仕事ができる人は「真摯に受け止める」を効果的に使う! 意味・例文・類語もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.03.01

仕事ができる人は「真摯に受け止める」を効果的に使う! 意味・例文・類語もご紹介

謝罪や反省の気持ちを表す時によく耳にする、「真摯に受け止める」という言葉。キャリアを積み重ねると、上司の立場で謝罪の場に臨むこともあるでしょう。ここでは仕事に役立つ「真摯に受け止める」の効果的な使い方を解説します。

Tags:

【目次】
「真摯に受け止める」の意味や読み方とは?
使い方は? 例文でチェック
類語にはどのようなものがある?
「真摯に向き合う」「真摯に対応」の使い方

「真摯に受け止める」の意味や読み方とは?

真摯に受け止める

(C)Shutterstock.com

読み方と意味

「真摯」は「しんし」と読みます。「真(しん)」は、うそや偽りのないことを意味する馴染みのある漢字です。一方「摯(し)」は、つかむ、手厚い、まじめなという意味の他、人に会う時に贈る品物という意味も持ち合わせます。

同じような意味を持つ2つの漢字で成り立つ「真摯」は、まじめで熱心なこと、ひたむきなことを意味します。

このように「真摯」は本来ポジティブな意味を持つ言葉です。「真摯に受け止める」を謝罪で効果的に使いこなせたら、ビジネスの場でもスムーズな関係を築けるでしょう。

ビジネスで使う時の注意点

政治家や大企業のトップなど、立場のある方が首を垂れる謝罪会見。「真」「摯」、それぞれの漢字の持つ意味は誠実さを表すものなのに、時に政治家が口にする「遺憾の意を表する」と同じように逃げ口上に感じられることがあるのはなぜでしょう? そのような印象を与えてしまう理由、それは「真摯に受け止める」が口先だけだと感じられる場合です。

ビジネスシーンで使う場合は「真摯に受け止めた後」が大切です。その場限りの謝罪の言葉だけではなく、謝罪後の対応を必ず考えておきましょう。言葉とともに行動を伴う誠実さを相手に示し、信用されることが何よりも重要です。

使い方は? 例文でチェック

実際に「真摯に受け止める」がビジネスの場でどのように使われるかを見ていきましょう。自分の職場や立場、想定されるシーンに置き換えて状況を想像してみると、より一層理解が深まります。

真摯に受け止める

(C)Shutterstock.com

1:「ご指摘の件に関しては真摯に受け止め改善に向けて取り組みます」

こちらは、一般的な謝罪とともに使えるフレーズです。起こったことを真剣に受け止めつつ、前向きに将来に向けての意欲も表しています。

部下に代わって上司の立場としてクライアントに謝罪する場合にも使えますので、イメージトレーニングしておくと役立つでしょう。言葉だけではなく同時に改善策の検討、時にはその期日も必要とされます。

2:「評価を真摯に受け止め満足いただけるサービスを目指します」

ミスを起こしたわけではなくても、自社の商品がユーザーに満足してもらえないことも多々あります。例えば口コミサイトではさまざまなお客様の言葉が並び、中には商品に満足していないことを伝える内容もあるでしょう。

このような場合には、上記の「評価を真摯に受け止め満足いただけるサービスを目指します」というフレーズが使えます。

具体的な改善や期日をはっきり伝えることができなくても、誠意をもってお客様の声を受け止めるという態度が示せます。

3:「問題を真摯に受け止め、再発防止に取り組みます」

こちらは、事故があった場合や、事故に繋がるような出来事が起こった場合によく耳にするフレーズです。例えば空港で起きた重大インシデントや、建築現場の事故などが想定できるでしょう。

将来の意欲とともに、問題発生の原因の解明も必要となります。

類語にはどのようなものがある?

ここまで「真摯に受け止める」について解説しましたが、同じように使われる言葉もご紹介しましょう。

1:厳粛に受け止める

「厳粛」はまじめで厳しいさま、真剣なさまという意味です。「真摯に受け止める」とほぼ同じように使うことができます。

企業や政治家の謝罪会見で、「今回のことを厳粛に受け止め、一層気を引き締めてまいります」というフレーズはよく耳にする決まり文句です。

2:事態を重く受け止める

「事態」は物事の状態、成り行きという意味です。「事態を重く受け止める」という言葉は、物事の状況を重大なことだと考えているということになります。

例えば、企業による個人情報の流出などでトップが謝罪をする場合に、「事態を重く受け止め、再発防止に努めたい」というフレーズが使えます。

3:自責の念を覚える

「自責の念を覚える」という言葉は真剣に向き合う気持ちに加えて、自分で自分の過ちを責めるニュアンス、後悔のニュアンスも含まれます。

よく耳にする「自責の念に苛まれる」というのは、「自分のしてしまったミスに苦しめられる(後悔させられる)」という意味です。

「真摯に向き合う」「真摯に対応」の使い方

「真摯に受け止める」の他に、「真摯に向き合う」「真摯に対応」という言葉もビジネスシーンでよく使われます。ここまでで解説した「真摯」の意味を理解していれば、応用するのは難しくありません。

真摯に受け止める

(C)Shutterstock.com

「真摯に向き合う」の使い方

「真摯に向き合う」は、「相手の立場に立って真剣に話を聞くこと」、「まじめに取り組むこと」を意味します。

例文:「ご不便をおかけしたお客様に真摯に向き合い、今後の対応を考えたい」

「真摯に対応」の使い方

「真摯に対応」も「真摯に向き合う」と同じで、真剣に取り組むことを意味します。向き合うよりも踏み込んだニュアンスがあります。

例文:「彼がクレームに真摯に対応する姿は、顧客にも好印象だ」

最後に

謝罪の場で使える「真摯に受け止める」というフレーズ。使い方をマスターすれば、相手に真剣で誠実な気持ちが伝わり、トラブル後であっても信頼関係の再構築に役立ちます。

真摯に受け止める

(C)Shutterstock.com

使う際にはむやみに多用せず、謝罪後の具体的な対応策も用意してスマートに使いこなせるようにしたいものです。

こちらの記事もたくさん読まれています

気遣いができる人の特徴とは。周りへの思いやりを忘れないで
仕事ができる人はここが違う!考え方と習慣次第であなたもできる人に

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事