Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.03

同窓会に行かない人は意外と多い?行かない理由や上手な断り方を紹介

同窓会に行かない人は意外と多く、当初予定していた全員がそろうことの方が珍しいものです。しかし、前向きではないけれど、どうしても断り切れず参加している人もいるでしょう。同窓会に参加しない理由や、上手な断り方のポイントを紹介します。

同窓会には行く派?行かない派?

大人数のもの、3〜4人で行うもの、オンラインと、同窓会の形はさまざまですが、同窓会を楽しみにしている人もいれば、そうでない人もいます。参加したくないのに何となく出席しなければいけない空気になっていて、悩んでいる人もいるはず。行かない派の人は、どのくらいいるのでしょうか。

同窓会 行かない 理由

(C)Shutterstock.com

行かない派は意外と多い

年齢を重ねるにつれ、同窓会へ行かない人は増える傾向が見られます。仕事や育児で忙しく時間を取れない場合や、過去よりも「現在の人付き合い」を大切にしたい場合もあるでしょう。

絶対に参加しなければならないというルールはないため、たとえ同窓会に参加しない理由がなかったとしても、特別魅力を感じられない場合にはさまざまな口実を作って断ることもできます。現代ではSNSで同級生の動向を知れることもあり、同窓会へ行っても新しい刺激がないと感じる人は、不参加を選択しています。

同窓会に行かない人の理由とは?

同窓会に絶対に参加するという人もいる一方で、参加しない人もいます。中には、近場やオンラインで開催されても、一度も顔を出したことがないという人もいるでしょう。

「同窓会が楽しみで仕方がない」という人は、参加しない人の気持ちをうまく理解できないかもしれません。どのような理由で参加しない人が多いのか、見ていきましょう。

同窓会 行かない 理由

(C)Shutterstock.com

自信がない

同窓会に参加すると、どうしても「近況」を話す機会があります。久しぶりに会ったもの同士が顔を合わせれば、近況を尋ねない方が不自然という見方もできます。今の自分に自信が持てない場合は、人に自分の話をしたくないと感じる人もいるのです。

周囲の同級生が結婚して子どもがいる場合、独身の人は自分と比較して寂しくなることもありますし、仕事でうまくいっていない人は、成功している友人をうらやましいと感じて、その場にいることが苦痛に感じる場合があります。

外見上、学生時代よりも太ったなどの変化がある場合も、昔の自分と比べて自信が持てないと感じてしまう一因になります。時間がたてば状況や外見が変わることは、よくあることです。

本来、それほど気にしなくてもよいはずですが、今の自分に劣等感があり比較されるのではないかと考えてしまう人は、同窓会で周囲にどう思われるかが気になりやすく、参加するのが嫌になりやすいのでしょう。

面倒に感じてしまう

仕事や趣味などが充実している場合は、同窓会に時間を割くメリットを感じられず、面倒だと感じてしまうことも。長年、会っていない友人と何を話したらよいか分からず、気を遣い合うことが億劫だと思う人もいるでしょう。

学生時代の人付き合いの仕方は、さまざまです。学校外の友達と仲良くすることが多かったり、大人になってから築いた友達との方が仲が良かったりする場合もあります。同級生が多い場合には、全ての人と等しく仲が良かったということは少ないでしょう。中には、あまり喋ったことがなく、印象に残っていない人もいるはずです。

“印象に残っていない人々”と会って話すことを、面倒だと思うケースは少なくありません。同じクラスの中で、特に親しい友達がいなかった人にとっては、わざわざ会いたいと思えないこともあります。

会いたくない人がいる

学生時代に学校になじめなかった人や、人間関係でつらい思いをしていた人もいるでしょう。学生時代に苦手意識を抱いていた友人に、時間が経ってからまた会いたいと思う人は少数派のはずです。当時の嫌な記憶をよみがえらせたいと思う人は、まずいません。同窓会で顔を合わせたくない人がいる場合は、行かないことを選択するのは自然なことです。

ケンカ別れした人がいる場合も、顔を合わせるのをためらうことがあります。同級生と結婚したものの夫婦生活がうまくいっていない場合や、離婚した場合なども、顔を合わせるのが気まずいと感じて行きたくなくなるでしょう。

他にもこんな意見が

同窓会に行かない人の多くが、同級生との再会に対しネガティブな感情を抱いていますが、他にも行きたくなくなる理由はあります。どんな意見が多いのか見ていきましょう。

同窓会 行かない 理由

(C)Shutterstock.com

以前参加してつまらなかった

年齢が若い人の場合は、初めて同窓会に参加するというケースもありますが、年齢を重ねると、同窓会を何度も経験するようになります。最初のうちは新鮮さを感じても、回を重ねるにつれて参加する意味を見出せなくなってくることがあります。以前、同窓会に参加して面白くなかった場合には、2回目以降の参加をためらう人は意外と多いのです。

同窓会に楽しい思い出がある人は2回目以降も積極的に参加しますが、つまらなかった経験があると、時間やお金を無駄にすることだと参加に消極的になります。

また、久しぶりに同窓生に会って自信をなくしたり、落ち込むことを避け、学生時代を「美しい思い出にしておきたい」という理由で参加しない選択をする場合もあります。

親しい人とは普段会える

卒業して時間が経っていたとしても、仲が良い人とだけは連絡を取り合っている人は多いでしょう。「学生時代に仲が良かった友人たちと頻繁に会っている」場合は、あえて同窓会に参加する意義を感じられないという人もいます。

当時は接点が少なかったものの、久しぶりに会話すると意外な共通点や発見がある人もいるかもしれませんが、その期待よりも参加したくない気持ちが勝れば、現状のままでよいという判断になるのです。

部活やサークル活動などで、同じ学年ではない人や違うクラスの人との付き合いが多かった場合も、仲良くしていた人々に会えるわけではないので、意味がないと感じるでしょう。

地元が遠くなった

対面での同窓会は、通っていた学校の近くで行われることが一般的です。地元を離れて遠くに住んでいる場合、地元に戻ること自体が面倒に感じます。行きたい気持ちがあったとしても、引越して地元から遠くに離れてしまうと、交通費がかさむことを理由に参加を辞退する人もいるのです。金銭的な事情がある場合には、無理に来いとはいえません。

「滅多に会えないからこそ会いたい」と考える人もいるので、遠いからといって一概に参加しないとも限りませんが、会場との距離がどれくらい離れているかにもよります。飛行機や船に乗らなければいけない場合には、旅費はかさみます。現在の住所が遠くであればあるほど、同窓会に参加しない人の割合は増えるのが実情です。

参加すると想定されるデメリット

同窓会に参加すべきかどうか悩んでいる場合、あらかじめデメリットを知っておくと覚悟が決められるかもしれません。参加すると、どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

同窓会 行かない 理由 デメリット

(C)Shutterstock.com

勝手にマウンティングされる

同窓会に参加しないことを選ぶ人たちの中には、マウンティングされることに嫌気が差している人も。マウンティングは「自分が相手よりも優位な立場であること」を、誇示する行為のことです。全ての人があてはまるわけではありませんが、中には、勝ち組・負け組などを、自分の勝手なイメージで判断し、どちらが優れているかを決めたがる人もいます。

人の幸福は本人がどう感じているかによって決められることで、他人が勝手に判断できることではありません。自分がされなかったとしても、マウンティングしている人を見て嫌な気持ちになることがあります。

同窓会では、必ずしもありのままに自分の状況を報告する必要はありませんが、変に濁したり隠したりすると勘繰られることも少なくなく、居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

「マウンティング女子」はなぜ生まれたの?その特徴や付き合い方をご紹介|Domani

酒癖が悪い人がいて困る

同窓会の席に、お酒は付き物です。懐かしい話に盛り上がり、ついつい「深酒」をしてしまう人も。同窓会自体が嫌いではなくても、お酒を飲む集まりが嫌いな場合は、メリットを感じられないことが大半です。特に対面の同窓会では、自分が介抱する側になったり、一方的に迷惑をかけられたりすることを想定し、億劫に感じる人は多いはずです。

しつこく絡まれたり、負の感情をぶつけられたりして、面白くない気持ちになる人もいるでしょう。酒癖が悪い人たちに囲まれるデメリットを超える魅力がなければ、行かないことを選んでも不思議はありません。

同窓会に参加するメリットもある

同窓会に参加することは、決して悪いことばかりではありません。よい部分にも目を向けてみると、参加する意義が見つかるかもしれません。同窓会に参加するメリットを見ていきましょう。

同窓会 行かない 理由 デメリット 行くべき

(C)Shutterstock.com

懐かしい友達に会うチャンス

同窓会は、会う機会がなくなってしまった懐かしい友達に会うチャンスです。「再会したい」と思える人がいるのであれば、同窓会に参加することで得られるメリットは大きいといえます。

近況が気になっている友達や、連絡先を交換せずに悔いが残っている友達などに会える可能性は高いです。会って話しているうちに当時の懐かしい思い出がよみがえり、学生時代に戻ったような気持ちになれます。

就職や進学で地元を離れ、卒業後の交流をしたくてもできなかったというケースでは、同窓会が良い機会になって、友達関係の再スタートにも期待できるでしょう。

新しい視点で交流できる

学生時代は若さゆえ、特定の同級生としか付き合いを楽しめなかったという人もいるでしょう。「もっと、色々な人と交流しておけばよかった」と後悔しているなら、同窓会に行くメリットがあります。

社会人として経験を積むことで、視野が広がる人は少なくありません。当時は気が合わないと思っていた友達とも、大人の付き合いができるようになり、会話を楽しめるようになっていることもあるのです。

より広い視点を持って学生時代の友達と交流すると、自分の現在を見直すきっかけになります。さまざまな分野で頑張っている同級生の話を聞くとよい刺激になり、自分もやる気が湧いてくるでしょう。

ポジティブな出会いがある可能性も

同窓会に参加することでポジティブな出会いが見つかり、人間関係をアップデートできる可能性があることもメリットです。年月が過ぎれば、それぞれの趣味趣向が変わっていてもおかしくはありません。

社会人になって、学生時代よりもさまざまな種類の人間と付き合うようになったという人は多いはずです。時の流れとともに考えが変化し、学生時代は親しくなかった相手とも、関係を育めるようになっている場合があります。

以前は、仲良くなるとは思えなかった人物と交流することで、意外なところから「仕事や趣味でのつながり」を得られる場合もあるのです。

当たり障りのない上手な断り方

どうしても同窓会に行きたくないのであれば、無理に参加する必要はありません。しかし、断る理由を考え出せずに、困ってしまうことがあります。

本心をはっきりと言うことにより、相手を不愉快にしてしまうこともあるはずです。同窓会を断りづらいと感じている人向けに、上手な断り方を見ていきましょう。

同窓会 行かない 理由 断り方

(C)Shutterstock.com

仕事で多忙

仕事を理由に同窓会に参加できないことは、よくあることです。仕事が忙しいことの大変さは、多くの人が共感できます。社会人経験がある人なら、一度や二度は仕事が多忙で付き合いを断ったことがあるでしょう。

大人であれば、時には仕事を優先させなければならない場合もあることを理解しているものです。「大事なプロジェクトを抱えている」「人手が足りず、どうしても休めない」などの理由にすれば、たいていは理解を示してもらえます。

先約がある

先約があって、断らなければならない状況にしておく方法もおすすめです。人生において、同窓会だけが重要な行事ではありません。親友の結婚式や何カ月も前から準備していた旅行があるなど、断り方はいくらでもあります。

必ずしも詳しい理由を述べる必要はなく「どうしても外せない用事があって」というように断りましょう。しかし、断っても「予定を変更できるなら、参加してほしい」と頼まれることもあるかもしれません。相手に食い下がられると、詳細に説明しなければならないと感じることがあるので、追求された場合に備えて、念のため理由を準備しておくと安心です。

家族の事情

同窓会よりも、家庭の事情を優先しなければならないことがあります。面倒を見なければならない家族がいる場合は、参加したくてもできません。子どもの受験や家族の看病などが理由で断って、おかしな理由だと感じる人はほとんどいないでしょう。年月を重ねれば、家庭内の事情が変わってくることは当然です。

体調不良

仕事や家族の事情などで断ることが難しい場合は、自身の体調不良を原因に断る方法もあります。「周囲にはいっていないが、実は体調が思わしくない」というように、具体的な病名などは伏せておいた方が疑われにくいでしょう。

「個人情報なのであまり言いたくない」としておけば、相手は深く追及しません。当日に急な体調不良でキャンセルする方法もありますが、幹事に迷惑をかけることになるので、できるだけ前もって断りましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

人付き合いが苦手になる原因と克服方法|周囲と良好な関係を築こう
「いいことがない」と感じる原因は?今日からできる「いいこと」を呼ぶ習慣

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事