Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 挨拶・マナー

2023.11.12

【恐縮】の正しい使い方とは?ビジネスシーンでの注意点や英語表現を徹底解説

 

光栄

「光栄」は「名誉であること」「はえあること」「ほまれ」といった意味があります。つまり、「人に褒められたり、認められたりして名誉に思うこと」が「光栄」です。

誰かに褒められたり感謝された時に、身が縮むと謙遜したい場合は「恐縮です」を使い、誰かに褒められたり、大役を任せられたり、評価された場合は「光栄です」というように使い分けることができます。

恐れ多い

感謝を伝える時には「恐れ多いことでございます」という言い回しをすることで、ありがたいことであるという意味と「恐縮」という意味を含みます。

英語表現とは?

恐縮

「恐縮」を英語ではなんと表現するのでしょうか。ビジネスシーンで役立つ機会があるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。

I appreciate it.

この使い方は、感謝の意味で使われます。appresiateとは「感謝する」という意味の動詞です。

If you don’t mind

これは、何かを依頼するときの表現です。「よろしければ…」という、とても丁寧な言い回しです。「If you don’t mind」の後には依頼の内容が続きます。

If it is okay for you

要求したいことの前に「If it is okay for you」を付けることで、良好な関係を保ったまま相手にお願いすることが出来ます。日本語に訳すと「もしあなたが大丈夫な場合は…」という意味です。

最後に

今回は、「恐縮」の意味や使う際の注意点、類語などを紹介しました。「恐縮」はとても便利で使い勝手の良い言葉ですが、使うタイミングや回数には注意が必要な言葉です。正しく使って相手に良い印象をもってもらいたいですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!