Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.11.18

【亭主関白】とはどんな夫のこと?特徴を解説

亭主関白とは、家庭で支配権を持つ男性を意味します。「具体的にどんな人?」と疑問に感じることもあるのではないでしょうか。今回は、亭主関白な男性の特徴やモラハラとの違いを解説。うまく付き合うための方法や、家庭内でのメリットもぜひ参考にしてください。

Tags:

「亭主関白」ってどういう意味?

亭主関白とは、夫が家庭内で支配者のポジションにあることを意味します。「亭主」は夫のこと。「関白」は、かつて天皇の補佐役を務めた職の呼び名であり、権力が強い者を表す言葉です。

モラハラとの違いは妻の感じ方

妻に威張った態度をとる亭主関白は、場合よってはモラハラと同様に思われがちです。しかし、実際には亭主関白とモラハラには決定的な違いがあります

亭主関白とモラハラの違いは、妻の感じ方にあるといえます。

そもそもモラハラとは、モラルに反する嫌がらせをおこなうことです。モラハラ夫は、「お前は本当にダメだ」「俺の言うことを聞いていればいいんだ」など、妻の人格を否定するような言葉を投げかけ、相手の人権を無視した態度や言動で妻を攻撃します。それに対して亭主関白は、基本的には「妻は夫の言動に苦痛を感じていない」という状態のことを指します。

亭主関白の反対語は「嚊天下(かかあでんか)」

亭主関白の反対語は「嚊天下(かかあでんか)」です「嚊」とは、親しみをこめた妻の呼び方のこと。つまり、嚊天下は「家庭内で妻が強い権力を持っている」ことを意味します。

嚊天下の家庭は、妻が家庭内のことを取り仕切っています。かといって夫を下げるのではなく、人前では上手に立てることも特徴です。夫の立場を理解し尊重しているため、家庭内がスムーズに回るケースも多いでしょう。

亭主関白の特徴

これらの要素をチェックすると、自分の夫にどのくらい亭主関白の要素があるのかわかるかもしれません。ここからは、具体的な亭主関白像についてご紹介します。

亭主関白

1.家庭は女性が守るものだと思っている

亭主関白な男性は、家庭は女性が守るものだと思っている場合があります。そのため、家事や子育てなどに手を出すことがありません。「男は外で仕事をするもの、女は家を守るもの」という、固定概念を持った男性だといえます。たとえ共働きで妻が忙しくても、家事に手が行き届かないことを理解できません。家事分担がうまくいかず、妻が悩むケースも多いでしょう。

2小言が多い

亭主関白な男性は、どれだけ威張っても妻に暴力をふるうことはありません。その代わり、小言が多い傾向があるでしょう。

3.自分の非は認めないわがままな性格

亭主関白な男性は「自分の考えが一番正しい」と思っています。どんなときにも自分の考えを突き通す、わがままな性格ともいえます。家族で出かける際も、あくまでも自分中心に行動するケースが多いでしょう。

亭主関白になりやすい男性の特徴

亭主関白になりやすい男性には、次のような特徴があります。

亭主関白

結婚相手が亭主関白にならないか気になるときは、これらの特徴をチェックしてみるのもおすすめです。結婚後の2人のイメージを膨らませることができますよ。

1.父親も亭主関白だった

亭主関白な父親を見て育った男性は、同じように亭主関白になる可能性があります。「父親とは家庭内でこう振る舞うものなのだ」と、肌身で感じながら育つからです。

家庭内が円満であった場合は、亭主関白が理想の父親像となる場合もあります。そのため、結婚後は自分でも気付かぬうちに、父親と同じ態度をとるようになるでしょう。

2.「ありがとう」と言うことが少ない

亭主関白になりやすい男性は、プライドの高さから感謝の気持ちをうまく伝えられない場合もそのため、普段から「ありがとう」と口にする機会が少ないことが特徴です。

彼女に何かしてもらっても「女性が男性に尽くすのは当たり前」と、黙って受け流すこともあるでしょう。このような男性は結婚後も「妻が家庭のことをするのは当たり前」と考える亭主関白になりやすいといえます。

3.理想の女性像を抱いている

亭主関白になりやすい男性は「女性はこうあるべき」という理想の女性像を抱いています。「女性は男性の後ろを歩くもの」「結婚後は家庭に入るもの」といった、亭主関白ならではの女性像であることが特徴です。

亭主関白な夫と上手に付き合うための方法

亭主関白

亭主関白な夫は大変なことばかりのようですが、一方で、わかりやすい性格をしているともいえます。以下の方法を身に付けて、より良い関係を築いていきましょう。

1.夫を褒めてその気にさせる

亭主関白な夫と上手に付き合うためには、相手を褒めてその気にさせるのがおすすめです。

亭主関白な夫は、高いプライドと同時に「相手に尊敬されたい」という願望を持っています。そのため、褒められるほど自分の欲求が満たされるのです。

ゴミ捨てや食器の片付け、台拭きなど、ささいなことでも手を貸してくれたときには、すぐに褒めるのがポイントです。褒められるうちに夫もその気になり、少しずつ家事を手伝ってくれるようになるでしょう。

2.「あなたが必要」と頼ってみる

「あなたが必要」という言葉は、亭主関白な夫の自尊心を満たしてくれます。家事を分担したいときも「私は料理をしているんだから、あなたは掃除をして」と決めるのではなく、「あなたじゃなきゃだめ」とお願いするのがおすすめです。

もともと自分の立場が上だと感じている夫ほど、「俺じゃないとできないならしょうがない」とその気になって引き受けてくれます。もちろん、頼みごとを聞いてくれたときはすかさず褒めることもワンセットで覚えておきましょう。

3.言動を気にせずさらりと受け流す

亭主関白な夫の言動は、いちいち気にせずさらりと受け流すことも必要です。ひとつずつ素直に受け止めていると、自分の心が疲れてしまいます。

自分の不満を正面からぶつけても、亭主関白な夫とは言い争いにばかりになってしまうかもしれません。夫の意見を軽くあしらうくらいの柔軟さを身に付ければ、上手に付き合っていけるでしょう。

亭主関白にはメリットも!女性の理想は「頼れる男性」

亭主関白

亭主関白は怖いイメージを持たれがちですが、実際は悪いことばかりではありません。亭主関白には次のようなメリットもあります。

・家族のために仕事に真面目に取り組む
・家族に対する責任感がある
・金銭感覚がしっかりしている

「男は外で仕事をするもの」と考えている亭主関白は、仕事に真面目に取り組みます。また、「自分が家族を養うんだ」という責任感があるのも特徴です。これらは家族への愛情の表れでもあります。

さらに、亭主関白はしっかりした金銭感覚の持ち主です。家族の将来を考え、無駄遣いをすることもありません。ギャンブルや自分の趣味にお金をつぎ込むこともないため、安心してお金の管理を任せられます。

これらのメリットを拾い集めると、女性にとって理想の亭主関白像は「家族を第一に考える頼れる男性」ともいえるでしょう。

亭主関白の個性を理解し家庭生活を円満に

亭主関白

亭主関白は、家庭内で威張っていたり身勝手に振る舞ったりする一面があります。その一方で、家族に対する愛情と責任感を持っているのが特徴です。

亭主関白な夫と上手に付き合うためには、ときには意見を受け流すことも大切。上手く褒めれば、相手もその気になって家事を手伝ってくれるかもしれません。亭主関白の個性を理解し、円満な家庭生活を送っていきましょう。

こちらの記事もおすすめ!

夫は“優しい人”だと思ったら大間違いだった…表裏一体の本性に翻弄され続ける妻

台湾人CAの疑問「日本人男性は 〝大男人〟?」っていったいどういう意味?

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事