「心の癒し」が欲しいのはどんなとき?日本全国100人にアンケート調査!【心理カウンセラー監修】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.10.14

「心の癒し」が欲しいのはどんなとき?日本全国100人にアンケート調査!【心理カウンセラー監修】

仕事や家事、育児に追われて気がつけば心はカサカサ。今、ワーママたちの中で「心の癒し」を求める人がとてつもない割合でいるんです! 心理カウンセラーに「心の癒し」を求めるメカニズムから、対処法までじっくりお話を聞きました。

Tags:

【質問】心の癒しが欲しいと思う瞬間はありますか?

心の癒しが欲しいと思う瞬間が「よくある人」は32.2%、「たまにある人」は40.5%、「ほとんどない人」は9.9%、「ない人」は17.4%となりました。約7割もの人が「心の癒し」を欲していました。

「よくある」…32.2%
「たまにある」…40.5%
「ほとんどない」…9.9%
「ない」…17.4%

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

【質問】心の癒しが欲しいと思う瞬間はどんなとき?

「仕事」や「家事、育児、仕事で多忙」、「疲れたとき」など、心の癒しが欲しいと思う瞬間は日常的だということが分かりました。

仕事

・仕事後 (30代・宮崎県・子ども1人)
・仕事から帰ってきたとき (30代・東京都・子ども1人)
・仕事が疲れたとき (30代・東京都・子ども1人)
・仕事が忙しかったとき(40代・愛媛県・子ども2人)
・仕事で、精神的にも肉体的にも疲れているとき (30代・東京都・子ども1人)
・仕事でクタクタになったとき (30代・大分県・子ども2人)
・仕事でストレスを感じたとき (40代・埼玉県・子ども2人)
・仕事で嫌な事や悲しい事があったとき (40代・神奈川県・子ども2人)
・仕事がタイトで疲れたとき (30代・徳島県・子ども1人)
・仕事が繁忙期のとき (30代・熊本県・子ども1人)
・大きな仕事を終えたとき (30代・山梨県・子ども2人)
・仕事で理不尽なことがあったとき (40代・福井県・子ども2人)
・仕事で忙しいので、たまには癒しが欲しい (40代・大阪府・子ども2人)
・仕事でクレームがあったとき (40代・愛知県・子ども2人)
・仕事や家事が忙しい時。暑い季節で家事をしているとき (40代・福岡県・子ども3人)
・仕事や子育てなどで嫌なことがあったり、それが続いたとき (40代・千葉県・子ども2人)
・仕事柄、嫌なお客さんが多かったり、職職場の人間関係がよくないとき (40代・宮城県・子ども1人)
・会社の組織が疲れるから (40代・香川県・子ども2人)

「仕事疲れた」は心と身体からの無意識のSOS?疲れパターンごとの対処法

家事、育児、仕事で多忙

・育児で疲れたとき (30代・福岡県・子ども1人)
・子どもが三人いるので、毎日子どもや夫に合わせた生活でバタバタしているから (40代・京都府・子ども3人)
・育児と家事で余裕がない (30代・北海道・子ども1人)
・子育て、家事、仕事でゆっくりする時間がないとき(30代・福岡県・子ども1人)
・育児に疲れたとき (30代・東京都・子ども1人)
・育児や家事ばっかりで、疲れているとき(30代・千葉県・子ども2人)
・育児疲れ (30代・宮城県・子ども2人)
・家事と育児が大変なとき (30代・神奈川県・子ども2人)
・家事と育児で疲れきったとき。落ち込んだとき。 (30代・愛知県・子ども1人)
・家事や育児、仕事で全く自分の時間が取れていないと感じるとき。子どもに怒ってばかりの自分に気がついたとき。時間に追われてばかりで疲れたとき (30代・和歌山県・子ども2人)
・家事や育児と仕事との両立が難しい。とにかくどちらもうまいこといかない。癒しというより肉体的・精神的に癒されたい (40代・愛知県・子ども2人)
・仕事と家事・育児が忙しい時・自分一人の時間が少ないとき (30代・神奈川県・子ども3人)
・仕事と家事と子育てで自分の時間が取れないとき (30代・千葉県・子ども1人)
・仕事と家事と子育てを渡り歩いている感じで、ひと息つく暇がないので、体の力を抜いてホッとした時間が欲しくなる (40代・千葉県・子ども2人)
・仕事と家事にいつも終われているから (30代・岐阜県・子ども2人)
・仕事と家庭で自分の時間がないとき (30代・千葉県・子ども2人)
・仕事と子育てに疲れたとき (30代・東京都・子ども2人)
・家事や仕事に追われる日々 (40代・千葉県・子ども2人)

疲れたとき

・疲れすぎて心がトゲトゲし過ぎているとき(40代・大阪府・子ども3人)
・肉体的に疲れたとき。マッサージに行きたい (40代・栃木県・子ども3人)
・疲れたとき。ほぼ毎日ですが (40代・青森県・子ども2人)
・夫と喧嘩をして疲れたとき (30代・徳島県・子ども3人)
・子どもが寝てくれなく疲れたとき (40代・愛知県・子ども2人)
・心が疲れたとき (40代・広島県・子ども2人)
・疲れの蓄積 (40代・群馬県・子ども1人)
・日々疲れている (40代・福岡県・子ども1人)
・自分の思うように進まず、疲れだけが溜まってるとき (30代・岐阜県・子ども2人)
・疲れているときや、嫌なことがあったとき (40代・兵庫県・子ども2人)
・疲れてるとき。特に生理なのに仕事が終わらなかったとき (30代・岩手県・子ども2人)
・疲れて睡眠もうまく取れないとき (40代・長崎県・子ども2人)
・最近イライラすることが多く、子どもにもつい感情的に怒ってしまうようなとき (40代・東京都・子ども2人)

忙しい

・やることがたくさんあるとき (30代・秋田県・子ども2人)
・To Doリストが山積みで忙しいとき (40代・長野県・子ども2人)
・予定が詰まって忙しいとき、気が重いとき。 仕事が一段落したとき (40代・東京都・子ども1人)
・猫の手も借りたい程忙しいとき (40代・秋田県・子ども3人)
・忙しくて余裕がないときや、寝不足のとき (40代・広島県・子ども2人)

子ども

・子どもと離れたいとき (40代・宮城県・子ども2人)
・子育てに疲れたとき (30代・兵庫県・子ども2人)
・子どもへのストレス (40代・大阪府・子ども2人)
・息子が何やっても泣き止まないとき。仕事が立て込んでいるときは、夜ふとベッドに寝転んだとき癒しを求める (30代・京都府・子ども1人)

働くママは毎日忙しい!仕事と育児を上手に両立する方法とは?

イライラ

・イライラする (40代・新潟県・子ども2人)
・ストレスが多くイライラしてしまうときに、心の癒しが欲しいと思います (40代・福島県・子ども2人)
・経済面。お金が苦しくなったとき (40代・静岡県・子ども2人)
・お金に余裕がないとき (40代・兵庫県・子ども3人)

ひとり

・ひとりで夜中に子どもをあやしてるとき (30代・千葉県・子ども1人)
・ひとりぼっちで寂しいとき (30代・神奈川県・子ども2人)

夫と喧嘩

・夫と喧嘩した後、 一日終わって疲れたとき (30代・東京都・子ども2人)
・子育てでイライラしたときや、夫と喧嘩をしたとき (30代・宮崎県・子ども2人)

「料理は女の仕事」と勘違いする男が超厄介な訳|定年退職した後も妻に料理を任せる気?

時間がない

・時間に追われて仕事をしているとき (40代・大阪府・子ども1人)

ひとりになりたい

・ひとりになりたいとき (40代・東京都・子ども1人)

コロナの影響

・新型コロナウイルスの影響でなかなか出掛けることもできず、家に子どもとふたりでいるときに。旅行に行く予定や、何か楽しみや目標、癒しになるものが欲しいと感じる (30代・千葉県・子ども1人)

虚しい

・虚しくなったとき(40代・東京都・子ども1人)

悪口

・悪口ばっかり言ってるのを聞いてるとき (40代・千葉県・子ども2人)

寂しい

・寂しさを感じたとき (30代・千葉県・子ども1人)

問題が多発

・色々な問題が起こり身動きが取れなくなるとき (40代・東京都・子ども1人)

怒られる

・怒られたとき (40代・神奈川県・子ども2人)

悩む

・人に言えない悩みがあるとき (40代・宮崎県・子ども1人)

【体験談】みんなの心の癒しになっているものを聞いてみよう

心の癒しダントツ1位は「子ども」でした。「ペット」や「音楽」など精神的に癒される人がいる一方、「マッサージ」や「寝る」など身体的に癒しを求める二極化となりました。

子ども

・子ども (30代・宮崎県・子ども1人)
・子どものスポーツ (40代・愛知県・子ども3人)
・子どもの笑顔。自分も笑顔で子どもに接する (30代・福岡県・子ども1人)
・子どもを抱きしめる。早く寝る。 (40代・兵庫県・子ども1人)
・子ども、ペット (30代・岩手県・子ども2人)
・子ども、温泉、旅行 (40代・青森県・子ども2人)
・子どもとのスキンシップ (40代・千葉県・子ども2人)
・子どもとの時間 (30代・栃木県・子ども1人)
・子どもと触れ合う (40代・千葉県・子ども2人)
・子どもと遊ぶ (40代・福井県・子ども2人)
・子供と遊ぶ、おりがみをする (30代・岐阜県・子ども2人)
・息子に抱きつく、ほっぺにキスをする、ムチムチなお尻と太ももをとにかくもみもみする(30代・京都府・子ども1人)
・子どもと真剣に遊んでいるとき (30代・神奈川県・子ども2人)
・子どものふとした行動 (40代・東京都・子ども1人)
・子どものことで悩んだり、怒ったりするが、やはり子どもと一緒の布団で寝ること (30代・神奈川県・子ども3人)
・子どもの存在 (30代・東京都・子ども1人)
・子どもが頑張っている姿 (30代・鹿児島県・子ども2人)
・子どもの笑顔 (30代・兵庫県・子ども2人)
・末っ子の子育てで笑顔が見れた時 (30代・宮崎県・子ども2人)
・全力で子どもと遊ぶ (30代・山梨県・子ども2人)
・子どもの成長 (40代・宮城県・子ども1人)
・疲れるのも癒しになるのも今は子どもの。こんな時だからこそ子どもとたくさん過ごせる時間を大切にしたい (30代・千葉県・子ども1人)
・育児 (30代・東京都・子ども2人)

ペット

・猫との触れ合いや、好きなアーティストの曲を聞く&歌いまくる (40代・千葉県・子ども2人)
・黙って話を聞いてくれるペット (40代・福島県・子ども2人)
・愛猫と遊ぶ (30代・熊本県・子ども1人)
・癒しは愛犬です (40代・大阪府・子ども2人)
・飼っているインコをなでる (40代・広島県・子ども2人)
・我が家の柴犬と遊ぶ (40代・香川県・子ども2人)
・猫を抱っこする (30代・東京都・子ども1人)
・猫を撫でる (30代・福岡県・子ども1人)
・飼ってる猫との触れ合い (40代・大阪府・子ども1人)

好きな芸能人

・好きなアーティストの曲を聞いたり、動画を見たりすること (30代・千葉県・子ども2人)
・好きな歌手の歌を聴いて号泣 (40代・群馬県・子ども1人)
・大好きな芸能人の映像を見ること (30代・大分県・子ども2人)
・好きな有名人のブログを見ること (40代・京都府・子ども3人)
・好きなアーティスト・嵐のDVDを見る (40代・長崎県・子ども2人)

音楽

・クラシック音楽を聴く (40代・福岡県・子ども3人)
・音楽を聴くこと。ドラマを見ること。 (40代・福島県・子ども2人)
・ピアノの演奏を聴く (40代・東京都・子ども1人)
・自分の好きな音楽を聞いて、リラックスしています (40代・兵庫県・子ども2・人)
・ピアノを弾いて無になる (30代・徳島県・子ども3人)

ひとりの時間

・ひとりでお酒を飲む。顔が疲れているとテンションが下がるので、美顔器を当ててお手入れをする(30代・千葉県・子ども1人)
・夜のひとりの時間を楽しむ (30代・北海道・子ども1人)
・ひとり旅に出る (30代・秋田県・子ども2人)
・束の間の一ひとり時間を確保すること。友達など人と話すこと (30代・千葉県・子ども1人)
・運動して汗をかく (30代・神奈川県・子ども2人)

自分と向き合うことで見えてくるものとは?

美味しいものを食べる

・おいしいものを食べる、飲む (40代・愛知県・子ども2人)
・美味しいスイーツをこっそり買って来て食べる (30代・広島県・子ども3人)
・美味しい物を食べること (40代・山口県・子ども3人)
・子どもが寝た後アイスを食べること (30代・東京都・子ども1人)

会話

・お友達との会話 (40代・東京都・子ども2人)
・学生時代の友人と話すこと (40代・兵庫県・子ども3人)
・姪っ子との会話ややり取り (40代・埼玉県・子ども2人)

お茶する

・カフェでゆっくりホットドリンクを飲む(15分以内で!)。あとはとにかく寝る (30代・千葉県・子ども2人)
・美味しいコーヒーとお菓子を食べること (30代・三重県・子ども3人)
・コーヒータイム (30代・宮城県・子ども2人)

お菓子

・お菓子を食べる (30代・大阪府・子ども3人)
・たまの贅沢にスイーツを買い、子どもたちの寝ている間に食べること (30代・和歌山県・子ども2人)

寝る

・寝て回復 (40代・栃木県・子ども3人)
・寝る (40代・埼玉県・子ども2人)

マッサージ

・マッサージにいく。行ければ旅行へ (30代・東京都・子ども2人)
・自分自身でマッサージをする (40代・千葉県・子ども2人)

家族

・家族とのたわいもない話に癒される (30代・滋賀県・子ども5人)
・家族との時間 (40代・秋田県・子ども3人)

好きな動画

・動物の動画を見る。昼寝する。おいしいものを食べる。ネットで趣味のマンガや好きなアイドルのDVDを買う (30代・愛知県・子ども1人)
・地方などの花火大会の動画を見ること (40代・宮崎県・子ども1人)

お風呂

・入浴剤で良い香りで癒される (30代・東京都・子ども1人)
・半身浴やアロマで癒される (40代・東京都・子ども1人)

アロマテラピー

・自分でアロマテラピー (40代・東京都・子ども1人)

好きな画像をみる

・インスタやスマホゲームで、好みの絵やイラスト、風景などを眺める (40代・広島県・子ども2人)

クロスステッチ

・クロスステッチをひたすら刺し続けると、無心になれて、完成する事が達成感につながる (40代・大阪府・子ども3人)

ディズニーランド

・ディズニーランドに行くこと (30代・埼玉県・子ども1人)

ドラマ

・ドラマや音楽やマンガ (30代・徳島県・子ども1人)

ランチ

・ちょっとランチやショッピング (40代・愛媛県・子ども2人)

いい眺めをみる

・遠くの景色が一望できる開けた場所に行くようにしています。視覚から癒やしを得ることができます(30代・東京都・子ども3人)

ゲーム

・乙女ゲー (30代・千葉県・子ども1人)

ぬいぐるみ

・可愛いぬいぐるみと触れ合ったり、楽しいキャンプやバーベキューなど自然の中で癒しを得る (40代・神奈川県・子ども2人)

干し野菜づくり

・干し野菜を作って、美味しくできたときが私の癒し (30代・東京都・子ども2人)

二次創作

・好きなアニメの二次創作(小説を書く)をしています。見るだけじゃつまらない。自分でキャラを動かして、それを作品として仕上げ、周囲の人から感想を貰う (40代・福岡県・子ども2人)

お笑い

・好きなお笑い見て笑う (40代・千葉県・子ども2人)

完璧主義をやめる

・仕事、家事、など、100点を採ろうとしない。 60点で十分よし!とする。 生真面目なので、とにかく手抜きをする努力をする。 食事なら、一品は惣菜を取り入れたり、 インスタントのスープを使うなど、晩ごはんの負担を減らす。 予定などを詰め込みすぎない。 完璧主義をやめる。 普段から心に余裕を持てる余地を残す。 夏でも湯船につかる。 寝る前にお気に入りの本や雑誌を読む。早く寝るようにする。 朝、早く起きてタイムシフトでドラマをみる。 ゆっくり、朝ごはんを食べる。  (40代・兵庫県・子ども3人)

読書

・心静かに読書 (40代・愛知県・子ども2人)

心理カウンセラーが教える!「心の癒し」が欲しくなるメカニズム

「心の癒し」が欲しいと思うのはどうしてなのでしょうか。「気分の研究で第一人者と言われている心理学者・ロバート・セイヤ―は〝24時間の生活リズム、食生活、睡眠時間、健康状態、運動〟といったものが気分に大きく影響していると言っています。わかりやすく解説すると心と身体は一体化しているから、身体が疲れるとイライラするし、集中力が欠けるうえに、気持ちが沈んでいる時には運動して元気を出そうという気持ちにもなれなくなるため、心と身体の崩壊を防ぐために、心の癒しが欲しいと思う様になるのです」と、心理カウンセラー・吉野麻衣子さん。

では癒しが欲しいときにはどう対処するのがベストなのでしょうか。「生活リズムなどが乱れて、心身ともに影響が出て、危険信号という状態が原因ですので、これを解決する事が出来るととても良いです。まず気分を変えていく事も方法のひとつです。ある調査結果によると、運動が一番気分を変えるために効果的だとされています。疲れた時に5分から15分ほど速足で歩くと、逆に元気が回復し、その状態が最高で2時間続くともいいます。一方でよくないのが糖分の多量摂取です。疲れているからといって、甘いものを大量にとると、その直後は気分が回復します。ですが、摂取した後それを消化するため、1~2時間かけてエネルギーが奪われてしまう為、また甘いお菓子が欲しくなり、さらに摂取する。このような悪循環に陥ってしまいます。人と接して気分転換をしたり、歩いたりといった事をしてみましょう」(吉野さん)。

「心の癒し」は精神を保つ上で大切な役割を果たしているのですね。散歩へ出かけるのがベストですが、無理ならばちょっと外の空気を吸うなど気分を変える工夫を取り入れてみるとよさそうですね。

写真/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい
▶︎「仕事疲れた」は心と身体からの無意識のSOS?疲れパターンごとの対処法
▶︎教えて、心療内科医! やる気が出ないのは「コロナ自粛」のせい?【働く女性の質問箱】

画像ALT

心理カウンセラー

吉野麻衣子

「SMART BRIDAL」代表/MBA婚活心理カウンセラー/モデル「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた、科学的根拠(エビデンス)に基づいた、戦略的婚活が可能な結婚相談所を経営。43歳で14歳年下3高男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導した経験と、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、多くの独身男女の婚活を支援中。
▶︎HP
▶︎ブログ(毎日更新中)
▶︎公式LINE

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事