目を大きく見せるメイクテクニックまとめ|目力をアップさせる重要なポイントとは? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2021.03.22

目を大きく見せるメイクテクニックまとめ|目力をアップさせる重要なポイントとは?

「目が小さい」「一重や奥二重がコンプレックス」「年々目元がぼやけてきた」など、目に悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。そんな女性のために、今回は目を大きく見せるためのメイクテクニックをまとめました!アイシャドウやアイライナー、マスカラを駆使して、大きく目力のある目元を演出しましょう!

Tags:

【目次】
目を大きく見せる「アイシャドウ」テクニック
目を大きく見せる「アイライナー」テクニック
目を大きく見せる「マスカラ」テクニック
「一重」や「奥二重」が目を大きく見せるためのメイクは?

目を大きく見せる「アイシャドウ」テクニック

縦グラデ塗りで立体感をつける

目力をグッと上げたい場合は、多色アイシャドウを使って縦グラデ塗りを!

縦グラデ塗りで立体感をつける
まぶたの丸みをより強調するような塗り方をすれば、自然に目力を強めることができます。

縦グラデ塗りで立体感をつける
まずはアイホールにチップで中間色をオン。次に締め色を上まぶたのキワに細く入れます。仕上げにライトカラーを、アイホール中央の丸みと目頭側のくぼみ、さらにアイホールの目尻側に重ねて立体感を出しましょう。

下まぶたにも色をのせる

アイシャドウは上まぶただけでなく、下まぶたのキワにもしっかり色をのせることで、強さのある眼差しに!レッドブラウンカラーで目の周りをぐるりと囲んで、インパクトをつけて。

下まぶたにも色をのせる
上まぶたのキワは、目を開けたときに見えるところまで。下まぶたは涙袋より少し狭い範囲に、細いラインのように入れましょう。上下とも、自分に似合うボリュームを見極めることが大切です。

目を大きく見せる「アイライナー」テクニック

二重さんは点打ちラインに

二重さんは点打ちラインに
しっかり目力がある二重さんは、アイライナーをしっかり入れてしまうと舞台メイクのように濃くなってしまう可能性が…。目力をキープしつつナチュラルで自然なデカ目を演出するために、点打ちラインをマスターしましょう!

二重さんは点打ちラインに
上まぶたを軽く抑えたら、まつげの隙間をつつくように目頭から目尻までアイラインを点打ちしていきましょう!

黒目の上部のみラインを引けば目が丸く

黒目の上部のみラインを引けば目が丸く
目元に丸みがほしい人は、黒目の上部分のみアイライナーを太めに重ねることで、目が縦に大きく丸く見えます。

黒目の上部のみラインを引けば目が丸く
アイラインを全体に引いた後、黒目の上に太めにラインを重ねて。

目を大きく見せる「マスカラ」テクニック

まずはビューラーでまつげをカール

まずはビューラーでまつげをカール
(C)Shutterstock.com

自然なカールを作るコツは、根元・中央・毛先とビューラーを当てる位置をずらしていくこと。根元をしっかり立ち上げることを意識すれば、くるんとしたまつげを長持ちさせることができます。

まずはビューラーでまつげをカール
まつげが下向きに生えていてすぐに下がってしまうという人は、ホットビューラーの使用がおすすめです。熱の力を借りることで、長時間カールをキープしやすくなるはずです。

マスカラは隙間なく塗る

マスカラは隙間なく塗る
まつげは目元の中で唯一自分で自在に形を変えられるパーツです。まつげをカールさせた後は、隙間なくきっちりとマスカラを塗りましょう。

マスカラは隙間なく塗る
マスカラは目頭と目尻から。外側に押し広げるように塗っていきます。

マスカラは隙間なく塗る
続けて全体を塗っていきます。まつげの根元にブラシを当て、そのまま毛先に抜きましょう。ジグザグさせずに、サッサッと塗ることで、毛先が細く繊細な仕上がりになります。

マスカラは隙間なく塗る
下まつげは液を足さずに、ブラシの先で軽く触れる程度につけるだけでOK!

「一重」や「奥二重」が目を大きく見せるためのメイクは?

下まぶたとセットで色を入れる

下まぶたとセットで色を入れる
一重さんや奥二重さんは、アイシャドウを上まぶたに幅広に、同じ色を下まぶたにもセットでのせることで、目を大きく見せることが可能に!

下まぶたとセットで色を入れる
ピンクのアイシャドウを思い切ってアイホール全体に入れたら、少し濃いめのスモーキーピンクを上の目のキワに、さらに下まぶたにもチップで細く入れて際立たせましょう。

アイライナーは二刀流

アイライナーは二刀流
目元がぼやけがちな一重や奥二重さんには、強さを取り戻してくれるアイラインは必須!ただし、黒々と太く入れると目元から浮き清潔感がなくなってしまいます。かと言ってブラウンだけだと物足りない…。そこで黒とブラウンの2本使いがおすすめなんです!

アイライナーは二刀流
まずは黒のリキッドライナーを使って、上まつげの下側から生え際をごく細く埋めていきます。多少がたついてもOK!

アイライナーは二刀流
次にブラウンのジェルアイライナーを上まぶたの際中央に当て、目頭ギリギリまで細くラインを描きます。中央から目尻へも同様に描いて。

アイライナーは二刀流
最後は上まぶた中央から目尻へ、ブラウンのラインを重ね描きし、少し太さを出しましょう。最後のまつげから5mmほど外側に延長して長さを出すとGOOD!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事