「たちが悪い人」ってどんな人?特徴やうまく付き合う方法 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.06.08

「たちが悪い人」ってどんな人?特徴やうまく付き合う方法

職場でもプライベートでも、「たちが悪い人」というのはどこにでもいます。大切なのは、「たちが悪い人」をうまく見分けて適度な付き合いをすることです。見分けるのに役立つ特徴や、身近にいる「たちが悪い人」との付き合い方を紹介します。

Tags:

【目次】
たちが悪いとは?
たちが悪い人に共通する特徴
職場にも!たちが悪い同僚や上司の特徴
上手に付き合うにはどうしたらよい?

たちが悪いとは?

そもそも「たちが悪い人」というのは、どのような人のことをいうのでしょうか?言葉の意味を知ることで、性質を理解するのに役立ちます。

たちが悪いたちが悪い人性格特徴職場プライベート付き合い方対処方法〝お局さま〟に仕事を押しつけられて残業。断る方法ってある?【ヒロシです。ワーママの悩みに答えます】

性格が悪い、という意味で使われる

たちが悪いという言葉の多くは「性格が悪い」という意味で使われています。もともとの言葉の意味は、「物事の性質が悪いこと」を表す表現で、悪質なことを意味します。ただし、実際に使われるのは、性格や人格といった人の内面についての表現がほとんどですたちは「質」と書くことがあることからも、人の内面を表す言葉であると分かります。

たちが悪い人に共通する特徴

では、たちが悪い人には、どのような特徴があるのでしょうか?共通する特徴をチェックして、たちの悪い人がどんな人か分からないまま振り回されないように備えて。

たちが悪いたちが悪い人性格特徴職場プライベート付き合い方対処方法馬が合わない人と付き合っていくには?理由や対処法をご紹介

自己中心的でわがまま

たちが悪い人の特徴としてまず挙げられるのは、自己中心的な考え方です。自分のことが1番大切で、周りの人よりも優先されるべきだと考えている傾向があります。そのため、気分によって言うことややることをコロコロ変えてしまったりも。

例えば、ランチや飲み会の約束を、特別な理由もなくドタキャンしてしまう人。当然、周りの人は困りますし、迷惑だと感じることが多いはず。何度も繰り返されると、あからさまに「嫌な人だな」と表情に出す人もいるかもしれません。それでも動じないのは、自分さえ良ければOKという気持ちが根底にあるからかもしれません。

自分の非を素直に認めない

素直に「ごめんなさい」と謝れないのも、たちが悪い人の特徴です。「自分のせいじゃない」「失敗したのはタイミングが悪かったから」「〇〇さんのアドバイスが余計だった」など、自分以外の人や物のせいにしてしまうことがありえます。

自分に悪い部分があるとは少しも考えていないか、非があると分かってはいても責められたくない一心でほかの人に責任を押し付けてしまうと考えられます。そのため、失敗や誤りの原因をいつまでも解消できず、何度も同じ失敗を繰り返してしまうことも。謝れないことが原因で、周りの人に何度も迷惑をかけてしまうこともありえるのです。

人の欠点を探すのが好き

自分の非は全く認めないたちが悪い人ですが、周りの人の欠点はよく目につきます。いつも人の悪いところばかり、あら探しをしているのです。どんなに長所が多い人であっても、たった一つの短所を見つけ出し、そこをずっと責め続ける傾向も。「あの人もダメ、この人もダメ」とダメ出しばかりしているため、周りにはダメな人しかいないように感じてしまい、ストレスとイライラを抱えがちでもあります。

このような人の欠点探しをするたちの悪さは、コンプレックスや自信のなさが原因です。自分に自信が持てないため、周りの人を下げることで安心しようという心理が働いている可能性があります。

人を馬鹿にした態度や発言をする

常に自分が1番だと考えているため、周りの人に対してつい馬鹿にしたような態度や発言をとってしまうことも。相手が傷つくことを考えずに見下したり、軽蔑する発言をしたり、コンプレックスを冗談めかして指摘したり…。

自分が相手より勝っている部分で比較をして、あからさまに見下す発言をすることもあるかもしれません。自分が高学歴であることや、高収入であることを盾にして、上から目線で比較するなんて人、いませんか?学歴や収入だけでなく、自分の肩書などを盾に相手の批判ばかり行う行動は、それ以外に自分の誇れる部分がないという自信のなさの裏返しであるといえます。

職場にも!たちが悪い同僚や上司の特徴

プライベートだけでなく、職場にもたちが悪い人はいます。職場にいる場合、たちが悪い人はどのような行動を取るのでしょうか?

たちが悪いたちが悪い人性格特徴職場プライベート付き合い方対処方法ありえない! なんでも自分の手柄にする上司。なんか言うべき?【働く女性の質問箱】

手柄は自分のものする

手柄を自分だけのものにしようとするのは、たちが悪い同僚にありがちな行動。チームで取り組んだ仕事を、さも自分が中心になって仕上げたかのように報告することさえあります。このタイプの人は、盛り上げ上手が多いのが特徴です。昇進を判断する上司にもうまく取り入って気に入られるため、チームメンバーからは嫌われていても、上司には好かれる傾向が。そのため、重要なポジションに就きやすいのです。

ただし、重要なポジションを任されたとしても、手柄だけ自分のものにしようという姿勢は変わりません。仕事そのものはチームメンバーに丸投げし、自分では何もしない・何もできない、ということも珍しくありません。

立場が弱い者の前では横柄になる

自分より立場が弱い人に対して強く出る姿勢も、職場にいるたちが悪い人が取りやすい行動です。例えば、新人の教育担当になったときに、ミスをいつまでもネチネチ指摘する人。新人は経験が浅いですし、初めてのチャレンジでは失敗するのも当然です。それをいつまでも指摘し続けることで、後輩や部下は自尊心を傷つけられ、萎縮してしまいます。たちが悪い先輩のせいで、緊張から余計に失敗してしまうこともあるかもしれません。

また、部下を持つようになると、上司という立場を利用して、無理な要求を部下にするなんてことも。「上司に口ごたえするのか?」と高圧的な態度を取ることで、自分自身のメンツを保っているのかもしれません。

仕事のミスは人のせいにする

仕事においても、ミスを認めて謝ることはしません。そもそも、自分に悪い部分があると思っていない可能性が。そのため、一切反省することなく、平気で自分のミスを人のせいにするなんてことも。

例えば、データを誤って消してしまったとしても、「直前に使っていた〇〇さんが消していたので、自分が使おうとしたら既になかった」と、ほかの誰かのせいにしたり…。このとき、うそをついているという意識はなく、本気でそのように思い込んでいることさえありえます。毎回ミスを人のせいにして終わらせるため、同じ部分で同じように間違えることがあるのも特徴です。反省することがないため、成長につながらないのです。

上手に付き合うにはどうしたらよい?

自分中心で、周りの人のことを一切考えない言動や行動ばかりのたちが悪い人とは、どのように付き合うと良いのでしょうか?身の回りにいるたちが悪い人に振り回されない方法を紹介します。

たちが悪いたちが悪い人性格特徴職場プライベート付き合い方対処方法ガミガミ上司の上手な対処法を知りたい!【働く女性の質問箱】

距離を置き、関わらないようにする

周囲のペースや心を乱してくるようなたちが悪い人が身近にいるなら、できるだけ距離を置くのが有効です。一切関わらず、できるだけ近くにも寄らないようにしてみるのも一つの手。徹底的に避けることができれば、付き合い方を考える必要がなくなります。会わないでいられるなら、そのままフェードアウトする選択肢を選ぶこともできるかもしれません。

何をされても軽く受け流す

避けたくても避けられない状況の場合には、たちが悪い人の行動や言動を受け流すことも大切。不愉快になることを言われたりされたりしたとき、真に受けて反応しているとターゲットにされる可能性があります。悪口や上から目線の態度がエスカレートしていくことも考えられるのです。

「この人はたちが悪い人だから、こちらが何を言っても悪口でしか返ってこない」というように、割り切って考えるとラクに。悪口や悪態をつかれても、気にせずに普段通りあいさつやお礼を続けていれば、たちが悪い人も大人しくなるかもしれません。

▼関連記事

写真/©Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事