「おっとり」の意味は性格やしぐさが落ち着いている様、意味や使い方などをご紹介! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.07.09

「おっとり」の正しい意味は? おっとりしている人の特徴も紹介

「おっとり」とは、落ち着いた性格でこせこせしていない様子を表す言葉です。基本的にポジティブな意味で使われます。今回は「おっとり」について、詳しい意味や類義語や対義語、英語表現や「おっとり刀」の意味をご紹介します。 また、おっとりした人の特徴についても解説するので「短気な性格が気になる」「おっとりして落ち着きある人になりたい」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tags:

【目次】
 ・「おっとり」とは、性格やしぐさが落ち着いている様
 ・おっとりしている人の特徴
 ・「おっとり」の3つの類義語
 ・「おっとり」の3つの対義語
 ・「おっとり」の4つの英語表現
 ・「おっとり刀」は飛んで行くように早く行くこと
 ・「おっとり」はポジティブな意味で使う言葉

「おっとり」とは、性格やしぐさが落ち着いている様

「おっとり」とは、しぐさや性格などが落ち着いていてこせこせとしていない気持ちに余裕がある状態や、緊張感がなくゆったりとしている様を指します。こせこせとは、細かいことにこだわってゆとりや落ち着きのない様のことです。

おっとり

「おっとり」は緊迫感がなく、ゆったりしている様から「悠長」「気長」「呑気」「のんびり」「のほほん」といった類語があります。「おっとり」は「大様」「悠長」と同じように使われており、ポジティブな意味で使用されることが多い言葉です。

例えば、おっとりと構える、おっとりした性格のように使います。日差しなどが、暖かく穏やかに感じられる様にも「おっとり」を使って表現することが可能ですが、日常生活では人の性格などに対して使用する機会が多い言葉だといえるでしょう。

おっとりした性格の人は細かいことを気にしないため、小さいことにはこだわらない人が多く、優しく素直で温厚な性格の持ち主に対し、以下のように「おっとり」という言葉が使われます。

<例>
・彼女はおっとりしていて同僚から好かれている
・弟はおっとりしているので兄弟喧嘩をすることは殆どなかった
・あなたのおっとりした性格が好きです
・今年の新入社員は、マイペースでおっとりしている人が多い
・祖母は裕福な家庭で育てられたので、年を重ねてもいつもおっとりしていて優しい人だった

漢字の表記としては「押っ取り」もありますが、この漢字を当てはめた場合は意味が変わります。「押っ取り」は急いで手に取る、勢いよくつかみ取るという意味で、押すと取るが合わさった言葉です。

おったまげる、おっぱじめるの「おっ(押っ)」のように、動詞について意味を強める「押し」の音変化なのです。そのため同じ読み方でも「おっとり」と「押っ取り」は正反対の意味合いになります。

おっとりしている人の特徴

おっとりしている人は常にゆったりと構えているため、感情の起伏があまりない、話し方がゆったりとしている、気遣いが上手、表裏がない、マイペースで飲んびりしているなどの特徴があります。

おっとり

つまり、せかせか急いだりすることは少なく、落ち着いている人が多いということです。細かいことにこだわったりしない、素直な人が多いことも特徴として挙げられるでしょう。特徴について詳しくご紹介します。

■感情の起伏があまりなく、穏やか

おっとりしている人は感情の起伏が少なく、穏やかな人が多い傾向があります。怒りのままにまくしたてたりせず、怒るときにも控えめです。いつも落ち着いているため穏やかな印象の人が多く、感情に任せて騒いだり、怒ったりすることはほとんどありません。

■ゆっくりとしゃべる

おっとりしている人は落ち着いた性格なので、話し方もゆっくりな人が多いです。また、言葉遣いや所作もていねいです。物腰も柔らかく、柔らかい口調でゆっくりしたテンポで話をします。人の話を聞くことも上手い人が多く、話を遮ったり、自分の話題に切り替えたりすることはなく、相手の話を穏やかに聞いています。

■気遣いがうまい

おっとりしている人は周りをよく見ている思慮深いタイプが多いです。しっかりと考えてから行動することも特徴でしょう。思いやりが深く気遣い上手なので、困っていそうな人に言葉をかけたり、疲れたときにちょっとした差し入れをしたりしてくれます。

■裏表がない

裏表がなく、思いやりの深い人が多いこともおっとりしている人の特徴として挙げられます。素直で思いやりがあり、優しい人が多いのでしょう。

他人を受け入れられる許容力も持ち合わせているだけでなく、他人に固執したり、競争心を持つこともありません。芯が強く周りや他人の影響も受けないため、人によって態度を変えるようなことはせず、自分のペースで過ごしています。

■マイペースでのんびりしている

おっとりとした人はせかせかと急いだりせずに、自分のペースをキープしながらのんびり過ごしています。仕事が忙しいときでもペースが乱れることはありません。常にニコニコしているため、周りの人は一緒にいるだけで和みます。

こせこせしないことから動作もゆったりで、のんびりしている人が多いです。競争心もあまりなく、必要以上に他人と比べたりしません。何事も自分のペースでこなしたいと思っています。競争するよりも、自分のペースで頑張れる環境を好む人が多いといえるでしょう。

しかし、おっとりしているがゆえの悪い特徴もあります。おっとりしている人は、何かあると周りが助けてくれる事が多く、自分で解決するという機会が少ないため依存心が強い人も多いのです。

また、おっとりしている人はマイペースなため、周りから要領が悪い人だと思われてしまうこともあるでしょう。競争心が低いせいか、ひとつの事を極めるといった持続性が必要とされることも苦手です。

自分のペースで行動するということは、周りのペースに合わせるのは苦手ということでもあり、時間の管理がうまくできないタイプも多いといえます。

「おっとり」の3つの類義語

「おっとり」にの類義語には、「鷹揚」「悠然」「おおらか」が挙げられます。それぞれの意味を詳しく見てみましょう。

おっとり

1. 鷹揚(おうよう)

鷹揚とは、心に余裕があり、小さなことにはこだわらない様を表す言葉で、一般的に褒め言葉として使われます。「鷹揚な人」や「鷹揚な態度」などに使われる言葉です。

鷹揚の語源は、中国最古の詩集「詩経」にあります。鷹揚は、鷹がゆったりと空を飛ぶ様子を意味する「鷹が飛揚する」を略した言葉です。ゆったりと飛んでいるさまから「心に余裕があるさま」に転じ、そのような性格や様子を表す言葉になりました。以下のような使い方をします。

・先代の女将は、八方美人で、誰にでもニコニコと鷹揚に構えていた
・彼は、不測の事態が起きても、そんなこともあるだろうと鷹揚な態度をとれる人間だ
・のどかな土地柄からか、この地域の人々は鷹揚な人が多い

2. 悠然

悠々と落ち着いていて、ゆったりしている様を表した言葉が「悠然」です。似ている言葉に「泰然」が挙げられますが、こちらは「物事に動じない」という点が協調されています。よりゆったりした雰囲気が悠然、堂々とした様子が泰然と覚えておきましょう。以下に使い方をご紹介します。

・彼は、試験やレポートがどんなに忙しくても悠然としている
・彼女はいつも冷静で、周囲が大騒ぎしていても悠然としている
・悠然と日本国旗が翻る

3. おおらか

「おおらか」は、人柄や心がゆったりとしていて、細かいことは気にしない様子を指す言葉です。基本的には「心が広い」、「優しい」という意味で、褒め言葉として使われます。

しかし、時には物事を深くまで考えないことに対し、皮肉として使われることもあります。「おおらか」がポジティブな意味で使われているのか、皮肉として使われているのかは、前後の文脈から読み取りましょう。使い方は以下の通りです。

・父は、おおらかであるが、厳しさも持ち合わせていた
・彼女はおおらかで多少のことは気にしない
・妹はおおらかだが、優柔不断でおっちょこちょいな所がある

「おっとり」の3つの対義語

「おっとり」の対義語としては、「せせこましい」「短気」「せっかち」の3つが挙げられます。それぞれ「おっとり」の対義語という点では共通していますが、細かいニュアンスは異なります。それぞれの詳しい意味を見てみましょう。

おっとり

1. せせこましい

「せせこましい」とは、心にゆとりがなく、焦っていたり、こせこせしていたりする様を意味する表現です。また、物理的に狭くて余地がない様子や、狭苦しい場所を表現する際にも使われます。

「せせこましい」が心理的なことを意味するのか、物理的なことを意味するかは、前後の文脈で判断しましょう。以下に例文をご紹介します。

・彼の演技はどこかせせこましい
・気持ちがせせこましくなりなり、あてもなく歩いた
・壁には複数の写真がせせこましく、無秩序に飾られていた

2. 短気

「短気」とは我慢ができず、すぐに怒ったりいらいらしたりする様を表します。おっとりした人は情緒が安定して落ち着いており、感情的に怒ることはしないため、短気な人とはまさに真逆の性格といえるでしょう。
短気の例文をご紹介しましょう。

・兄は短気な性格で、度々誰とでもケンカをしていた
・私は、短気を起こしたために試合に負けてしまった
・彼は、どんな状況でも短気を起こすことなく落ち着いている

3. せっかち

先を急いで、先を急いで落ち着きがない様の「せっかち」も、おっとりの対義語として挙げられます。ゆったりと構えて細かいことは気にしないおっとりした人とは、まさに正反対の性格が「せっかち」です。

せっかちな人は、「頭の回転が早い」「仕事や決断が早い」という長所があります。しかし、「短気」や「心配性」といった短所もあるため、せっかちな人はいかに自分自身の性格を理解して、余裕を持つことの大切さを知るかが肝といえるでしょう。以下のような使い方をします。

・彼は、自他ともに認めるせっかちな性格で、仕事のスピードがかなり速い
・父は無駄なことが嫌いで、合理的な生活を好むせっかちな人間だ
・彼女は短気かつせっかちな性格で、とにかくじっとしていられない

「おっとり」の4つの英語表現

おっとりを英語で表現する時は「generous」「calm」「gentle」「composed」などを使います。それぞれ意味や使い方を解説します。

おっとり

1. generous

generousは「鷹揚な」「寛容な」「気が大きい」という意味です。以下のような使い方をします。

He is generous to his friends.(彼は友人に対して寛大だ)
He has a generous soul.(彼は寛大な心を持っている)
a generous and kindhearted teacher(寛大で心の優しい教師)

2. calm

calmは「冷静」「 落ち着いて」「和やか」という意味です。以下のような使い方をします。

My heart is calm, these days.(最近の私の心は穏やかです)
He is always calm.(彼はいつも冷静です)
I calm her down.(私は彼女を落ち着かせる)

3. gentle

gentleは「穏やかな」「優しい」「温厚」という意味を持ちます。以下のような使い方をします。

She has a gentle personality.(彼女の性格は温厚です)
She is gentle.(彼女は優しい)
a kind and gentle face(優しく穏やかな顔つき)

4. composed

composedは「落ち着いた」「作曲」「静穏」という意味を持ちます。以下のような使い方をします。

the state of being composed and tranquil(落ち着いてのんびりしている様)
a composed expression(落ち着きはらった顔つき)

「おっとり刀」は飛んで行くように早く行くこと

「おっとり刀(おっとりがたな)」とは、急な用事ができたときに取るべき物を取らずに急いで行くことを表します。刀を持つ時代に誕生した言葉で、その時代に必要だった刀を腰に差す暇もないまま刀を勢いよく手に取り、刀を手に持ったままで急いで駆けつける様子を「おっとり刀」という言葉で表したといわれています。

おっとり

刀を持つことが許された侍や武士は、刀を扱うときは右利きで握るよう教わっていました。敵意を示さない相手に対して自分も敵意がないことを示すために利き手ではない方に刀を置く作法があり、利き手の反対側の左の腰に刀を差して持ち歩いていたのです。

しかし、急な用事ができて急いでいる際に、利き手と反対の左側に置かれた刀を腰に差すことが煩わしく手に握ったまま急いで出先へ向かっていたことから「おっとり刀」という言葉が生まれたとされています。

おっとり刀を漢字で書くと「押っ取り刀」で、「押す」と「取る」と「刀」を合わせた形です。性格やしぐさがこせこせせず、落ち着いている「おっとり」とは正反対の意味を持ちます。

現代では、刀を腰に差して持ち歩くことはできませんが、急ぐ気持ちから必要な物を持って行くのを忘れる、急ぐあまり必要な物を持たずに飛んでいくように早く行くという意味で「おっとり刀」が使われることがあります。

「おっとり刀」は、「おっとり刀で駆けつける」のよう使われるのが一般的です。「おっとり刀」のみでも急いでいる様子を表現することができますが、そこに駆けつけるを加えることで、取るべきものも取らずに飛んでいくように早く行く様を表すことができます。

「おっとり」という表現から、温厚さやゆっくり落ち着いていたといったイメージが連想されますが、「おっとり刀」の表すおっとりは逆の意味となりますので間違えないように注意しましょう。

「おっとり」はポジティブな意味で使う言葉

「おっとり」とは、しぐさや性格などが落ち着いてこせこせしない様を表す言葉です。「おっとり」の意味や特徴を知ると穏やかな人柄に安心感が持てて魅力を感じられますよね。

おっとり

おっとりしている人は、細かいことは気にしません。穏やかで優しく、素直な性格の持ち主に対し「おっとり」という表現が使われます。

マイペースやのんびりといった印象もありますが「おっとり」はポジティブな意味で使用される事がほとんどです。基本的にはネガティブな意味合いで「おっとり」という言葉が使われることはあまりありません。

おっとりとした人は男女問わず周りから可愛がられるといった特徴があります。特におっとりとした女性は、気持ちや仕草が穏やかで癒されるというイメージから男性から好まれやすい傾向が強いでしょう。

「おっとり」という言葉は男女問わず使える言葉ですが、女性に使用される場合は「女性らしい」という意味も含まれるポジティブな誉め言葉ともいえます。自分がせっかちな性格だなと思っている人は、穏やかな人柄の「おっとり」の部分を目指してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もたくさん読まれています

おとなしい人の特徴や心理|仕事や恋愛の場でおとなしい人が周囲から好かれる理由
【温厚】【温厚篤実】の正しい意味は? 類語、対義語、特徴的な性格までご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事