〝優秀な人〟ってどんな人?〝優秀な人〟になるために今日からできることとは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.09.26

〝優秀な人〟ってどんな人?〝優秀な人〟になるために今日からできることとは

〝優秀な人〟とは、組織の中で比較して優れている人を指します。そのため、属するグループや組織によって、優秀な人の定義は変わってくるでしょう。今回は「優秀な人」の特徴や「優秀ではない人」との違いも併せてご紹介します。

Tags:

【目次】
「優秀な人」 とは?
「優秀な人」の特徴とは?
「優秀な人」と「優秀ではない人」の違いとは?
「優秀な人」になるためには?
「優秀な人」の英語表現とは?
最後に

「優秀な人」 とは?

「優秀」は、「非常にすぐれていること。また、そのさま(小学館『デジタル大辞泉』より)」。「優」には「すぐれている。まさっている」という意味があり、「秀」という字には「ひいでる」や「すぐれる」という意味があります。よって、「優秀な人」とは、非常に優れた人のことをいいます。

また、「優秀な人」とは、物事に対する絶対的評価ではありません。組織の中で比較して「優れている」ということ。そのため、属するグループや組織によって「優秀な人」の定義は変わってくるでしょう。

優秀な人

「優秀な人」の特徴とは?

あなたの周りの「優秀な人」はいくつあてはまりますか?気になる仕事における「優秀な人」の特徴を一緒にみていきましょう。

優秀な人

1:自分の実力を理解している

自分の実力を正しく理解しており、自分ができること、できないことを把握しています。そして、できないことは仲間の力を借りることができるのが「優秀な人」の特徴の1つ。自分1人で仕事をするのではなく、チームのメンバーそれぞれが、得意な分野を役割分担することにより、効率よく仕事ができることを知っているのです。

2:勉強熱心で向上心を持っている

「優秀な人」は、自分の現状に満足していません。常に向上心を持ち、将来の目標を持っています。そのため、休みの日や仕事終わりなど、プライベートの時間を割いて勉強をする人が多いのが特徴。資格取得やスキルアップのため、常に努力を欠かしません。

3:謙虚である

「優秀な人」は、周囲の人からのアドバイスを真摯に受け止め、それに対して感謝する謙虚さを持ち合わせています。どんな意見であっても真摯に受け止められるからこそ、自分の力にすることができるのですね。

4:仕事は一点集中

「優秀な人」はいくつも仕事を抱え、テキパキと仕事をこなしているイメージがありませんか?しかし、「優秀な人」は、1つの仕事に集中するのが特徴。マルチタスクはなるべく行いません。仕事を複数同時進行すると、集中力が分散してしまうことを知っているからです。どうしても複数の仕事を受け持たないといけない場合は業務のスケジュールを立てるなど、目の前の仕事に高い集中力をもって取り組めるよう工夫するでしょう。

5:結果重視

「優秀な人」は、結果を出すことを常に考えています。ビジネスは、結果がすべて。結果を出すためには、どんな努力も惜しまないというプロ意識を持っているのが「優秀な人」といえるでしょう。

6:常に世の中の動きをチェックしている

新しいアイデアやビジネスチャンスを得るのに大切になってくるのが、世の中の最新情報。「優秀な人」は、日本だけでなく世界の時事ニュースまで目を向けています。そして、その得た情報をどうビジネスに繋げるのかを常に考えているのです。

7:優秀な人ほど早く辞める?

「優秀な人ほど早く辞めていく」ということを聞いたことはありませんか?それは、「優秀な人」は会社に対して見切りをつけるのが早いから。「優秀な人」は、常に仕事で成長していきたいと思っています。そのため、今いる環境に将来性を感じられなかったり、自分の能力が正当に評価されていないと感じると、迷うことなく退職を決めるでしょう。「優秀な人」は、自分に自信があるため変化を恐れません。自分にとって、より良い環境で働きたいと新しい環境に躊躇なく飛び込んでいくようです。

「優秀な人」と「優秀ではない人」の違いとは?

「優秀な人」は、どの会社や企業も欲しがる人材ですよね。「優秀な人」とそうではない人の違いはどこにあるのでしょうか? 「優秀な人」の見分け方をみていきましょう。

優秀な人

1:自己管理能力があるか

「優秀な人」は、受け持っている仕事の優先順位を明確にし、効率よく仕事をするためのスケジュールを設定します。時間配分も上手なため、無駄な残業をすることはありません。また、「優秀な人」は、体調管理を大切にしています。健康であるからこそ仕事に集中することができ、良いアイデアが浮かぶというもの。反対に、時間の使い方が下手でいつも残業ばかりする人や健康管理のできない人は、自己管理能力に欠けるため「優秀な人」とはいえないでしょう。

2:組織全体のことを考えられるか

広い視野を持っている「優秀な人」は、チーム全体の状況を把握しています。自分の仕事に加えて、他の人の仕事の進み具合まで気を配り、問題が起こればチーム全体で解決するよう努めるでしょう。一方で、自分のことしか考えない仕事ぶりや単独プレーが目立つような人は「優秀な人」とはいえませんね。

3:PDCAができているか

PDCA」とは、「計画(Plan)」「実行(Do)」「評価(Check)」「改善(Action)」のそれぞれ頭文字をとった言葉。「計画」は、目標を設定し業務計画を立てること。「実行」は、業務計画を実際に行います。そして、「評価」で計画通りに実行できたかを確認し、「改善」では「評価」で得た業務の改善点を実行する。これらを継続的に行うことで、より良い成果へと繋がります。「優秀な人」は「PDCA」をしっかり回している人が多いのです。

「優秀な人」になるためには?

「優秀な人」は1日にしてならず。地道に努力した末に「優秀な人」になれるのです。では、「優秀な人」になるためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?みていきましょう。

優秀な人

1:1日のスケジュールをたてる

その日、1日のスケジュールを朝一番に決めましょう。「この時間までに〇〇を終わらせる」という計画があると、やるべきことが明確になりやすく、仕事の質が上がります。ほとんどの仕事には期限がありますよね。その限られた時間の中で、何を優先的にやらないといけないのかを明確にすることが「優秀な人」への第一歩です。

2:仕事は終わった後も振り返る

一つの仕事が終わっても、それで終わりではありません。改善点はないか、または、ミスをした場合は同じミスを繰り返さないように、完了した仕事も振り返りましょう。

3:身近な「優秀な人」の真似をする

身近に目標となる「優秀な人」を見つけ、その人の真似をしましょう。「優秀な人」は、仕事に対してどのように考え、行動しているのかを観察します。そして、自分もその真似をしていくうちに「優秀な人」の行動や思考がわかってくるでしょう。

「優秀な人」の英語表現とは?

優秀な人」は「excellent person 」、「優秀な人材」は「talented people」と表現できます。

・He is a excellent person .(彼は優秀な人だ)
・We looking for talented people.(私たちは優秀な人材を求めています)

最後に

「優秀な人」は、常に現状に満足することなく向上心をもって仕事に取り組んでいます。もし、「優秀な人」になりたいと思われているのなら、今からでも遅くはありません。日々、目標を持ち、努力を積み重ね、「優秀な人」へとステップアップしてください。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
〝しっかりしてる人〟ってどういう人?特徴やモテる理由をご紹介
そもそも〝気が合う〟ってどういうこと?〝気が合う〟と思える人の特徴とは

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事