更年期症状を和らげてくれる特効薬ってありますか? 【人には聞けない婦人科系お悩み】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2021.09.10

更年期症状を和らげてくれる特効薬ってありますか? 【人には聞けない婦人科系お悩み】

母親の経験を聞き、更年期症状を想像するだけでも腰が引けてしまうという相談者。更年期の辛い症状を、現代の医学の力で緩和させることはできるのでしょうか?婦人科医にお話をうかがいました。

更年期症状に効く薬があるって本当?

【お悩み】
最近、母から更年期の辛さを聞きました。母の場合は、じっと耐え、過ぎ去るのを待つだけだったと話していましたが、医療が進んだ今、何か特効薬のようなものはあるのでしょうか?(40代・福島県・子ども3人)

「母の話だと、イライラやホットフラッシュが酷かったようですが、私も含めそのとき母が辛かったことを理解していませんでした。今となって話を聞くと、病気ではないし自分がただただ耐えるだけだったと言います。私にはそんな強さも度胸もなく、薬などでパッと更年期前の生活が取り戻せたりしないのでしょうか」

日常生活に支障をきたすほどの更年期症状には「ホルモン補充療法」

医療法人大美会・南 真実子先生に「ホルモン補充療法」についてお話を伺いました。

「更年期症状はエストロゲンの低下により引き起こされる症状です。ですので、女性ホルモンであるエストロゲンの低下に伴う症状の緩和や疾患の予防・治療のため、エストロゲン製剤を投与することを【ホルモン補充療法】と言います」

メリット

ホルモン補充療法では、血管運動神経症状であるホットフラッシュを緩和することができます。冬でもダラダラ汗をかいて日常生活に支障をきたす場合は、ホルモン補充療法を検討しても良いでしょう。また、更年期の抑うつ症状や不眠などの睡眠障害、性交痛、頻尿、関節痛も改善します。

エストロゲンは骨代謝や糖・脂質代謝にも関わっており、ホルモン補充療法により骨折予防効果や糖・脂質代謝改善効果も期待されます」

デメリット

「一方で、ホルモン補充療法には副作用もあります。一般的な副作用としては、不正出血や乳房痛、むくみ、おりものの増加などです。エストロゲン依存性の疾患である子宮体癌や乳癌のリスクが上昇する可能性も指摘されており、事前に子宮体癌や乳癌検診を必ず行ってから治療を開始します。

また、重篤な副作用として深部静脈血栓症があります。症状が無いことも多いので、超音波や採血など定期的な検査をされることをおすすめします。そして、子宮筋腫などで子宮を摘出されている方には、エストロゲンのみを投与しますが、子宮を有する方には、子宮体癌の発症を予防するため、黄体ホルモン製剤も併せて使用します」

治療法はどんな形で行われる?

「エストロゲン製剤には経口薬や経皮薬があります。肝機能障害などの副作用軽減のため経皮剤を使用することが多いのですが、一方で皮膚のかぶれを起こすことがあります。薬剤の選択や投与方法は、年齢や目的、ライフスタイルによって使い分けるため、婦人科専門医にご相談下さい」

サプリや食事療法以外にも、更年期症状に適切な治療法があることを知っておくと少し前向きな気持ちになれます。ただ恐れるのではなく、正しい情報を自分で得てその時に備えられるといいですね。

取材・文/福島孝代

あわせて読みたい
▶︎更年期きっかけで出始める6つの症状とは?【人には聞けない婦人科系のお悩み】
▶︎生理の乱れ…これって更年期が始まってる証拠!?【人には聞きづらい婦人科系のお悩み】

大阪美容クリニック理事長

南 真実子

祖父や父が産婦人科医であったことから、自身も大阪医科大学医学部卒業後、初期研修を経て大阪医科大学産婦人科教室に入局。主に、腹腔鏡手術、不妊治療、周産期治療などに従事し、産婦人科専門医を取得。検診業務にも従事し、マンモグラフィー読影認定医を取得。女性がいつまでも健康で美しく輝いていられるよう、更なる高みを目指して、美容医療、アンチエイジング医療を行う。大手美容クリニックで活躍後、2017年大阪美容クリニックを開院。婦人科・美容皮膚科を通じて、女性をトータルにサポートできるよう診療を行っている。
HP
インスタグラム

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事