Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE メンタルヘルス

2024.04.16

「仕事に疲れた」と感じたときの心と身体の癒やし方

 

対処法 心の疲れの場合

身体をリフレッシュする方法の後は、心の疲れを癒す方法を解説します。あなたに合った息抜きの方法を選んで、心にたまったストレスを追い払いましょう。

心の健康には食事と睡眠、そしてゆるみ時間が大切

おいしいご飯や好きな映画などご褒美を

心が疲れたときは、自分へのプレゼントを用意しましょう!「楽しみ」を作ることで、仕事や家事へのモチベーションが上がりますし、何より「頑張ってよかったな」という達成感も生まれます。

仕事の合間に一人で豪華なランチを食べたり、仕事帰りに人気のスイーツ店に寄ったりするなど、おいしいものを食べれば不思議と元気が湧いてきますよね。欲しかった服やアクセサリーを日頃のご褒美として購入するのもおすすめですよ!また、感動できる映画を観て思い切り涙を流したり、コメディ映画を観て大笑いしたりするのも、気分転換になります。その日の気分に合った映画をチョイスして、ストレスを発散させましょう。

飲み物を片手に読書する女性

(C)Shutterstock.com


頼れる人に相談したり友達と飲んだりする

「どうしても気分が晴れない」「モヤモヤを吐き出したい」という場合は、頼れる同僚や友人と話してみましょう。何となくモヤモヤする気持ちを誰かに打ち明けるだけでも、気分がスッキリすることもあります。

仕事で失敗してしまった、もしくは職場の人間関係に悩んでいる場合は、仲のよい同僚に相談してみましょう。一人で悩んでも、視野が狭くなって解決策が思いつかないこともあります。第三者に相談することで、客観的で有効なアドバイスがもらえるかもしれません。また、気の許す友達と話しながら好きなお酒を飲んだり、くだらない話で大笑いしたりすれば「自分は一人じゃない」という気持ちにもなれるはずです。

動物と触れ合うなど自分にとっての癒しを見つける

動物には人の心を癒す不思議な力があります。心が疲れたときはペットと遊んだり、動物の温もりに触れてみるのもおすすめです。動物の写真や動画をみるだけでも、不安が和らぐきっかけになります。そのほか、「絵を描く」「好きなアイドルの動画を観る」など、自分にとっての「癒し」を見つけて、心の元気を取り戻しましょう。

疲れが長引くときはどうする?

どうしても疲れが取れないという人は、これまでの対処法とは違ったアプローチが必要です。次のような対処法を取り入れて、疲れの根本を正していきましょう。

寝ても疲れがとれない女性

(C)Shutterstock.com

仕事の量や内容を見直す

仕事量が多かったり業務内容の負担が大きかったりするときは、仕事量や内容を見直しましょう。自分のキャパシティーを超えてしまうとミスが多くなり、仕事のクオリティも低下してしまう可能性があります。

その状態が続くと、心を病んでしまったり過労で倒れてしまったりするケースもあるため、早急に対策を考えましょう。上司や同僚に相談して業務内容を減らしてもらう、もしくは業務内容を変更してもらうことで、あなた本来のパフォーマンスが発揮できる方法を探るのです。単に「やる気が起きない」という場合は、明確な目標を決めて、それに向かって取り組んでみるのが効果的です。

新しい趣味を始める

休みの日も仕事のことばかり考えてしまう人は、新しい趣味を始めてみましょう。毎日同じことをしていると刺激が少なくて退屈に感じたり、モチベーションが下がったりすることがあります。しかし、新しい趣味を見つけることで、ワクワク感や楽しい気持ちが味わえるかもしれません。また、趣味に没頭すれば、仕事の嫌なことを考える時間が減ります。有意義な時間を過ごし、気分をリフレッシュさせてみてはいかがですか?

写真/(C)AdobeStock

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!