Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.07.12

「白眼視」とはどんな意味?由来や使い方を解説



この「白眼視」という言葉ですが、ある「目つき」や「態度」のことを言います。今回は「白眼視」の意味から由来、使い方までを詳しく解説していきます。さらに、似たような組み合わせの言葉「青眼視」についても合わせて確認してみましょう!

Tags:

「白眼視」の読み方と意味は?

まず、「白眼視」の読み方と意味から説明します。

■読み方と意味

「白眼視」は「はくがんし」と読みます。意味を辞書で調べてみると、

冷たい目つきで見ること。冷たく扱うこと。(<小学館デジタル大辞泉>より)

「白眼視」という言葉にある、「白」「眼」「視」の3文字から、日常会話でも使う言葉を思いおこしませんか? 3つの文字を使った文章を考えてみましょう。

例えば、その場のルールにそぐわないことをした人に対して、非難の気持ちを込めて対応する時をイメージすると? 人は人をどのような目で見るでしょうか? 色と目を使った言葉を思い浮かべてみると… 。「白い目で見る」という言葉がありますね。これは、「白眼視」と同じ意味です。

白眼視

「白眼視」の由来は?

では、なぜ「冷たい目つきで見ること」や、「冷たく扱うこと」に「白い目」という言葉が使われるようになったのでしょうか。「白眼視」という言葉の由来は、中国の故事にあります。どんなお話なのか、一緒に見てみましょう。

■「白眼」とともに「青眼」もあった

「白眼視」という言葉は、「晋書―阮籍(げんせき)伝」にある故事が由来。三世紀、三国時代の中国の文人、阮籍は、青い目と白い目を使い分けることができた思想家です。阮籍は、「俗物」と会うときには「白い目」を使ってみせたとか。嵆喜(けいき)という人物が訪ねてきたとき、阮籍は「白眼を作(な)して(白い目で)出迎えた」ので、嵆喜は気を悪くします。

一方、嵆喜の弟・嵆康(けいこう)がそのことを聞いて、お酒と琴を持って阮籍に会いに行ったところ、阮籍はとても喜び、青い目を見せたといいます。この話からは、「白眼」の対義語として「青眼」という故事成語も生まれています。「青眼」は「黒目」で人を見ることで、「親しい人が訪れたとき、喜んで迎える目つき」を表しています。「白眼視する」の対義語としては「青眼視する」といった表現を使うとわかりやすいですね。

白眼視

■阮籍とはどんな人?

「白眼視」の由来となった阮籍は実在の人物で、中国三国時代の思想家です。210年(建安15年)~ 263年(景元4年)。魏の末期、偽善と詐術が横行する世間を嫌い距離を置き、大酒を飲み清談を行ない、礼教を無視した行動をしたといわれます。

当時、人々に一目置かれていた知識人「竹林の七賢」の指導者的人物です。偽善と礼儀を嫌っていた阮籍は、礼儀を重視する儒家の人間(儒教を重んじる人)に対しては軽蔑を隠さず、白眼を向けて応対したそう。そのようなあからさまな態度をとる一方で、阮籍は人の過ちを決して口にしない極めて慎重な一面もある人物であったとか。

使い方を例⽂でチェック

では、「白眼視」の使い方を例文で見てみましょう。

1:あの少年は嘘ばかりついていて、世間から白眼視された。

集団生活の中で、ルールや規律を乱す行為をとる人に対して、特に規律を守る側にいる人は、その人物を冷たく扱うことがあります。集団心理としても、「白眼視」は案外、起こりやすい現象ともいえそう。

2:裏切りが発覚したのだから、周囲が彼を白眼視するのもやむを得ない。

人を裏切る行為などの事実が起きた際、そのことを受け入れたり、ゆるすことができない人々が人を冷たく扱うことがあります。裏切ることも恐ろしいですが、「白眼視」も恐ろしく感じられますね。

3:全くの誤解で、白眼視される理由が理解できない。

何らかの誤解で、一方的に冷たく扱われることも起こり得ます。「白眼視」は自分が相手に対する行為としても使えますし、自分が人に扱われる時にも使います。

白眼視

類語や言い換え表現は?

「白眼視」の類語や言い換え表現についてはどのようなものがあるでしょうか。一緒に見てみましょう。

1:冷遇

「冷淡な待遇をすること」や「不当に低い待遇」との意味で「冷遇(れいぐう)」があります。「なかなか予約が取れないお店に出かけたのに冷遇された」「彼女は実力があるのに、今いる会社では冷遇されている」など。「冷遇する」「冷遇される」などの使い方ができます。

2:高を括る

「高を括る」は、「たかをくくる」と読みます。意味は、「その程度を予測する」「大したことはないと見くびる」こと。「高を括っていたら、手ひどい目にあった」などと使います。人や状況について、大したことはないと見くびって、後から後悔しないようにしたいですね。

3:鼻であしらう

「鼻であしらう」という言葉を聞いて、どのようなイメージが浮かびますか? 意味は「相手の言葉にとりあおうとせず、冷淡に扱う」こと。「誠意を尽くしてお詫びしたのに、鼻であしらわれた」など。

4:木で鼻を括る

「鼻」を使った表現としては、「木で鼻を括る」という言い方も。「無愛想に応対する」「冷淡にあしらう」といった意味。

最後に

「白眼視」の使い方を一緒に見てきましたが、理解できましたか? 故事成語の言葉は、一見難しそうに感じますが、日常会話で「白い目で見る」のように、知らず知らずに使っている言葉のニュアンスが含まれています。古くから伝わってきた言葉の成り立ちがわかると、今の時代で、自分が使う時に、より丁寧な使い方ができるような気がしますね。

こちらもおすすめ

【鉄面皮】なんと読む? 意味・類語・使い方も詳しく解説
「青天白日」の意味とは? 由来や使い方、類語、英語表現を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事