【鉄フライパンの手入れ方法】使い始めや調理後にする大事な工程とは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.11.15

【鉄フライパンの手入れ方法】使い始めや調理後にする大事な工程とは

「鉄フライパン」は、熱伝導率がよいことなどから、家庭でも愛用する人の多い調理器具です。しかし、長く使うためには毎回の手入れが欠かせません。鉄フライパンの使い始めや調理後に行うべきお手入れ方法を紹介します。

Tags:

鉄フライパンの使い始めにすること

プロが使用するイメージが強い鉄フライパンは、日常で使うにはハードルが高いように思われがちですが、ちょっとした手入れのコツを知るだけで、家庭でも長く使えます。

熱伝導に優れ、傷にも強い鉄フライパンの使い方のコツを押さえて日々の調理に活用していきましょう。まずは、鉄フライパンを使い始める前に行いたい工程を紹介します。

鉄フライパン 手入れ さび 焦げ

工程1「から焼き」

新品の鉄フライパンは、さび防止を目的とした塗装が施されているため、初めての調理を行う前に「から焼き」をして、きれいな状態に整えましょう。

1.食器用洗剤をつけたスポンジで鉄フライパンを洗う
2.フライパンの水気をキッチンペーパーで拭き取る
3.フライパンをコンロに乗せ、中火で加熱する
4.温まってきたら強火で加熱する
5.フライパンの中央部分が薄い青色に変色したのを確認したら、フライパン全体にまんべんなく熱が行き渡るよう動かす
6.フライパン全体の色の変化を確認したら、手で触れられる状態になるまで冷ます
7.しっかりと冷めたことを確認し、食器用洗剤をつけたスポンジで洗う

鉄フライパンは、急な温度変化で変形する可能性があります。火にかける際は、中火→強火の順に行い、冷ます際も焦らずに、自然に冷めるのを待ちましょう。

工程2「油ならし」

「油ならし」は、フライパンに食材がくっ付いて焦げ付くのを防ぐための作業です。「から焼き」の後、使い始める前に以下の手順で油ならしを行いましょう。

1.フライパンを中火で2~3分加熱し、火を止める
2.半~1カップほどの多めの油を入れ、全体に行き渡らせる
3.全体に油がなじんだ状態にしたら、弱中火で3~5分程度加熱する
3.火を止めて、残った油をオイルポットなどに戻す
4.キッチンペーパーなどで擦り込むように拭きあげる

最後の拭きあげまで完了したら、再び自然に冷めるのを待ち、そのまま収納します。水洗いしたくなるかもしれませんが、せっかくの油膜が落ちてしまいます。間違えて洗うことのないように注意しましょう。

使い始めのタイミングだけでなく、フライパンのさびや焦げを落としたあとにも油ならしをしておくと、焦げ付きを減らせます。さらに、フライパンの側面にも油の付いたキッチンペーパーで拭きあげておくと、汚れやさびを予防できます。

人気のフライパン14選 |種類や選び方、お手入れ方法まで徹底解説|Domani

鉄フライパンのお手入れ方法

鉄フライパンのコンディションを保つためには、使用後のこまめなお手入れが重要です。といっても、決して難しい作業はありません。鉄フライパンならではの、お手入れ方法を把握しておきましょう。

鉄フライパン 手入れ さび 焦げ たわし

調理後は洗剤を使わずに洗う

通常、使い終わった調理器具は洗剤を使って洗うのが一般的です。しかし、調理後の鉄フライパンに洗剤を使用するのは避けましょう。せっかくコーティングした油が、洗剤によってはがれてしまいます。

調理後は、まだフライパンが温かいうちに「たわし」を使って洗います。強くこすってしまって大丈夫です。しっかりと汚れを落としましょう。洗浄後は、フライパンを加熱し水分を蒸発させたあと、薄く油を塗って保管します。

焦げはふやかして落とす

油コーティングをしても、調理の際に焦げ付いてしまうことがあります。そんなときは、水を入れて沸騰させ、焦げをふやかして落としましょう。

焦げがふやけてきたのを確認したら火を止め、手で触れられる温度まで冷まします。その後、たわしやヘラを使用してこそげ落としたら、しっかり水気を取ります。最後に「油ならし」をしておきましょう。

「フライパンの焦げ」をきれいに落としたい!素材別のやり方を徹底解説|Domani

さびはこすり取る

「水気が残ったままだった」「誤って洗剤で洗ってしまった」などが原因で、さびが発生してしまうこともあるでしょう。さびてしまった場合は、「たわし」や「ブラシ」でしっかりとこすり洗いをして取り除きます。

さび付きが頑固な場合は、「焦げ落とし」と同じようにフライパンに水を入れ、沸騰させて、さびをふやかしてからこすり洗いすると効果的です。

洗った後は、水気をしっかり取り除いて「油ならし」を行い、再びさびが発生しないように管理しましょう。

鉄フライパンの焦げ付きを防ぐコツ

出来てしまった焦げを落とす方法が分かっても、都度焦げ落としを行うのは大変なもの。鉄フライパンの焦げ付きを防ぎ、長く快適に使用し続けるために、押さえておきたいポイントを解説します。

鉄フライパン 手入れ さび 焦げ

調理前に「油返し」をする

鉄フライパンは、使用後に油をコーディングして保管します。だからといって、調理前に油をひかなくていいというわけではありません。調理の前には毎回、油を薄く塗る「油返し」を行うことが大切です。

1.フライパンを中火にかけ加熱する
2.多めの油をフライパンに入れ、弱火で加熱しながら全体に油をなじませる
3.フライパン表面からうっすらと煙が出たら火を消して、余分な油を取り除く

この後、食材を入れて調理をスタートしましょう。「油返し」は、食材を焦げ付きにくくさせるだけでなく、フライパン全体の温度にムラが出ないようにする効果も期待できます。慣れるまでは手間に感じるかもしれませんが、おいしく調理し、フライパンのコンディションを保つために大切な作業です。

過去の焦げはしっかり取り除く

過去の焦げが残っているということは、焦げ付いた部分の油膜がはがれている状態です。そのまま調理してしまうと同じ箇所に焦げが付着しやすくなり、使いにくくなると共に料理の仕上がりにも満足できない状態が続いてしまいます。

万が一、調理中に焦げ付いてしまったら、面倒でもその都度しっかりと「焦げ落とし」を行いましょう。焦げがないか心配な場合は、洗う際に鍋肌を直接触ってみて、ざらつく箇所がないか確認するのもおすすめです。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

揚げ物にフライパンを使うメリットとは? 選び方のポイントや注意点
フライパンで魚をおいしく焼く方法とは?おすすめグリルパンも紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事