アイメイクの順番の正解は?ビューラーはいつ?仕上がりを左右するアイメイク手順を解説! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTYメイク

2020.06.02

アイメイクの順番の正解は?ビューラーはいつ?仕上がりを左右するアイメイク手順を解説!

アイメイクの順番、オリジナルでやっている人も多いかもしれませんが、順番を意識するだけで、仕上がりに大きな差ができるかもしれません。そこで今回は、おすすめのアイメイク手順をまとめました。いつもなんとなくメイクしている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

Tags:

【目次】
キレイな仕上がりのアイメイクは順番が大事!
アイシャドウベースで肌を整える
アイシャドウをまぶたにのせる
アイライナーはビューラーでまつげを上げてから
最後にマスカラでまつげメイク

キレイな仕上がりのアイメイクは順番が大事!

アイメイクの基本的な順番

アイメイクの順番に絶対的な決まりはありませんが、一般的には以下のメイク手順がおすすめだと言われています。

1.アイシャドウベース
2.アイシャドウ
3.ビューラー
4.アイライナー
5.マスカラ

アイライナーを先に引いてしまってからビューラーをすると、せっかく引いたアイライナーが取れてしまう原因になるため、このような順番が推奨されているのかもしれません。

アイシャドウベースで肌を整える

ベースを塗ることで崩れを最小限に

ベースを塗ることで崩れを最小限に
アイシャドウベースはアイシャドウをのせる土台を作ってくれるアイテム。まぶたのシワや表面の凸凹をなめらかに整え、発色を高めてくれる効果も期待できます。

ベースを塗ることで崩れを最小限に
アイシャドウを直接肌にのせる前に、指先に少量取り手元で一度ならしてまぶたにのせていきましょう。目頭から目尻に向かって指先でまぶたを少し引っ張るようにしてのばし、下まぶたのちりめんジワが気になる部分にも、外側から内側に向かってシワを埋めるような気持ちでなじませて。

ヨレず長持ち!手持ちのアイシャドーがグッと使いやすくなる裏技アイテム

アイシャドウをまぶたにのせる

リキッドシャドウは指でのせる

リキッドシャドウは指でのせる
リキッドやクリームなどテクスチャーが液体に近いアイシャドウは、指でトントンとなじませて。伸ばさずに、置くようつけるのが発色をよくするコツ。

リキッドシャドウは指でのせる
下まぶたにはチップを使って目尻から2/3までの幅に細く入れて。下にも色をのせることで目の丸みが強調され、やわらかい印象になります。

黒澤奈緒さん(官公庁 秘書・35歳)の悩み「アイメークをすると舞台メークっぽくなるんです」

パウダーアイシャドウはブラシを使って

パウダーアイシャドウはブラシを使って
パウダーアイシャドウはブラシを使ってまぶたにオン。パレットタイプでカラーをいくつかのせるときは、ブラシを使い分けると便利です。アイホールの広い範囲にのせるときはブラシでオン。二重幅に色を重ねて強調するときや、目のキワをブラウンで引き締めるときなどは、チップが◎。

パウダーアイシャドウはブラシを使って

寒い季節、40代がほっこり愛され女子になれるアイメークは!?

目力を強めるなら縦グラデ塗り

多くの人は、アイシャドウパレットのアイカラーをまぶた全体に、中間色をアイホールに、締め色を二重幅に、という塗り方をしていると思いますが、目力が弱まった大人の目元には、「縦グラデ塗り」がおすすめ。

目力を強めるなら縦グラデ塗り
中間色と締め色の入れ方は変えずに、ライトカラーをアイホールの中央と目頭、目尻に細かく入れるだけ。チップに中間色をとったらアイホールに入れ、締め色を上まぶたの際に細く入れます。最後にライトカラーをチップにとったら、アイホール中央の丸みと目頭側のくぼみ、アイホールの目尻側に重ねて。

目力を強めるなら縦グラデ塗り

40代が3割増美人!若いコには真似して欲しくないアイシャドーのオキテって?

一重や奥二重さんは下まぶたにも入れる

一重や奥二重さんは下まぶたにも入れる
腫れぼったくなりやすい一重や奥二重さんは、アイシャドウを幅広に入れること、下まぶたにもセットで色をのせることで、目を大きく見せることが可能。クリアな発色の赤みカラーなら、目力もしっかりアップします。ピンクを思い切ってアイホール全体に入れたら、スモーキーピンクを上の目のキワにチップでオン。最後は同じカラーを下まぶたに細く入れて際立たせて。

一重や奥二重さんは下まぶたにも入れる

メーカー勤務38歳・水島美和さんが赤みアイシャドーに挑戦します!

アイライナーはビューラーでまつげを上げてから

まつげの間を埋めるように入れる

まつげの間を埋めるように入れる
アイライナーは、まつげをビューラーで上げてから、まつげの間を線でつなぐようにしてオン。目頭までしっかり入れると、ラインが主張しすぎるので、黒目の内側~目頭は抜くのがポイント。これだけでさりげなく目のフレームを際立たせることができて、好バランス!

まつげの間を埋めるように入れる

5ステップで完成!好感度の高い聡明な大人顔【ポイントメーク】

最後にマスカラでまつげメイク

マスカラのブラシ根元を曲げると塗りやすい

マスカラのブラシ根元を曲げると塗りやすい
アイライナーを引いたら、最後はマスカラを。ブラシは根元を折れない程度に曲げておきましょう。

マスカラのブラシ根元を曲げると塗りやすい
上まつげ中央の根元にブラシを差し込んだら毛先へ動かしていきます。目頭側、目尻側も同様にして根元からしっかりつけて。

マスカラのブラシ根元を曲げると塗りやすい
目尻と目頭はブラシを縦にしてつけ、しっかり強調して。

マスカラのブラシ根元を曲げると塗りやすい

目力出しすぎると逆に老け見え【アラフォーメイクのやってはいけない】

コームでとかせば繊細な仕上がりに

コームでとかせば繊細な仕上がりに
マスカラを塗ったら、最後はコームでとかして。こうしてダマをなくすことで、繊細な仕上がりが叶います。

20代と30代。ヘアメークはどこをどう変えたら正解?

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事