自由に生きるとは?お金や仕事で自由を手にする方法へのヒント | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2021.01.13

自由に生きるとは?お金や仕事で自由を手にする方法へのヒント

自由に生きる友人や、自由な生活スタイルにあこがれる人は少なくありません。人生を自分らしく生きるためにも、自由の本当の意味や、自由を手にするヒントを学んでみては。お金や仕事に縛られずに幸せに暮らすコツも合わせてご紹介します。

Tags:

【目次】
「自由に生きる」ってどういうこと?
経済的自由とは?
精神的な自由とは?
仕事における自由
自由=幸せとは限らない

「自由に生きる」ってどういうこと?

自由の意味の捉え方や、何から自由になりたいのかは、人によって違います。他人にとって自由な生き方が、あなたにも当てはまるとは限りません。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

あなたにとって自由に生きるとはどのようなことなのか、考えるべきポイントを見ていきましょう。

何から「自由」になりたい?

ほとんどの人は、常に何かに縛られて生きています。例えば下記の事柄に対して、不自由さを感じる人は多いのではないでしょうか。

・時間
・お金
・仕事や学校
・住む場所、働く場所
・家族

仕事や育児が忙しくて自分の時間がない人は、いつでも旅行できたり、好きなだけ寝ていられたりする生活に憧れることも。収入が低くて生活費を切り詰めている人は、条件の良い会社に転職したり副業したりして、お金の自由を手に入れたいと考えるでしょう。

長い通勤時間から解放されるために、住む場所や働き方を変える人もいます。何から自由になりたいのかは人それぞれですから、まずはあなたがどうなりかいのかをはっきりさせる必要があります。

「自由」にもさまざまな捉え方が存在

自由にはさまざまな捉え方が存在するものです。仕事で例えると「忙しくても好きなことを仕事にしたい」「残業がなければどんな仕事でも構わない」「不労所得を得たい」のように、人によって捉え方が変わってきます

はたから見るとバリバリのキャリアウーマンで、自由な人生を謳歌しているように見える人も、本人は「時間がない」「もっと家族と過ごす時間が欲しい」などと、不自由な思いをしているかもしれません。

何から自由になりたいかを決めたら、その中でどのような生き方があなたの理想に当てはまるのかをじっくりと考えてみましょう。

自分の求める自由を明確にしてみよう

自由に生きるということは、自分らしく生きることにつながるのではないでしょうか。ただし「自分らしさ」を決めるのは、他の誰でもなくあなた自身。あなた自身がどのように生きたいのか、求めている自由が分からない状態では、自分らしい生き方を実現するのは困難といえます。

経済的自由を手に入れたい、田舎に引っ越してストレスフリーな生活がしたいなど、自分が求める自由な暮らしをイメージすることで努力すべき方向が定まりやすくなるはずです。

経済的自由とは?

自由に生きるためには、最低限の生活を維持するお金が必要です。自分らしくお金を稼ぎ、自分らしく消費することが経済的自由といえます。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

経済的自由の考え方を2つ見ていきましょう。

たくさん稼ぐ自由

お金をたくさん稼ぐことは、好きな物を我慢しなくてもよい生き方につながります。お金があれば幸せになれるとは限りませんが、欲しい物を手に入れるためにお金を稼ぐことで、自由に生きているという実感を得られるかもしれません。

マイホームを建てるために一生懸命に働くのも自由ですし、稼いだお金で豪勢に遊ぶのも自由な生き方の1つです。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

将来に不安を感じる原因は?不安との上手な付き合い方とは【100人アンケート】

最低限の収入でもゆとりある生活をする自由

一方で、他人がうらやむような収入を得ていても、全く自由を感じられない人もいます。お金を稼ぐことが目的になっていたり、稼いだお金を自分の好きなことに使えなかったりするようでは、経済的自由を手に入れたとはいえません。

生活に困らない最低限の収入でも、ゆとりある生活を送っている人はたくさんいます。衣食住に不足がなく、健康であれば十分と考えるのもその人の自由です。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

「会社を辞めたいと思う瞬間」はある?辞めたいと思った理由1位は…【働く男女1,000人に意識調査】

精神的な自由とは?

自分らしく生きるためには、精神的な自由も必要です。世間の常識や他者の視線など、精神を束縛するものから解き放たれて自由になるコツをご紹介します。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

「いい人」になりすぎない

人は多かれ少なかれ、周囲の視線が気になるもの。もちろん他人に嫌われるよりは、好かれる方が良いと考えることもできるでしょう。しかし周囲の視線を気にするあまりに「いい人」になろうと言動をコントロールしていては、精神的自由は得られません。

常に空気を読んでばかりで自分の意見を言えなかったり、気が合わない人と仕方なく一緒にいたりする毎日は、精神的な抑圧となります。いい人になりすぎず、自分の気持ちに素直になることが精神的自由への近道です。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

ランチや飲み会、職場の人と一緒にいるのが苦手!感じよく断る方法は?【働く女性の質問箱】

ほどほどに生きる

完璧主義は一見自由な生き方に見えますが、いつも100%を目指していると心身ともにつらくなります。「理想通りにできなかった」「周囲の期待に応えられなかった」と自信を失い、精神的に追い込まれてしまうケースもあります。

仕事も育児も完璧にしなければと、何でも頑張りすぎてしまう人は、少しハードルを下げてみましょう。ほどほどに終わらせ「今日はここまでできた」と満足することで、気持ちが楽になります

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

「心の癒し」が欲しいのはどんなとき?日本全国100人にアンケート調査!【心理カウンセラー監修】

他人の評価を気にしすぎない

自由に生きるためには、周囲の評価を気にしたり他人と自分を比べたりしない姿勢が重要です。例えばワーママの場合、職場では上司や同僚の評価が気になり、育児ではママ友や夫、自分の親や義両親の評価が気になってしまうことがあるかもしれません。

「あの人にできることが自分にはできなかった」「子どもの育て方が間違っているかもしれない」などと、他人と比べて気にしていては毎日が不安と悩みの連続になってしまいます。

周りがどう思っていようと、あなたが正しく努力していればきっと大丈夫。他人の評価は参考程度にして、自信を持って過ごしましょう。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

心療内科に聞く!職場での気疲れをどうにかするには?【働く女性の質問箱】

仕事における自由

仕事の自由には大きく分けて2種類の考え方があります。一つは「好きなジャンルの仕事に就く」こと、もう一つは「労働時間を減らして効率的に収入を得る」ことです。

もし「好きなジャンルで効率的に収入を得られる」ようになれば、嫌なことを我慢せずに済む上に、会社に長時間拘束される日々からも解放されます。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

少ない時間で収入を得られるとして人気の方法を4つ見ていきましょう。

投資

投資をすれば、基本的には何もしなくても自動的に収入を得られます。賃貸物件を扱う不動産投資なら家賃収入が入ってきますし、株式投資なら株価上昇や配当金で資産を増やすことができます。投資先の選定次第では、少ない資金で大きな利益を上げることも可能です。

ただし投資にはリスクが付きものです。下調べは入念に行い、もし失敗しても被害が少なく済むように投資する金額の上限を決めておきましょう。また、株式投資の場合、株価の状況が毎日気になって逆にストレスになる可能性もあります。

最初のうちは自分の好きな企業を応援するくらいの、ゆったりとした気持ちで取り組むのがおすすめです。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

株式はどれを選ぶのが正解? 自分の〝ため〟会社の〝ため〟の株式投資入門

ブログ

ブログを書いてアクセス数を増やせば、広告収入を得られます。記事を書く時間が必要ですが、慣れれば2~3時間で書けるので、副業としてブログを運営している人もたくさんいます。

好きなことや得意なことをテーマにしたブログなら、記事を書く作業も苦にならず、長く続けられるでしょう。ブログには同じ趣味を持つ仲間と出会ったり、ライティングの仕事が舞い込んできたりと、広告収入以外の楽しみもあります。

初期費用が安く、ネットに接続できるパソコンがあればどこでも作業ができるのも大きな魅力です。自分が書いた記事が誰かの役に立つと実感でき、さらに収入まで得られる喜びは大きく、自信にもつながるはずです。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

【ディスプレイ】のおすすめ8選を紹介|快適なPCモニターの選び方も

YouTube

YouTubeもブログと同様、情報発信により広告収入を得る手段として人気です。ただし自分のYouTubeチャンネルに広告を貼るには、チャンネル登録者数や再生時間の規定をクリアしなければなりません。収入に結び付けるために、質の高い投稿をこまめに配信してファンを増やす地道な努力が必要です。

一方でYouTubeには毎月チャンネル登録者から一定のお金を徴収できる「スポンサーシップ」機能やグッズの販売機能、「投げ銭」機能などのマネタイズツールがあり、頑張り次第では広告以外の収入も得られます。

軌道に乗せるまでは大変ですが、好きなことを発信するだけで収入になるため、やりがいのある仕事といえます。

ビジネスオーナー

ビジネスオーナーはビジネスの仕組みを構築して、あとは自分が働かなくても他人の時間や労働力を使って収益を上げる働き方です。不動産投資や人気ブログの運営も、ビジネスオーナーに含まれます。

ビジネスオーナーになればプライベートな時間を確保できるので、空いた時間で人脈を広げたり知識を習得したりして、さらに事業を拡大することも可能です。

ビジネスオーナーとして成功するには、ある程度の資金力や知識、情報収集能力が必要です。会社勤めしかしたことがない人にはハードルが高く感じられますが、近年はネットで簡単に情報が入手できるなど、参入しやすい環境が整ってきています。

自由に生きるために、新しい働き方にチャレンジしてみるのも1つの選択肢です。

自由=幸せとは限らない

自由な生活を手に入れたからといって、必ず幸せになれるとは限りません。好きなことや楽なことだけを追求した結果、大切な物を失うこともありえます。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

何のために自由に生きるのかを、改めて考えてみましょう。

好きなことに取り組んでみよう

今よりも自由に生きたいと願うのは、その方が幸せになれると思うからではないでしょうか。お金や仕事が自由になれば、家族とのんびり過ごしたり、おいしい物を食べに行ったりする時間ができます。しかし自由を手に入れるためにつらい思いをするようでは、なかなか幸せを実感できないかもしれません。

例えばブログで、広告収入が高いからと興味のないジャンルの記事を書いても楽しくないばかりか、継続するのがつらくなります。読者を満足させる記事を書けないのでアクセスが増えず、収入も得られません。夜も寝ないで記事を書いた結果アクセスが増えたとしても、体を壊したり家族に寂しい思いをさせたりしては、幸せとは程遠い状態になります。

自由に生きるためには、まずあなたが好きなことや興味があることに取り組むべきではないでしょうか。好きなことを徹底して楽しんでいれば、共感してくれる人が現れ、世界がどんどん広がっていくかもしれません。知識や人脈が増えれば、お金や仕事の自由は後から自然についてくるのです。

好きなことを楽しむことが、本当の意味で「幸せで自由な生活をしている」と言えるでしょう。

自由に生きる

(C)Shutterstock.com

「あなたは仕事が楽しいですか?」100人に聞いた理由と臨床心理士に聞いた仕事のモチベーションUP術を紹介

あわせて読みたい
▶︎既婚女性100人に質問!人生設計で気になる点はある?ファイナンシャルプランナーの解説も紹介
▶︎コロナ禍で楽しいことがないと感じる?本音で110人に聞いた原因と対処法を紹介

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事