Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.09.25

実はサウナー!? 元タカラジェンヌの意外な日常|鳳真由さんスペシャルインタビューvol.3

宝塚歌劇団に11年在籍し、花組男役として活躍されていた鳳 真由さんが気になっていることやハマりもの、今後の抱負などをうかがいました。

Tags:

美や健康を保つために習慣にしていることはありますか?

鳳:お散歩で歩くつながりで(笑)、できれば1日10km歩くことを目標にしています。無理せず歩ける時に、ですが。あと、朝晩湯船につかること。特に、『エリザベート(ガラコン)』をやっていた時は、声が出しやすくなるため必ず実践していました。夏でもクーラーで冷えて血流が滞りますよね。朝晩お風呂に入ると血流がアップして顔色が明るく見えるし、体の調子もよくなります。時間がある時には、温冷浴をします。熱めのお風呂に入って温まったら、冷たい水を一気にかけるんです。実はすっごくサウナが好きなんですよ。でもそんなしょっちゅうサウナに行けないじゃないですか。たまに行けたら、サウナ→水風呂を4往復はしますね。

サウナ! ぜひ魅力を教えてください。気になるのですがなかなかハードルが高くて…。

鳳:アートとサウナがドッキングした、チームラボのサウナ「TikTok チームラボリコネクト」が気になっています。そういうところなら、楽しんで体験できそうじゃないですか? おすすめは、蒸気で温まるスチームサウナです。ドライサウナより低温ですし、冷たい水を含ませたタオルを口に当てて入るといいですよ。

「整う」ってどんな感覚なんですか?

鳳:私がそれを感じるのは、頭まで水につかった後にくる、かき氷を食べた時の嫌じゃない感覚(笑)。絶対に頭まで冷やしてほしいですね。

いつかトライしてみたいと思います(笑)。話は変わりますが、今日のファッションテーマを教えてください。

鳳:中性的なイメージです。『ポーの一族』や『エリザベート(ガラコン)』でご一緒させていただいた純矢さんからのご紹介なので、タカラヅカの男役時代を振り返りつつも無理のない感じにしてみました。退団してから、髪をのばしてみたりスカートをはいてみたりと頑張った時期もありましたが、結局は自分がいちばん動きやすくて過ごしやすい着こなしに行き着くんですよね。アクセサリーは、同期の白姫あかり(しらき・あかり)ちゃんの退団公演でお花渡しするさいに買ったものです。品のいい存在感があるものを探しました。今日のような特別な日に使っています。

デコルテや首のラインがキレイなので、ショートカットとアクセのバランスがとっても素敵です。最近買い物をした中で、「これよかった!」というものはありますか?

鳳:(即答で)布団乾燥機です。「モダンデコ」というブランドで、見た目がとてもスタイリッシュ。ホースが収納でき、コンパクトだからジャマにならないんです。布団が毎日フカフカになるし、濡れたスニーカーや洗濯物の室内干しを乾かすにも便利。私はたまに白いスニーカーをオキシ漬けするのですが、朝にオキシ漬けしてもこれで1時間で乾きました。めちゃくちゃいいですよ。『エリザベート(ガラコン)』で同じ楽屋だった天真みちると咲希あかりちゃんにおすすめしたら、メモっていました。望海(のぞみ)さんに言ったところ「実は私は布団乾燥機マニアだよ」って、もうすでに持っていたという(笑)。

布団乾燥機のエピソードといえば、2015年に行われた花組の台湾公演。台湾は湿度が高いから、ホテルの布団がなんだかしっとりしていたんです。それでクーラーをつけているから布団が冷たくなってしまっていて。それでも、疲れていたから眠れるんですけどね。ところが当時副組長だった紫峰七海(しほう・ななみ)さんのホテルの部屋におじゃました時に、布団がびっくりするほどフカフカしていたんですね。「なにこれ!?」みたいな。紫峰さんは、わざわざ日本から布団乾燥機を持って行かれていたんです! さすがですよね。あれは印象深かったですね。布団乾燥機への信頼が一気に上がりました(笑)。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

サステナブルやSDGsなど、環境に配慮したモノやコトが取り入れられている昨今、鳳さんの「エコ」な意識にとても共感します。そして気になる「サウナ」「布団乾燥機」。スタッフもさっそくメモりましたよ(笑)!

撮影/阿萬泰明(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/中西雄二(Sui) 文/淡路裕子

関連記事
▶︎元宝塚歌劇団男役が11年間在籍していた花組の変革期に立ち合って感じたこと
▶︎宝塚歌劇団を退団して第2のステージへ…今だから聞ける鳳 真由さんの転換期

俳優・大学生

鳳 真由

おおとり・まゆ/4月26日生まれ、東京都出身。2005年に91期生として宝塚歌劇団に入団。花組大劇場公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏んだ後、男役として花組に配属。2010年の花組大劇場公演『虞美人』で新人公演初主演、その後『ファントム』『復活』と新人公演の主演を務める。2016年花組大劇場公演『ME AND MY GIRL』で退団。医療系大学に通いながら、2021年『エリザベート・スペシャル・ガラ・コンサート』に出演。11月に行われる『宝塚歌劇花組・月組100周年記念 Greatest Moment』への出演も決定している。小平市観光まちづくり大使。
Instagram 
Twitter

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事