【お目通し】ってどう使うのが正解?意味や使い方・類語をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.07.31

【お目通し】ってどう使うのが正解?意味や使い方・類語をご紹介

【お目通し】とは、文書を見てもらいたい時などによく使う言葉です。ただ、使い方を誤ると失礼に当たることも。今回はビジネスシーンで使いたい「お目通し」の意味や正しい使い方、類語をご紹介します。

Tags:

【目次】
「お目通し」の意味や読み⽅とは?
使い⽅を例⽂でチェック
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
使う際の注意点は?
最後に

「お目通し」という言葉を聞いたことはありますか?文書を見てもらいたい時などによく使う言葉です。すこし固い表現なので、対面よりもメールやビジネス文書で使われることが多いですね。「お目通し」を上手に使うと、上司や取引先とのやりとりが、よりスムーズになる効果も!ぜひ、正しい使い方をマスターしましょう。

「お目通し」の意味や読み⽅とは?

「お目通し」は<おめとおし>と読みます。意味は「書類などを一通り(さっと)見ること」です。目を通す人は、細部の確認はしません。「目通し」に「お」がついた敬語なので、上司や目上の人、取引先などの行為に対して使う言葉です。

使い⽅を例⽂でチェック

それでは、早速、「お目通し」の使い方を例文でチェックしましょう。

お目通し

1:お目通しください

上司や目上の人に書類に目を通してもらいたい時に使います。社内で懇意にしている直属の上司や目上の人には、「お目通しください」とそのまま使用しても失礼には当たりません。しかし、社外の人には「お目通しくださいますよう、よろしくお願いいたします」などと丁寧な表現にした方がベターです。

例文:報告書をまとめました。お目通しください

2:お目通しいただく

自分がへりくだる「いただく」という謙譲語を用いることで、「お目通しください」よりも、相手に敬意を感じさせます。疑問形にして「お目通しいただけますでしょうか?」「お目通しいただけましたでしょうか?」などと、やさしい印象で確認することもできます。

例文:お忙しい中、お目通しいただきありがとうございます。

3:お目通しいただきたく存じます

「存じます」と、へりくだる言い回しをすることで、さらに丁寧に「見てほしいと思っている」ことを相手に伝えられます。「存じます」は「思う」の謙譲語の「存ずる」に丁寧語の「ます」を加えた敬語表現です。ビジネスシーンでは覚えておくと役に立つ言葉です。

例文:お手すきの際にお目通しいただきたく存じます。

4:お目通しいただければ幸いです

「お目通しいただく」の後に、「幸いです」「助かります」などの言葉を重ねると、やわらかい表現になります。「幸いに存じます」や「幸甚に存じます」を用いると、さらに丁寧です。「できればで、かまいません」という含みがあるので、「明日までに必ず目を通してほしい」時は、この言い方では目を通してもらえない可能性があるのでご注意を。

例文:報告書をまとめましたので、お目通しいただければ幸いです。

5:お目通し願います

「願います」は敬語表現ですが、「お目通しいただく」と比べるとカジュアルな印象を与えます。人によっては、「失礼」と誤解される恐れがあるので、「よろしくお願いいたします」「お願い申し上げます」など、より丁寧な表現に言い換えると良いでしょう。

例文:提出書類にお目通しのほど、よろしくお願いいたします。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

「お目通し」の言い換え表現も一緒に覚えておきましょう。

お目通し

1:「ご一読」

「ご一読」は<ごいちどく>と読みます。意味は「一通り読むこと」です。
「とりあえず全部を読む」意味が含まれるので、ある程度は読んでもらいたい場合はこの言葉を使うといいでしょう。

ただし、短時間で「さっと読む」ニュアンスは「お目通し」と同じなので、熟読してほしい時は避けた方がいいです。

例文: 会議資料を送付させていただきましたので、ご一読ください。

2:「ご査収」

「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。「ご査収」の意味は、「よく調べたうえで受け取ること」です。書類の受け渡しが多いビジネスシーンでは、特に目にすることが多いですね。

「全体的にさらっと目を通す」という意味の「お目通し」とは違って、「ご査収ください」と書かれている文書は、「よく調べて受け取る」ことが期待されています。

例文:請求書を同封いたしましたのでご査収ください。

3:「ご高覧」

「ご高覧」は<ごこうらん>と読みます。「ご高覧」は、相手の「見る」という行為に対して使う尊敬語で、「広く全体を見る」という意味です。

目上の人に対して使う言葉で、主にメールや、ビジネス文書、フォーマルな場面で使用されます。美術の作品展や展示会の案内状を送る際にもよく用いられます。

例文:新商品のカタログが完成致しましたので、ご高覧いただければ幸いです。

使う際の注意点は?

「お目通し」という言葉を使うときには、気をつけなければならないこともあります。3つのポイントについてご紹介しますので、心に留めておいてください。

お目通し

1:重要事項の確認で、「お目通し」を使ってはいけない

ビジネスシーンにおける「お目通し」は、「全体をおおまかにさっと確認する」というニュアンスです。熟読、精読されることはありません。重要事項の確認や報告には適していません。書類の内容をしっかり確認してもらいたい時には、「ご査収」を使いましょう。

2:自分に対してや、命令する場面では使えない

「お目通し」は、その行為を行う人を敬い、「相手をたてる」敬語表現です。目上の人、上司や取引先に対して使いますが、自分の行為に対しては使えません。また、「お目通ししなさい」などの命令形での使い方もできません。

3:時に「失礼」と誤解される「お目通しください」

「お目通しください」は、文法としては正しい表現ですが、人によっては威圧感があり「失礼」と受け取られます。誤解を避けるには「ください」を「お願いいたします」や「いただきたく存じます」など、さらに丁寧な表現に言い換えるとよいでしょう。

最後に

「お目通し」について、理解していただけたでしょうか? 一見、メールやビジネス文書上の形式的な表現に思えますが、日々の言葉の積み重ねが、あなたと上司や取引先との関係性にもよい影響を与えるかもしれません。

尊敬を込めた美しい言葉を自在に使えるようになると、仕事や日常生活がスムーズに進むきっかけになるかもしれません。これまで使ったことがなかった人も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

こちらの記事もたくさん読まれています
【ご覧ください】は使い方に要注意!敬語表現や正しい使い方、類語をご紹介
【拝借する】ってどんな時に使う?意味・例文・類語・注意点も併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事