Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2022.04.14

春に髪がパサつくのは紫外線のせい!?【40歳からやるべきヘアケア】

「まだ暑くないし」と油断しているあなたは要注意! 4月に降り注ぐ紫外線はピーク時の約9割と言われています。そこで、紫外線が髪に与えるダメージとケア方法を、アリミノ スプリナージュPRの梅田貴子さんにうかがいます。

Text:
keiko kido
Tags:

油断してない!? 4月の紫外線量はピーク時の9割ほど!

紫外線は夏(7月から8月)にいちばん強くなりますが、4月でもピーク時の約9割に紫外線が降り注いでいると言われています。夏になるとしっかり紫外線対策をする人も、過ごしやすい天気が続く4月は油断しているのでは? 夏に比べると日差しの強さを実感しにくいですが、紫外線は非常に高くなっているんです。紫外線対策というと、顔や手足の日焼けを思い浮かべますが、髪にも対策が必要です。

「黄砂や花粉、強風などに加え、徐々に強まっていく紫外線も春に髪をパサつかせる原因のひとつ。頭は高い位置にあるため直射日光を浴びやすく、顔に当たる紫外線の約3倍の紫外線が頭に当たっていると言われています」(梅田さん)

紫外線が髪に与えるダメージは?

「髪の強度低下や、キューティクルの乱れにより手触りが悪くなる可能性があります。紫外線を普段より多く浴びた日は、髪がゴワつくと感じる方も多いのではないでしょうか? また、頭皮が日焼けすることにより、新しい髪をつくる頭皮環境を悪化させてしまうこともあります」(梅田さん)

髪を紫外線ダメージから守るには?

「『まだ4月だから』と油断せず、今から帽子や日傘を使って髪を紫外線から守りましょう。帽子が苦手な方には髪用のUVスプレーがおすすめです。シューッとふりかけるだけなので手軽に使えますし、髪に帽子の跡がつくこともありません。香りのよいものを選べば、紫外線対策をしながらリフレッシュすることもできますよ」(梅田さん)

紫外線ダメージを受けた髪へのアフターケアは?

「髪をしっかり保湿し、有効成分をじっくり髪に浸透させるケアが必要です。ぜひ試していただきたいのが、お風呂でトリートメントやヘアマスクをつけるときにシャワーキャップをかぶって、髪をつけ置きすること。いつもより少し時間がかかるかもしれませんが、スペシャルケアとして週に1回取り入れてみてください。また、洗髪後ドライヤーを当てるときは、8割がた髪が乾いた段階で冷風に切り替え、キューティクルを閉めること。そして、アウトバストリートメントは毛先から揉み込むようにつけて、しっかり髪に浸透させましょう。化粧水タイプのアウトバストリートメントを最初につけてからオイルやミルクタイプのものを重ねてつけるのもおすすめですよ。頭皮が日焼けしてしまった場合は、頭皮用エッセンスなどで、根本から頭皮環境をケアするようにしましょう」(梅田さん)

髪の紫外線対策にはUVスプレーが便利

紫外線ダメージを防ぎながら補修する美容成分配合のUVスプレー。持ち運びに便利なサイズで、日常使いからお出かけまで幅広く使えるのがうれしい! スタイリングの仕上げに、ツヤ出しスプレーとしても使えます。ベルガモットとラベンダー(天然精油)の自然な香り。スプリナージュ UV シャワー 45g(74mL)¥1,760

春になってなんとなく髪がパサつきだしたなと感じている方は、ぜひ髪の紫外線対策にも力を入れてみてください!

こちらの記事もたくさん読まれています

かゆみや乾燥etc.春は頭皮トラブルが起きやすい!?【40歳からのヘアケア】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事