Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.25

【100人に聞いた】あなたは親孝行している?体験談からおすすめの方法も紹介

あなたは「親孝行」をしていますか?今回のアンケート調査では、親孝行をしたいと思う瞬間、おすすめの方法についてワーママ100人に聞いてみました。

Tags:

親孝行の意味とは?

親を大切にし、真心をもってよく尽くすこと。また、そのさまや、その人。
(出典:小学館 デジタル大辞泉)

【質問】親孝行をしている割合はどれくらい?

「あなたは親孝行をしていると思いますか?」と質問したところ、最も多かったのは「あまり当てはまらない」で40%という結果でした。続いて「当てはまらない」28.3%と「当てはまる」26.7%がほぼ同じ割合、最も少なかったのは「とても当てはまる」でなんと5%の人しかいませんでした。大きく分けると、約7割の人が「親孝行できていると思わない」と感じていることになります。

親孝行  とは 方法

「よく当てはまる」…5.0%
「当てはまる」…26.7%
「あまり当てはまらない」…40.0%
「当てはまらない」…28.3%

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

親孝行をしたいと思う瞬間とは?

ではどんなときに、「親孝行をしたい」と思うのでしょうか。代表的な回答をピックアップして紹介します。

親孝行  とは 方法

<1>いつも

いつもしたいと思っている (40代・愛知県・子ども2人)
常に (30代・滋賀県・子ども1人)
親が元気なうちに (40代・栃木県・子ども2人)

<2>私たちのことを気にかけてくれる

自分より、私たち子どもを優先にしてくれてると感じるとき (40代・東京都・子ども3人)
自分だけでなく、孫、夫のことをいつも気にかけてくれ、お世話になっているので、常日頃感謝している (30代・東京都・子ども1人)
子どもに対して我が子のように可愛がってくれて、いろんなことを助けてもらっているので日々親孝行したいと思っている (30代・岐阜県・子ども1人)

<3>連絡をとったとき

久々に連絡をとったとき (40代・福岡県・子ども2人)
離れて暮らしていて、こまめに連絡をしているとき (40代・京都府・子ども3人)

<4>困りごとがあるとき

助けてもらったときは、その後いつか恩返したいと思う (30代・東京都・子ども1人)
親が困っているとき (40代・大阪府・子ども2人)

<5>子育て中

子育てが大変なとき。母も私を育てるのにきっと大変だったのだろうと思う (40代・神奈川県・子ども1人)
子どもが産まれて感謝の気持ちがより膨らんだ (40代・兵庫県・子ども1人)

<6>年齢を感じたとき

親が年をとったなと思ったとき (40代・山梨県・子ども1人)
親が年老いたな、と思うとき (40代・神奈川県・子ども1人)

<7>イベント

記念日やイベントごと (40代・栃木県・子ども1人)
親の誕生日や記念日、帰省したタイミング、敬老の日 (30代・神奈川県・子ども2人)

親孝行におすすめの方法とは?

親孝行と一口に言っても、具体的にはどのようなことをしたらよいのでしょうか。寄せられた意見を紹介します。

親孝行  とは 方法

旅行

三世代での旅行 (30代・埼玉県・子ども1人)
ゆっくりどこかに旅行したい (40代・岡山県・子ども1人)
旅行をプレゼント(40代・千葉県・子ども3人)
行きたい場所に連れて行ってあげる (40代・福岡県・子ども2人)
一緒に旅行したり、おいしいものを食べる (30代・岩手県・子ども1人)
旅行や温泉などに一緒に行く (30代・長野県・子ども1人)

孫に会わせる

孫との時間をたくさんつくる (30代・愛知県・子ども2人)
孫の顔を見せる (30代・東京都・子ども1人)
実家が近いということもあり、大好きな孫に頻繁に会わせるようにしている (30代・鳥取県・子ども2人)

適度に連絡

離れて暮らしているので、なるべくこまめに連絡をする (40代・京都府・子ども3人)
頻繁に連絡している (30代・愛知県・子ども1人)
話をする時間をもっとつくる (40代・千葉県・子ども2人)
頻繁に連絡し、困りごとがないか確認する (30代・愛知県・子ども1人)
連絡を常に取り合い、何かあったらすぐに駆けつける (30代・福岡県・子ども1人)

顔を見せにいく

こまめに帰省する (40代・愛知県・子ども1人)
近くに住んで気軽に会える環境をつくり、こまめに連絡して話し相手になる (30代・愛知県・子ども2人)
顔を見せにいく (30代・静岡県・子ども2人)
なんでもないことを話し合い、自然体で一緒にいること (40代・東京都・子ども3人)
そばに住むようにしたこと。毎日顔を出すようにしている (40代・青森県・子ども1人)
親が元気なうちに、たくさん会いに行って、一緒に過ごせる時間を大事にしたいと思う (30代・東京都・子ども2人)

元気に過ごす

元気で過ごすこと (40代・東京都・子ども2人)
自分と子どもが幸せでいること (30代・北海道・子ども2人)
一番は自分が健康にまっとうに生きていること (40代・東京都・子ども1人)
自立して生活していること。健康でいる今がすでに親孝行だと思っている (40代・栃木県・子ども2人)

食事

たまに電話したり、食事に連れて行ったりする (30代・大阪府・子ども2人)
高級食材をプレゼント (30代・京都府・子ども1人)

プレゼント

贈り物をする (30代・静岡県・子ども1人)
手紙を書く (30代・神奈川県・子ども1人)
誕生日や母の日にプレゼントする (30代・兵庫県・子ども1人)

穏やかな生活のサポート

日常的に親が生活の上で不便なことをできるだけアシストする (40代・青森県・子ども1人)
経済的な辛さを感じさせないこと。孤独を感じさせないこと (40代・東京都・子ども2人)

感謝

ありがとうを伝える (30代・和歌山県・子ども3人)
定期的に感謝、御礼をする (30代・東京都・子ども1人)

金銭的な援助

仕送りする (40代・富山県・子ども1人)
資金的な援助 (40代・東京都・子ども2人)

老後

老後の生活を楽しめるようにサポートしていきたい (40代・栃木県・子ども1人)
老後一緒に住む (30代・岐阜県・子ども2人)

感謝の気持ちが一番大切

約7割の人が「親孝行できていない」と答えたアンケート結果を見ると、自身の「親孝行」に対して過小評価している傾向にあるのかもしれません。頻繁に連絡する、顔を見せるなど、自分が元気に暮らしている姿を見せることも立派な「親孝行」の一つです。もっと形に表したい、という場合は、旅行や食事などを一緒に楽しむのも。一番大事なのは“親に感謝している”という気持ちです。どんな方法であれ、喜んでもらいたい・楽しんでほしいという思いは必ず伝わります。

こちらの記事もたくさん読まれています

親孝行してますか?時間がなくても気持ちを伝えられる親孝行の仕方とは
実家暮らしを事情は人それぞれ|親と暮らすメリット・デメリット

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事