いつも植物が枯れちゃう人の意外でよくある原因は… | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.07.10

いつも植物が枯れちゃう人の意外でよくある原因は…

「日常に公園のここちよさを。」をコンセプトにした空間デザインを手がけるparkERs(パーカーズ)が、おうち時間を心地よくする植物との過ごし方をご提案します。今回は、植えこむ前の大切にしたいステップ、鉢選びについてです。

鉢(プランター)次第で植物の魅力が倍増!

ホームセンターではピンとこないけれど、インテリアショップで植物を見たらトキメイて衝動買い!なんてこと、ありませんか?
素敵な鉢に入っていると、植物の魅力も倍増。お気に入りの鉢なら、部屋の中で見るたびに気分も上がります。普段のお手入れもより一層楽しくなって、植物とも長いお付き合いができるはず。

お花屋さんやホームセンターでプラスチックの鉢に入った植物を購入した場合も、ぜひお気に入りのプランターに植え替えてみてください。鉢の色や形、高さなどで植物の雰囲気が全く変わります。せっかくですから、植物の魅力をさらに引き立てる組み合わせがいいですね。

ただ、鉢を選ぶ時にぜひ知っておいた方がいいポイントが…。

1. 植物と鉢の大きさ、あっていますか?

鉢を選ぶときに気をつけていただいたいポイントの1番目はサイズ。植物を上手に育てる上でちょうどいいのは「鉢が根っこより一回り大きい」大きさです。購入した時のプラスチックポットより一回り大きいくらいを意識するとイメージしやすいです。植物が大きく成長した時に根っこが伸びるスペースを確保してあげましょう。

根っこに対して鉢が小さすぎると、土の中に水を貯められる量が少なくなるため、小まめな水やりが必要に。また鉢いっぱいに根っこがはり窮屈になると根詰まりを起こしてしまいます。

反対に鉢が大きすぎると、大きく成長させるという意味では良いのですが、必要以上の水が溜まりすぎてしまうこともあるので根腐れに注意。

見た目のバランスは、鉢と植物の高さの割合が1:3、3:5といったように奇数の対比になるよう意識するといいと言われています。ただ切り花と違って、観葉植物は成長してバランスが変わっていくので、成長する中で鉢の大きさやデザインを変えていくという楽しみも。

葉や枝ぶりだけでなく、土の中の根っこも広がっていることを意識してバランスを整えてみると長く健康に育てることができます。

2. 鉢底に穴が開いているかどうかを必ずチェック

お好みのプランターが決まったら、底に穴があるのか、それともないのか、ということを必ずチェックしてください。

些細なことですが侮るなかれ。実は鉢底に穴が「ある」か「ない」かによって、水やりの仕方やおすすめの置き場所も変わるので、実はとても大切なチェックポイントなのです。

穴ありプランター


・排水口があるためベランダなど屋外に置くのもOK
・余分な水が下から出るので水やりの管理はしやすい
・通気が良いため水やり頻度は多め

穴がある鉢の場合は、まず穴の部分にネットを敷き、その上に軽石をおき、その上に土を入れます。水やりをすると水が底から出てきますので、特にお部屋で育てるときは、鉢の下に敷く受け皿を用意してあげて下さい。

穴なしプランター


・無菌・無臭のため室内で育てるときに衛生的
・水漏れなどの心配なし(受け皿が要らない)
・水分量が見えにくいため、水の溜まりすぎには注意が必要

穴がない場合は、そのまま植え込めばOK。基本的には穴が空いていない鉢でもどんな植物も育成できますが、水があまり好きでないタイプの植物には水やりを少なめにするなど加減が必要です。

よく「いつも植物を枯らしてしまう」という声を聞きますが、お水をあげすぎて根腐れを起こしてしまっている場合がとても多いんです。底に穴が空いていないタイプは特に気をつける必要があるので、もし不安なら底に穴が空いているタイプに植えて、穴が空いていないタイプを鉢カバーとして使うのもいいと思います。

ちなみに上の写真で植えたのは「コーヒーの木」という植物。「一緒に休みましょう」という花言葉にちなんで、今回はピンクのコーヒーマグを選んでみました。コーヒータイムが一層充実しそうです!


parkERs(パーカーズ)

フラワーショップ「青山フラワーマーケット」を展開するパーク・コーポレーション の空間デザインブランド。「日常に公園のここちよさを。」をコンセプトに、公園の心地よさを室内に取り込むデザインを追求。都会の中では気づきにくくなった自然をデザインによって身近にし、「人の感覚を呼び起こす空間デザイン」で新しい価値を生み出している。

市野澤未和(左)
プランツコーディネーターとして、都市部の室内を中心に植物を用いた空間デザインを手がける。
森美波(右)
「公園の心地よさを表現する空間デザイン」に携わる中で得た気づき・最新情報等を発信。

HP:https://www.park-ers.com/
Instagram:https://www.instagram.com/parkers_official/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事