地球に優しいエコなヘアケア製品を使ってみて思ったこと | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2020.12.20

地球に優しいエコなヘアケア製品を使ってみて思ったこと

美容ライターの有田千幸が今注目しているエコなヘアケア商品をご紹介します。

Text:
有田 千幸
Tags:

消費社会の中で私たちができることについて考えてみた

コロナ禍で家にいる時間が長くなったことで、わが家では水道代とゴミの量が急激に増えました。

「生きるって消費すること」、今年はそんなことをしみじみと感じる場面が多くあり、だからこそ自分が使うものと「あらためて向き合う」ということをする期間となりました。自分の力だけではどうしようもできない大きな問題もある一方で、個人レベルでも変えられることだってあるなと思い、使い始めたのがエコなヘアケア製品。

色々試してみた結果、Domaniの読者のみなさんにもぜひおすすめしたいと思った商品を2つご紹介します。

1:リンス不要の2 in 1シャンプーで使う水の量が半分に!

もっふもふの泡立ちに心がほどけるような天然精油の香り、そしてまとまりのよいしっとりとした洗い上がり。そんな理想の3拍子が揃っているのが、このuruotteの「ナチュラルシャンプー」。

エコ ヘアケア

▲uruotte ナチュラルシャンプー ノーブルフラワー (左) 250mL ¥3,000、(右) 詰め替えレフィル 500mL ¥4,500

2005年にリンス不要の2 in 1シャンプーからスタートし、今年15年ぶりにリニューアル。99%植物由来のバランスや皮脂分泌を整えるオーガニックホホバオイルの配合はそのままに、コメ由来のダメージケア成分をプラスしたことで、まとまりのよさやさらさら感がレベルアップ。私の頑固な後頭部のうねりやクセも見事に沈静してくれました。芍薬(しゃくやく)の根などの漢方成分も配合されているので、ハリやコシのある髪の毛をキープしたい大人世代には特におすすめ。

ちなみに、リンスというプロセスをなくすだけで、1人が1日に減らすことができる水と排水の量は12ℓほどなのだとか。その量、年間を通すと約4.4t。水が入った2ℓのペットボトルだと約2,200本分! 大容量サイズの詰め替えパッケージの採用も、ゴミとして廃棄されるプラスチックボトルの削減に大きく貢献しています。

お風呂場にこれ1本あれば赤ちゃんからシニア世代まで家族みんなで使える、見かけも中身も優しいシャンプーです。

2:NZ生まれのシャンプー&コンディショナーは完全プラスチックフリー!

美しい大自然の宝庫 ニュージーランドで誕生したのが、こちらエティークの固形シャンプー&コンディショナー。独自の製法で水を使わず天然由来100%の美容成分のみを固形バーにギュッと凝縮、ボトルやチューブなどのプラスチックパッケージを一切使用していない、人にも地球環境にも優しいヘアケア。シャンプーバーやコンディショナーバーそのものはもちろん、使われる容器もすべて自然に還るという徹底ぶりです。

エコ ヘアケア

▲ エティーク (左) シャンプー バー ピンカリシャス 110g ¥1,980、(右) コンディショナー バー ザ ガーディアン 60g ¥2,100

2019年2月に日本に初上陸し、現在はシャンプーバー7種、コンディショナーバー3種を定番ヘアケアとし、その他期間限定アイテムやボディウォッシュバー、ベビーラインやペット用ラインなどを展開しています。

そして環境に優しいということ以外にこの商品のすごいところは、美容成分の多さ。手のひらサイズのシャンプー バー 110gにはおよそ液体シャンプー (350mL) 3本分の美容液成分が、そしてコンディショナー バーに至っては、なんと60gで液体コンディショナー (350mL) 5本分の美容液成分が凝縮されています。髪の長さや使い方にもよりますが、1本で2〜3か月もつとのこと。ココナッツオイルとカカオバタが髪と頭皮をやさしく洗い上げ、うるおしてくれます。

使い方はとても簡単。お湯のみでていねいに予備洗いした後、乾いた状態の固形バーを直接髪の付け根から毛先につけ4〜5回すべらせます。あとは指先で泡立てながら髪全体になじませるだけ。毛先のダメージなど気になるところがあれば、コンディショナーは2〜3分つけ置きを。状態がひどいところには、洗い流した後にさらにもう一度ササッとつけるのもおすすめです。

実際にエコなヘアケア商品を使って思ったこと

ヘアケア商品のボトルは、年間約800億本廃棄されるそうです。リサイクル率は9%とごくわずか。それ以外のものは約400年かけてごみ処理場で分解されるのを待ちます。つまりほとんどが形を留めたままで放置されているのと同じこと。私たちが毎日使うシャンプーやコンディショナーを液体から固形に変えるだけで、大きな社会問題となりつつあるプラスチックゴミの削減に貢献できます。

「髪がキシキシになってしまうんじゃない?」「値段が高いんじゃない?」など、エコな製品への特有のイメージがある人も多いと思います。私も色々試してみましたが、値段は決して安くはありません。ただ、近ごろのエコ製品は格段に進化していて使い心地がよいものも多く、そして何より地球環境への負荷を減らせるということで、それだけの価値はあるのではないかと思います。これからの時代、地球に優しい商品を使うことも「美しさ」のひとつになるのではないでしょうか。

uruotte
ethique

有田千幸

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事