思慮分別がある人は計画的に行動ができる人!思慮分別の意味や類義語なども解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.09.18

〝思慮分別がある人〟の特徴は?類義語や対義語も紹介

思慮分別がある人は、物事を慎重に考えて計的に行動できる人です。思慮分別のあるふるまいを心がけたいものの、どんなことを心がけるべきかわからない方もいるかもしれません。そこで、思慮分別がある人になる方法、思慮分別の意味や類義語などを解説します。

Tags:

【目次】
思慮分別とは物事を慎重に考え判断すること
思慮分別の類義語や対義語をご紹介
思慮分別がある人の3つの特徴
思慮分別がある人になる3つの方法
思考する習慣をつけて思慮分別のある人になろう

思慮分別とは物事を慎重に考え判断すること

思慮分別とは、物事を慎重に考えて判断することです。また、物事の道理や是非などをよく考えて、正しく判断することでもあります。冷静に、理性ある判断を下すという意味もあり、落ち着いたふるまいといえるでしょう。

ちなみに読み方は、「しりょふんべつ」です。「ぶんべつ」と読むと「種類別に分ける」という意味になるので、気を付けてください。それでは、思慮分別の意味、例文などをご紹介します。

■思慮分別の意味を解説

まず、思慮分別を「思慮」と「分別」に分けて、言葉の意味を解説します。「思慮」は「慎注意深く物事を考える」、そして「分別」は「物事の道理や是非、善悪などを判断すること、わきまえること」という意味です。

つまり「思慮分別」とは、「物事の道理や是非、善悪をよく考えてから正しく判断する」「理性ある判断を下す」という意味になります。また、「思慮分別」には、相手を慮(おもんばか)るという意味も含まれています。

つまり、「思慮分別のある人」とは、相手に気を遣う発言・行動ができるため、軽率なふるまいしない人と言えるでしょう。さらに、慎重に計画を立てて行動するため、ミスも最低限。その結果、職場の人から信頼され、一目置かれる存在になるのです。

■思慮分別を使った例文をご紹介

「思慮分別」を使った例文を以下にご紹介します。

・あの人は思慮分別がある人だから、何も心配することはない
・彼は思慮分別のある行動ができる人だ
・こんな軽率な行動するとは、あの人は思慮分別がない

思慮分別は、ポジティブな場合でもネガティブな場合でも使われています。ご紹介した例文を参考にして、その時の状況に合わせて正しく使えるようになりましょう。

思慮分別の類義語や対義語をご紹介

「思慮分別」の類義語や対義語には、以下のようなものが挙げられます。

思慮 分別

<類義語>
・思慮深い・熟慮断行
<対義語>
・思慮浅い・思慮に欠ける・揣摩臆測(しまおくそく)

類義語には若干ニュアンスが異なるものあるため、それぞれの言葉を正しく理解した上で、使い分けられるようになりましょう。対義語は「思慮」を中心にご紹介します。

<思慮分別の類義語>  

思慮分別の類義語である「思慮深い」は、「物事を注意深く考えて判断することができる」という意味で、ポジティブな意味合いで使われます。「思いやりがある」という意味で誤用されているケースがあるので、正しい使い方を心がけましょう。

「熟慮断行」も思慮分別の類義語です。「十分に考えた上で、思い切って実行に移すこと」という意味があります。

<思慮分別の対義語>

思慮分別の対義語として、「浅慮(せんりょ)」が挙げられます。この熟語自体が「浅はかな考え」という意味をもっているため、「浅慮な考え」という使い方をすると意味が重複してしまいます。誤って使わないようにしましょう。

「思慮に欠ける」も、「軽率な行動をすること」を表わす思慮分別の対義語です。 「揣摩臆測(しまおくそく)」は、他人の気持ちをいい加減に推し量ること」という意味をもつ思慮分別の対義語です。

「推し量る」は、「根拠がないのに自分勝手に判断し推し量る」というネガティブな意味で使われています。

思慮分別がある人の3つの特徴

思慮分別がある人は、以下の3つの特徴を持っているため、周囲の人からも信頼されることが多いです。

思慮 分別

1.計画的に行動する
2.冷静で穏やかである
3.人間関係を丁寧に築いている

ビジネスシーンでは、思慮分別があるふるまいが求められます。まずは思慮分別がある人がどんな人なのか特徴を理解しておきましょう。それでは、特徴を1つずつご紹介します。

1. 計画的に行動する

思慮分別がある人は、計画的に行動しています。そのため、失言することや後悔することはほとんどありません。まずはしっかりと考えて、それから行動するという習慣が身についているのです。

仕事においても、うっかり間違いや見落としといったケアレスミスも少ないため、日頃の仕事もスムーズに進められる人が多いでしょう。

2. 冷静で穏やかである

冷静で穏やかなのも、思慮分別がある人の特徴です。たとえアクシデントがあっても動じることなく、冷静に問題に対処します。

感情的になることもなく、話し合うときも冷静です。 仕事で部下のミスを指摘するときも、感情的に怒鳴ることはありません。ミスの原因や今後の課題などを冷静に伝えられるため、スマートにコミュニケーションできます。

3. 人間関係を丁寧に築いている

思慮分別がある人は、人との関わりを疎かにしません。人の話にしっかりと耳を傾けるので、相手の考えを理解した上で自分の意見を述べて、良質なコミュニケーションを取ろうとします。

また、人と広く浅く付き合うことは好みませんが、自分が理解し合えると思った人とは深く付き合います。人間関係を丁寧に築くため、信頼し合える友人がいることが多いでしょう。

思慮分別がある人になる3つの方法

思慮分別がある人を目指すならば、3つの方法を実践することをおすすめします。

思慮 分別

1.人との交流や読書で視野を広げる
2.ひとつのことをとことん追求する
3.思考する癖をつける

どれも1日や2日で急に身につくものではないので、ひとりの時間を充実させ、じっくりと物事に取り組む時間を増やしてみてください。それでは、1つずつ解説します。

1. 人との交流や読書で視野を広げる  

1つめは、人との交流や読書で視野を広げることです。思慮分別のある人は、語彙や知識が豊富な人が多く、表現力も豊かなため、自分の考えや想いをきちんと伝えられます。

思慮分別のある人に少しでも近づくためにも、色々な人との交流を深めたり、さまざまなジャンルの書籍を読んでみましょう。色々な世界や価値観があることを知ることが、視野を広げることにも繋がります。

2. ひとつのことをとことん追求する

2つめは、ひとつのことをとことん追求することです。色々なことを同時に追求するのでなく、1つのことに絞るのが大切です。 自分なりの答えを見出し、物事を完全に理解できるまでは投げ出さないことを心がけましょう。

1つのことをとことん追求して、考え抜くということは、思慮分別のある人になるためには欠かせない要素です。

3. 思考する癖をつける

3つめは、考える癖をつけることです。些細なことであっても、そのまま受け流すのでなく、いったん立ち止まって「どうしてこうなるのだろう」と考えてみてください。 論理的に物事を捉え、思考することを繰り返すと、思考力が高まります。

その結果、目の前の出来事に、原因と結果を結びつける因果関係を見出せるようになるでしょう。

思考する習慣をつけて思慮分別のある人になろう

思慮 分別

思慮分別がある人になるには、日頃から思考する習慣をつけることが大切です。あらゆることに対して、「なぜそうなるのか」と考えるようにしましょう。

不測の事態もシミュレーションした上で、物事を計画的に考え行動できるようになると、どんな状況でも臆することなく対処できるようになります。場所問わず、周囲の人から信頼される、思慮分別がある人を目指しましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

【思慮深い女性】ってどんな人のこと?性格の特徴や長所と短所
頭の回転を速くするための新習慣|どうすれば頭が冴える人になれる?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事