あなたにとっての「心の拠り所」は?臨床心理士が解説する心の拠り所の見つけ方 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.01.17

あなたにとっての「心の拠り所」は?臨床心理士が解説する心の拠り所の見つけ方

不安だったり、悲しかったり…ちょっと心が弱ったときに「心の拠り所」になる人、物、事はありますか? 心の拠り所に救われたエピソードや、専門家による解説もお見逃しなく!

Tags:

人はひとりでは生きていくことはできません。ましてや、現在は世界中が不安な日々を送っているコロナ禍。精神的にも不安定になりがちな中で皆さんには「心の拠り所」となる人やものなどはありますか?臨床心理士の吉田美智子さんに「心の拠り所」とはどのような存在か、またその見つけ方も詳しく解説していいだきました。

臨床心理士が解説!「心の拠り所」ってどういうこと?

「拠り所」= 頼みとするところ。支えてくれるもの。(小学館刊・大辞泉)

臨床心理士・吉田美智子さんに「心の拠り所」について尋ねました。

「心理学には、〝心の安心基地〟 という考え方があります。歩きはじめの子どもは自分で自由に歩いて遊べることがとても楽しいのですが、何か少しでも不安になったときにはすぐにお母さんのところに戻ってきます。母親という安心基地があるから、子どもは安心して母を離れて外に出ていけるのですね。このように、私たちが社会生活の中で困難にぶつかったり、苦労が絶えなかったとしても、〝心の拠り所(安心基地)〟 があると、そこでホッとし、エネルギーをチャージしてまた元気に外の社会に出ていけます。このような、安心して戻れる所、不安や傷つきを癒し、元気を得られることが保証されている所が〝心の拠り所〟 であると考えられます。

また、大人にとっての心の拠り所としては、思い出すと心に明かりが灯り、胸が温かくなるもの(こと)というのもあると思います」(吉田さん)

確かに、人だけでなく、思い出が心にパワーをくれる場合もありますね。では、どれだけの人が「心の拠り所」をもっているのでしょうか。

関連記事:アラフォーになって「強がり」で後悔したことはない?読者100人と心理カウンセラーに聞いた対処方法を解説

【質問】あなたとって心の拠り所になるものはあリますか?

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

約7割の人が、「心の拠り所がある」と回答しました。では苦しい時、悲しい時、つらい時…心の拠り所となっているものが何かを尋ねてみました。

「心の拠り所」ランキング

5位 ペット

・ペットの存在。何かがあっても、子どもはまだ小さいし、夫は毎日帰りが遅いので、私の話し相手は飼い犬しかいません。泣くと涙を舐めてくれます (30代・埼玉県・子ども1人)

4位 好きなように過ごす時間

・ひとりの時間になり、やりたいことをしたり、リラックスする時間をもつ (40代・新潟県・子ども1人)

3位 周囲の人

・実家の両親と妹が1番の心の拠り所です。次いで中学からの親友、会社の同僚。夫の優先順位は1番最後です (30代・神奈川県・子ども1人)

2位 子ども

・子どもたちと一緒に過ごす時間があるから生きていける。一週間頑張ったご褒美に子どもたちと食べるスイーツや、24時間くっついて過ごせるのが幸せ (40代・愛知県・子ども3人)

関連記事:「心の癒し」が欲しいのはどんなとき?日本全国100人にアンケート調査!【心理カウンセラー監修】

1位 家族

・家族。夫と子供、祖父母、兄弟。 どんな状況でも味方してくれると信じられるから (30代・宮城県・子ども1人)

そのほかにも「自分のことをさらけ出せる場所」「ママ友」「映画」「好きな人」「自分との対話」「自分の信念」「片付いた家」「友人」「アニメ」などの意見として挙げられました。

「家族や子どもなど、自分が大切にしてきた相手、愛情をかけてきた相手との関係性が心の拠り所として大きな役割を果たしていることは、私たちが元気に毎日を過ごす上で欠かせません。ですが残念なことに、夫が拠り所役を果たせていない場合もあります。そんなときは代わりになる対象をもつことがとても大切だと思います」(吉田さん)

ではここからは、心の拠り所があったことで救われたというエピソードをご紹介します。

【体験談】心の拠り所があってホッとしたエピソード

–いっぱいいっぱいの私を夫と子どもが癒してくれた(30代・愛知県・子ども1人)

「大きな仕事を任され、1ヶ月近く残業したり、仕事を家に持ち帰ったりして頑張ってきたプロジェクト。そのプロジェクトがコンペで負けてしまい、身も心もボロボロになってしまいました。毎日家事や育児はこなすものの、元気がない私を見て、夫と子どもが毎日小ネタを仕込み、くだらないことで笑わせてくれました。段々、クヨクヨしている自分が馬鹿らしくなり、こんなに心配してくれ励ましてくれる家族はかけがいのない存在だと改めて実感しました」 

関連記事:「スキンシップ」には、パートナーや家族との絆を深めるこんな効果があるなんて!

–やっぱり実の母親が一番分かってくれる(40代・東京都・子ども1人)

「夫の不倫に気がついてしまい、ショックで誰にも話ができず毎日悶々としていました。とある日、母とふたりで買い物へ行ったのですが、私の異変に気付き話を聞き出してくれました。堰き止められていた感情が崩壊し、子どものように泣きじゃくってしまいました。やはり、母親は偉大で私の心の拠り所だと再確認しました」

–言葉は通じないけれど、心は誰よりも通じている(30代・神奈川県・子ども2人)

「仕事で嫌なことがあってモヤモヤしている時や、育児で悩みがある時、夫と喧嘩した時など、ちょっと心が苦しかったり、愚痴りたかったりした時には飼っている犬に話しかけます。もちろん話したところで返事は返ってこないし、解決はしませんが、一生懸命聞いてくれる姿に、明日も頑張ろうとパワーを貰えるんです。独身時代から飼っている犬なので、私の今までの人生も知っているし、私にとってなくてはならない存在です」

–子どもが友達同士だったママ友が、一生の友達になった瞬間(40代・神奈川県・子ども2人)

「幼稚園で子ども同士が仲良くて、徐々にママとも距離が近づいたママ友。毎日顔を合わせるし、帰りも公園で一緒に遊んだりもしましたが、悩みを打ち明けるほどの仲ではありませんでした。しかし、子どもが風邪をこじらせ肺炎で入院をすることになった時、園からのお便りをポストに入れてくれたり、毎日病院へ通う私を気遣ってLINEで励ましの言葉を何回ももらったり、退院後もいろいろサポートしてくれました。それからというもの、彼女との信頼関係は増し、相談や悩みなどはそのママ友を頼るようになりました。今では私の心の支えです」

関連記事:女の友情はもろくて薄い?そう言われる理由と友情を育むためには

–どんなにツラい事があっても、この笑顔のために(40代・東京都・子ども1人)

「この春離婚をしました。子どもの将来のためにと、仕事をさらに増やし、毎日が精一杯、目一杯で暮らしていました。子どももちょうど受験の年で、塾や勉強に頑張っていたので、一緒に頑張ろうねと日々励まし合っていました。そんなある日、誕生日でもなんでもない日に突然、「産んでくれてありがとう」と言われました。そのはにかんだ笑顔が、とっても頼もしく見え、これからどんなツラい事があってもやっていけると思いました。子どもの笑顔は私の心の拠り所です」

心の拠り所を見つけるには?

「心の拠り所は〝 安心と信頼が保証されている存在〟ですので、手っ取り早く見つけるのは難しいかもしれませんが、いくつかのアイデアをご紹介します」 (吉田さん)

<1>家族や身近な人間関係、ペット

「一番身近な拠り所ですが、良好な関係性が必要という条件がつきます。お互いに拠り所になれるように、尊重しあえるといいですね」(吉田さん)

<2>自分が大切にしているもの、こと、場所、時間

「自分にとって揺るぎなく大切に感じられることがあると、心が安定して強くいられるように思います」(吉田さん)

<3>思い出

「恩師の言葉や、亡くなった祖母の優しさ、かつて自分のことを愛してくれた人など思い出は心の拠り所になりやすいと思います。ふと思い出したときに、胸が温まることが拠り所となる思い出ですね」(吉田さん)

関連記事:夫婦で価値観の違いを感じること、3位は衛生面・2位は金銭面・1位は…!?

心の拠り所はまるで充電ステーション!

空っぽになった自分の心を満たしてくれる心の拠り所。そんな存在、場所、思い出があることで、前を向くことができ自分が少し強くなれたような気持ちになるのではないでしょうか。

取材・文/福島孝代

写真/(C)Shutterstock.com

あわせた読みたい
▶︎アラフォーになって「強がり」で後悔したことはない?読者100人と心理カウンセラーに聞いた対処方法を解説
▶︎欲しかったバッグを子どもたちが作ってくれたと思ったら…。素敵すぎる【結婚記念日】エピソード5選

画像ALT

臨床心理士

吉田美智子

東京・青山のカウンセリングルーム「はこにわサロン東京」主宰。自分らく生きる、働く、子育てするを応援中。オンラインや電話でのご相談も受け付けております。
HP
Twitter: @hakoniwasalon

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事