「虻」ってなんて読む? 種類やハチとの違い、「虻蜂取らず」の由来など紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2022.01.08

「虻」ってなんて読む? 種類やハチとの違い、「虻蜂取らず」の由来など紹介

このハチにそっくりな虫の「虻」ですが、なんと読むのでしょうか? 種類やハチとの違い、「虻蜂取らず」の由来なども合わせてご紹介していきます。

Tags:

「虻」の意味や読み方とは?

黒と黄色の体で飛び回り、時には人を咬むことがある「虻(あぶ)」。ハチと見た目がよく似ているため、庭や林の中で見かけても見分けがつかない! という方も多いのではないでしょうか? どちらも時に人を襲う習性があるため、違いは理解しておきたいものですね。今回は、そんな「虻」の特徴や種類、万が一咬まれてしまった時の対処法などを紹介します。

虻

■読み方と意味

「虻」は「あぶ」と読みます。「虻」は、双翅(そうし)目アブ科の昆虫ハエやブユ(ブヨ)の仲間です。体長は7mm〜30mmほど。体は黄褐色で、大きい複眼を持ちます。主な発生時期は7月〜8月、日中の暖かな時間帯に活動します。山中や川、林など自然の多い場所に生息していることも特徴です。

「虻」は、卵が1〜2週間程度で孵化し、幼虫になります。幼虫の期間は種類によって異なりますが、1年〜3年と比較的長く、その後さなぎから成虫になります。成虫としての寿命はおよそ1か月です。

世界では約1600種ほどで、日本には、100種近く生息しています。主な種類には、ウシアブ、メクラアブ、ハナアブなどがあります。また、種類によっては雌の成虫が牛や人間を吸血するものもあります。これは、産卵のために栄養を得るためであるそうです。

ちなみに「虻」の由来は、元々「あむ」という古名で呼ばれていたものが、平安時代頃に「あぶ」と呼ばれるようになったという説があります。

「虻」に咬まれた時の対処法は?

「虻」は、牧場や山の中、川辺などの環境を好み、人間がアウトドアを楽しむ場所にいることも多いため厄介な昆虫です。毎年レジャーシーズンになると「虻」に咬まれる被害が多くみられます。ここでは、「虻」の虫除け対策と、咬まれてしまった時の対処法を紹介します。

虻

1:「虻」が寄ってこない色の服を着る

「虻」は、黒や赤の色に寄ってくるといわれています。もし、キャンプや釣りで水辺・山林に行く際は、黒や赤の服を避けた方がいいでしょう。また、黒を好むことから人間の頭皮にも寄ってきやすいため、明るい色の帽子を被ることも有効です。黒は「虻」だけでなく蜂や蚊も好む色なので、虫対策をする場合には避けた方が無難でしょう。

2:飛び回る「虻」は殺虫剤で撃退

「虻」は飛ぶスピードが速いことも特徴。複眼のため視野も広く、体も小さいため捕らえることは容易ではありません。そんな「虻」を撃退するには、エアゾールタイプの殺虫剤がおすすめです。薬剤をジェット噴射してくれるため、距離が少し離れたところから撃退することができますよ。

3:噛まれたら炎症を抑える処置をする

万が一、「虻」に咬まれてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。「虻」に咬まれると、皮膚が腫れ、強いかゆみの症状が出ます。この時、患部をかきむしってはいけません。患部をかくことで、傷口から細菌が入り込む可能性があるためです。早めに皮膚科に行き、適切な処置を受けましょう。炎症を抑えるステロイド軟膏や抗生物質、痛み止めなどを処方してもらえます。

「虻」とハチの違いとは?

黒と黄色の体で飛び回り、人や動物を刺すイメージがある「虻」とハチ。公園や庭で見つけても、なかなか見分けがつかないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、「虻」とハチの違いについて解説します。

虻

1:分類が異なる

見た目がそっくりな「虻」とハチですが、生物学的には分類が異なります。「虻」は、先述したように、双翅(そうし)目アブ科の昆虫。一方ハチは、膜翅 (まくし) 目に属する昆虫です。木の枝や軒先に巣を作り、花から蜜を集めたり、他の昆虫を狩ったりします。女王蜂・雄蜂・働き蜂などの階級があります。アシナガバチ、ハナバチ、アナバチなど非常に種類が多い昆虫です。

2:体の形が異なる

一見似た体の色ですが、よくみると体の形が異なります。「虻」の体にはくびれがなく、ハエに似た形をしています。一方ハチは、アリのように頭と胸、お尻の部分がそれぞれくびれています。また、「虻」は、羽が2枚であるのに対して、ハチは2対4枚の羽を持つことも特徴です。

3:攻撃の仕方が異なる

人や動物を刺すことが特徴的な両者ですが、攻撃の仕方が異なります。「虻」には、毒針がなく、口で咬んで吸血します。一方ハチは、お尻についた毒針で人を刺します。ちなみにハチの攻撃性が高くなる時期は、7月〜10月。「虻」は、巣を持たないため、攻撃性が高くなる時期はありません。

「虻蜂取らず」のことわざの意味とは?

虻

虻蜂取らず」とは、「欲張って同時にふたつのものを得ようとすると、結局どちらも得られずに失敗すること」という意味です。あれこれと欲張ってしまうような状況で、「それはやめておいた方がいい」と戒める時に使用されます。また、ビジネスシーンでは、一点に方向性を定めた方がいいというアドバイスとして使うことも。

このことわざの由来は定かではありませんが、虻も蜂も似た昆虫です。両方を同時に退治しようとして、結局はどちらも逃してしまった… ということから、生まれた表現かもしれませんね。

・A社とB社、どちらとも取引をしたいが、虻蜂取らずで一つに絞ろう。
・流行に着目するか、今までのスタイルを通すか、虻蜂取らずになる前に決定すべきです。

■類語

「虻蜂取らず」の類語には、「二兎を追うもの一兎も得ず」「花も折らず実もとらず」があります。

二兎を追うもの一兎も得ず」とは、

同時に違った2つの事をしようとすれば、結局どちらも成功しないというたとえ。西洋のことわざ。(<小学館デジタル大辞泉>より)

・B君は内緒で二人の女性と付き合っていたが、嘘がバレて両方からフラれてしまった。二兎を追うもの一兎も得ずとはこのことだよ。

・二兎を追うもの一兎も得ずというように、片方に的を絞った方がいい結果が出せるはずだ。

花も折らず実もとらず」とは、「ふたつをねらって、ひとつもとれないことのたとえ」です。

・恋も勉強も頑張りたいと言っていたら、結局花も折らず実もとらずになってしまうよ。

どちらも「虻蜂取らず」とほぼ意味が同じですね。それだけ人は同時にたくさんのことに手を出してしまう性質を持っているのかもしれません。

英語表現とは?

「虻」を英語で表現すると、「Horsefly」です。

・Please be careful, horsefly bites can be very painful(アブに刺されたら痛いので気をつけて)
・I don’t like horseflies (私はアブが好きじゃない)

最後に

「虻」の特徴やハチとの違い、「虻蜂取らず」の意味はわかりましたか? 見た目がそっくりな「虻」とハチですが、攻撃の仕方や分類が異なることを初めて知った方も多いのではないでしょうか。自宅の庭やお出かけ先で「虻」と遭遇した時には、適切な対処をしていきましょう。

こちらの記事もおすすめ

「鬼灯」の花言葉とは? 読み方から意味、由来、食べられる実の効能、英語表現を紹介
「心太」ってなんと読む? 読み方や食べ方、自家製「心太」の作り方を紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事