Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.05

意外と知らない?【香水の捨て方・使用期限】分解方法やNGな処分方法も

香水にはさまざまな素材が使われているので、ゴミとして捨てるときに、どうやって処分すればよいのか分からない人は多いようです。意外と扱いに困る使用済み香水の捨て方や正しい使用期限、知っていると得するリサイクル方法を紹介します。

Tags:

自分で香水を捨てる場合

香水は「中身の液体」「香水瓶」「ふた」「スプレー部分」など、さまざまな材質で成り立っています。材料ごとに廃棄方法やゴミの分別先が異なるので、それぞれに合った捨て方を紹介します。

香水 捨て方 処分 方法 期限 中身

スプレー部分は外して金属ゴミ

一般的に、香水瓶のスプレー部分は「金属」「プラスチック」でできています。もし、スプレー部分が瓶と異なる材質なら、分解して捨てる必要があります。

ひねって開けられるタイプであれば分解も簡単ですが、スプレー部分が外れにくいはめ込まれているタイプの場合は道具が必要です。マイナスドライバーやニッパーを使って、慎重に剥がしましょう。

事前に床に新聞紙を敷いておくと、中の液体がこぼれても後片付けが楽です。軍手を着用しておけば、金属の切り口でケガしてしまうのを予防できます。

分解し終わったら「香水瓶」「スプレー部分」「プラスチック製のチューブ」など、材質ごとに分別して捨てます。スプレー部分が金属なら「不燃ゴミ」、プラスチックなら「可燃ゴミ」が一般的ですが、事前に自治体のルールを確認するようにしましょう。

中身の香水は紙に吸わせて密封し可燃ゴミ

中身の液体はニオイが強烈で、「どうやって捨てたらいいの?」と悩む人は少なくありません。中身の液体を捨てる際は、以下の手順で行いましょう。

1.ポリ袋を用意し、中に新聞紙を多めに入れる
2.香水を流し込み、袋の口をしっかり縛る
3.可燃ゴミに出す

新聞紙がないときは、ティッシュや不要な布など、液体を吸い取ってくれるものなら何でもOKです。しっかり密封したい人は、袋を二重にしたり、ジップ付きのビニール袋を使ったりするのがおすすめです。

香水瓶は自治体の分別ルールに従って捨てよう

香水瓶は、ガラスやプラスチックなど、商品ごとに素材が異なるものです。自治体によって分別区分が異なるため、捨てる際には自治体の分別ルールに従う必要があります。

香水瓶を捨てる際は、中身の液体を処理したら、中を洗ってしっかりと乾かします。間違っても、中身が入ったまま瓶を捨ててはいけません。

香水瓶が乾いたら、「瓶ゴミ」「不燃ゴミ」「割れもの」「プラスチックゴミ」など、住んでいる地域のルールを確認して捨てましょう。

やってはいけない捨て方

香水の正しい捨て方を知らない場合、やってしまいやすいNGな捨て方があります。実は香水は、取扱いに注意が必要なゴミなのです。

香水の捨て方を把握し、正しく処分するようにしましょう。

香水 捨て方 処分 方法 期限 中身

液体が入ったまま捨てる

「中身が入ったまま香水瓶を捨ててはいけない」とされるのは、万が一瓶が割れたときに強烈なニオイを放ち、周囲の人に迷惑がかかるからというだけではありません。

一番大きな理由は、香水の成分にはアルコールが入っており、引火する恐れがあるということです。また、自治体の廃品回収ルールでは、液体が入った瓶は回収できないので、その瓶だけ置き去りにされる可能性もあります。

香水は「中身の液体」「金属のスプレー部分」「ガラスの容器」などが組み合わされたアイテムなので、素材ごとに分解して自治体のルールに従って捨てるのがマナーです。

トイレやシンクに捨てる

香水を、トイレやシンクに流して捨てるのもNGです。

数滴で効果を発揮するように作られた香水をシンクに流すと、強烈なニオイが部屋中にあふれてなかなか消えず、悩むことになります。好きな香りの香水でも、耐えられない人は多いでしょう。台所に流せばニオイで料理が台無しになりますし、トイレに流せば濃すぎるニオイに気分が悪くなる可能性があります。

また、油分やアルコールが含まれている香水は、そのまま流すと環境汚染にもつながります。

不用品回収業者や買取店の利用もアリ

香水の処分方法は、自分で分解して捨てるだけではありません。

「分解する手間が面倒くさい」「まだ中身がたくさん残っているのに、捨てるのはもったいない」というときには、不用品回収業者や買取店を利用する方法もあります。

香水 捨て方 処分 方法 期限 中身

不用品回収業者に頼む

香水瓶が多い場合や分解が面倒な場合は、不用品回収業者に依頼する方法があります。費用は3000~6000円ほどが相場で、ほかの不用品と一緒に引き取ってもらえば、よりコスパが高くなります。

気を付けたいポイントは、「古物商の許可を得ている会社」に依頼することです。間違えて違法業者に頼んでしまうと、後から理由を付けて見積もりより高い代金を請求されるといったトラブルに巻き込まれかねません。

一般家庭の不用品を回収して中古品として売るのに必要な「古物商許可」が、会社のチラシやホームページに掲載されているか確認することが大切です。

古物商許可申請 警視庁

フリマやオークションに出品する

「ただ処分するだけではもったいない」という人には、フリマやオークションに出品する方法がおすすめです。

新品はもちろん、使用期限内であれば使いかけでも半分以上中身があり、きれいに保存されている香水は売れやすいでしょう。ブランドものの香水であれば、空き瓶でもインテリアとして探している人もいます。

ただし、香水を発送する場合、航空便では送れないなどの規定があるので注意が必要です。宅急便を利用する場合にも、アルコール濃度の確認や、割れて液漏れしないよう緩衝材を詰めたりポリ袋などに入れたりといった条件が求められます。

参考:香水やマニキュアなどは、送れますか? | 各種サービス共通| ヤマト運輸

買取店に持って行く

「香水瓶をすぐに処分したい」「なるべく手間をかけたくない」という人には、リサイクルショップで買い取ってもらう方法がおすすめです。

フリマやオークションで売るより買取価格は低い傾向ですが、ブランドものは高額買取を行っている店もあります。インターネットで調べて、近所のリサイクルショップを比較すると、自分に合った買取店が見つかりやすいでしょう。

総合リサイクルショップなら、ついでに処分したいほかのアイテムも一緒に売れます。持ち込む前に、ほこりや汚れを落とすと査定金額が上がるかもしれません。

香水の使用期限はいつまで?

「掃除していたら、何年か前の香水が出てきた」「フリマで香水を売るとき、使用期限はどう書けばいいの?」といったシチュエーションもあるでしょう。

ずいぶん前に購入した香水が使えるのかどうか知りたい人に向けて、使用期限の目安を紹介します。

香水使用期限開封済み未開封保管方法

未開封は3年、開封済みは1年

香水の使用期限は、どれくらいなのでしょうか?香水には、使用期限が書かれていない商品が多いものです。

一般的に、未開封であれば製造日から「3年」、開封済みは「1年」といわれています。購入日ではなく、「製造日」から数えるのがポイントです。

香水は、防腐効果のあるエタノールが含まれているため、3年もの長い時間が経っても質が変わりません。開封したら日光や空気、異物の混入でだんだんと劣化していくため、1年以内の使用が目安です。

ただし、色や香りが変質している場合は肌を傷める可能性があるので、使用は避けた方がよいでしょう。

【香水に使用期限】はある? 劣化を防ぐ保管方法も解説|Domani

香水を再利用してみよう

「好きな香水を捨てるのはもったいない」という人は少なくないでしょう。香水のすてきなリサイクル方法を紹介します。

使用期限は、あくまで肌に付ける安全性の目安なので、よい香りが消えるわけではありません。香水を再活用して、普段の生活をワンランクアップさせましょう。

香水 捨て方 処分 方法 期限 中身

ルームフレグランス

香水の簡単なリサイクル方法の一つは、ルームフレグランスにすることです。中身の液体と香水瓶の両方を、再利用できるメリットがあります。

香水瓶に残った液体を、無水エタノールでほどよく薄めて、リードスティックを挿せば完成です。リードスティックは、100円ショップでも手に入るので、お金もあまりかかりません。

ルームフレグランスはどこにでも設置できるので、お好みの場所に置きましょう。好きな香りを嗅ぐだけで気分が上がり、生活に彩りがプラスされるはずです。

香水がなくなった後は、香水の代わりにアロマを入れて、疲れた心と体を癒やすのもおすすめです。

身の回りの香りづけに

不要な布やハンカチに香水を振りかけて、身の回りのものの香りづけに使うのも。

たとえば香水をつけた布やハンカチを巾着に入れ、クローゼットに吊り下げれば、クローゼット内がほのかによい香りに包まれます。香水をつけたハンカチをバッグに入れるだけでも、持ち物から好きな香りが漂うでしょう。

香りの濃度は、お好みで調整しましょう。ただし、ニオイが充満して気持ち悪くなってしまわないよう、入れすぎは禁物です。

おしゃれな香水瓶の活用方法

香水瓶は、おしゃれでかわいいものやスタイリッシュなものなど、香水の香りをイメージした凝ったデザインが魅力です。

香水瓶が気に入ったデザインで、取っておきたい人は珍しくありません。ここでは、香水瓶を生活の中で活用するアイデアを紹介します。

香水 捨て方 処分 方法 期限 中身

花瓶

香水瓶を、花瓶として活用するのも一つの方法です。ふたやスプレー部分を取り外し、中をよく洗って好きな花を生けましょう。

香水瓶のおしゃれなデザインに花が加われば、部屋の中がパッと明るく華やいで、目を楽しませてくれます。花の代わりに、近年流行りの観葉植物を飾ってもよいでしょう。光を反射する水とガラス瓶が、グリーンと合わさって涼し気な雰囲気を演出してくれます。

消臭剤のボトル

香水の空き瓶を、もっと実用的にリサイクルする方法もあります。消臭ビーズを詰めて瓶のふたを開けておけば、消臭剤に早変わりします。

消臭ビーズは見た目がきれいなので、生活感が出すぎず、インテリアとしても違和感がありません。部屋に合わせて、ビーズの香りやカラーバリエーションを工夫するのもよいでしょう。

ちょっと見た目が寂しいと感じるなら、造花を挿すのもおすすめです。使用期限が切れて捨てるしかないと思った香水も、ひと工夫すればまだまだ楽しむことができます。

あわせて読みたい

「マニキュアの正しい捨て方」って?中身がある場合の処理方法と意外と知られていない分別ルール
使い古した包丁の捨て方とは?安全に処分する方法や捨て時をチェック

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事