混ぜ込んで焼くだけ!簡単ヘルシーなアップルケーキのつくり方 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEレシピ

2021.02.07

混ぜ込んで焼くだけ!簡単ヘルシーなアップルケーキのつくり方

ファッションエディター兼、時々スイーツサロンを主催するライター渡邊和泉がデザートやおやつにはもちろん、朝食にもなるスイーツを紹介する連載。今回はフレッシュなリンゴをざくざくスライスして、たっぷり混ぜ込むだけという誰でも気負わずに作れるレシピを紹介します♪ まだまだ寒い週末の朝、あったかい焼きたてスイーツはいかがですか?

Text:
構成・文/渡邊和泉
Tags:

りんご本来の甘さをそのまま味わえる素朴なケーキ

引き続き、ステイホームが続く週末の朝ご飯におすすめなのが、ボール一つにどんどん混ぜ込むだけで完成するアップルケーキ。フレッシュなリンゴが手に入ったら、スライスして、バターと砂糖を混ぜたところに、小麦粉とリンゴを加えるだけ、という簡単さ。フルーツがたっぷり入っているので、朝食にしても罪悪感がなく子供も大好きな一品です。今回はシナモンがほんのり香って、アップルパイのような味わいもあるレシピを紹介します。

アップルケーキ 材料

りんご(紅玉がおすすめ) 1個
レモン汁  大匙1程度
バター 100g
グラニュー糖 60g
卵 Mサイズ 2個
薄力粉 100g
シナモン 小匙1

▲材料も作り方のシンプル。シナモンやレモンははなければ大丈夫です。絶対失敗しない一品。

つくり方

1:りんごを8等分のくし切りにしてからスライスし、レモン果汁をかけておく

2:常温に置いて柔らかくなったバターに砂糖を加え、ふわふわになるまでホイッパーで混ぜる。常温しておいた卵を少しずつ加える。

32のボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンを合わせてふるっておいた粉類と1のリンゴを加え、さっくりと混ぜ合わせる。

4:お好みの型に入れて、180度に温めておいたオーブンで、カップケーキ型なら15〜20分、パウンドケーキ型なら40分程度焼く。

▲カップケーキ型でもパウンドケーキ型でもOK。ちなみにカップケーキ型なら15分ほどで焼き上がるので、朝食にぱぱっと作れます。

▲中にはスライスされたリンゴが層になっていて、ジューシー。焼きたても美味しいですが、1〜2日経って、しっとりと味が馴染んだ頃もおすすめです。

引き続き、外出外食を控えなくてはいけない今、フルーツの下処理要らずで、どんな型でも焼けるスイーツを、週末の朝ご飯に作ってみて下さい。

こちらの記事もたくさん読まれています

週末はスタバ風スコーンを手作り。ドライカレンツとクルミのスコーン
リピート率NO.1! アップルタルト
おうち時間が長い週末の朝は子供と一緒に手作りブルーベリーマフィン
秋の定番 栗の風味が際立つ、マロンケーキットのタルト
見た目も華やか、ホリデーシーズンにぴったりの洋梨のタルト

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事