のクリニックには、女優やモデル、アナウンサーなど、「きれい」と言われる女性たちが顧客として大勢通ってきています。なぜなら、思いっきりの笑顔を見せるのに、口もとケアは欠かせないから。彼女たちの美しさを支えているのは、著者が独自に開発した口もとを美しく見せるメソッドなのです。ためしに目元を隠して口もとだけ見せて、自撮りをしてみましょう。目を見せているときより老けて見えるような気がしたら、危険信号。本書の口もとエクササイズなど、今すぐ始められる口もとケアを始めてください。
※詳しくはこちら!

画像ALT

教えてくれたのは…

石井さとこさん

歯科医師
口もと美容スペシャリスト
ホワイトホワイト」院長
歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口もとメイクについてのアドバイスに定評がある。2005年~2012年まで、ミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、オフィシャルサプライヤーとしてプロデュースに参加。女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。
▶︎石井さとこオフィシャルブログ
▶︎Twitter  @satoko_ishii
▶︎Instagram  @satoko5331

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事