内弁慶な人の特徴とは? 性格改善のための方法も解説 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.05.29

内弁慶な人の特徴とは? 性格改善のための方法も解説

内弁慶は外面を気にし、家族には威張った態度をとる二面性があります。内弁慶な人は自分に自信がなく、他人に自分の本音を吐き出せないため、ため込んだストレスを家庭で発散させているという傾向にあります。内弁慶となる人の性格特徴や原因、改善するための方法を紹介します。

Tags:

【目次】
内弁慶の意味とは
内弁慶な人の特徴
内弁慶になってしまうのはなぜ?
内弁慶を直す方法

内弁慶の意味とは

働く女性100人に質問!自分に自信がないと感じることはある?体験談と対処方法まで紹介

家庭の中と外で振る舞いが異なる人は「内弁慶」と呼ばれることがあります。あまりよい場面で使われることはないため、何となくネガティブな意味だと理解している人も多いのではないでしょうか。内弁慶とはどんな人柄を指す言葉なのか、正確な意味を把握しておきましょう。

家では威張るのに、外では意気地がないこと

弁慶とは平安〜鎌倉期に活躍したとされる「武蔵坊弁慶」のことで、大変な強さと威勢のよさを持っていたらしい僧兵です。つまり、内弁慶という言葉は、内向きには弁慶のように威勢よく振る舞う人のことを指すのです。同じような意味を持つ言葉に「陰弁慶」があります。家族や友人など、親しい間柄の人に対しては威張った態度をとるにもかかわらず、職場などでは意気地なく弱気に振る舞う人に使われる言葉です。仲間や身内に対してしか強く出られない、情けなさや卑怯さを指摘するニュアンスを含んでいます。

内弁慶な人の特徴

内弁慶という言葉の意味が分かったところで、次は具体的な言動や性格に見られる特徴について見ていきましょう。内弁慶は本人が自覚していないことが多く、知らない間に家族や友人に負担をかけていることが多々あります。自分の身近な人たちのために、ぜひセルフチェックしてみましょう。

自分をよく見せようとする

【プライドが高い人】の特徴。上手く付き合うには?

内弁慶は、実際よりも「自分をよく見せたい」という欲を持っています。凄い人間だと思われたいがために尊大な態度をとったり、見栄を張ったりするのです。家族や仲の良い友人など、自分からちょっとやそっとのことでは離れていく可能性が低い人に対しては、無理のある振る舞いをしたり、誇張した自慢話をしたりします。自分のプライドを満たすため、周囲の親しい人たちに自分の凄さを認めさせようとするのです。

「職場で重要なポジションにいる」「上司から大きなプロジェクトを任された」など、驚くような出来事を披露することもありますが、実際は行動も実績も伴っていなかったというようなことも。

自己主張ができない

手のひら返しする人をどう見分ける?特徴や付き合い方を解説

他人の前でははっきりと自己主張できないところも、内弁慶の人によく見られる傾向です。もともと人見知りの性格をしていることが多く、あまり親しくない人の前で自分の意見をしようとすると緊張してしまいます。外で自己主張できないぶん、家に帰るとストレスを発散するように強気な発言をしてしまうのです。親しい人たちなら自分の意見を受け入れてくれる、と安心して甘えている節があります。

家族の愚痴や不満をこぼす

手のひら返しする人をどう見分ける?特徴や付き合い方を解説

内弁慶は、家族への愚痴を外でよく口にする傾向があります。ちょっとした癖・生活習慣・不満などを口にし、自分の家族の評判を落とすのです。内弁慶にとって、家庭という存在は安全地帯ともいえます。「家庭内での振る舞いを知られたくない」という思いから、ネガティブな話を広めて話題を遠ざけようとするのです。さらに、「できの悪い家族に悩まされている自分」という立場は、内弁慶の人にとって好都合な設定です。もともと見栄っ張りなこともあって、外面よく振る舞ったり、家族の愚痴をこぼしやすいからです。

自分に自信がない

どんなときに心が折れる?いつもめげない人との違いとは

自分に自信を持っていないところも、内弁慶の典型的な特徴です。自分の見た目や能力に自信がなく、自己肯定感が低いため、外では強気に振る舞えません。自分は何もできないと考え、なるべく目立たないようにしています。その反動が、家庭での偉そうな言動です。家族にだけは安心して甘えられるため、自信満々で威勢のよい発言をしてしまいます。

内弁慶になってしまうのはなぜ?

内弁慶 性格

内弁慶の特徴を知れば知るほど、ネガティブなイメージを持ってしまいます。家族や友人など、身内に負担をかけながら自尊心を守ろうという内弁慶に対し、嫌な気持ちを抱いた人も多いかもしれません。人が内弁慶になる原因はいくつか考えられます。家族に対する強気な態度とは裏腹に、実は気弱で脆い一面を持ち合わせているのです。事情を知ることで、内弁慶の人に対する理解を深めてみましょう。

人と争うことを避けたいから

内弁慶の人は、人との争いを好まない平和主義者が多いです。外では自分の本音を口にしないよう我慢していることが多く、意見の衝突を避けています。さらになるべく穏やかな人間関係を育むため、良い人に思われようと外面よく振る舞うのです。過去に人とケンカをして傷ついたり、自分の意見をひどく否定されたりした経験が、人との争いを避ける性格になるきっかけとなった可能性があります。

ストレスに弱いから

外では良い人を演じて自分を抑え込んでいるぶん、内弁慶はいつもストレスを抱えています。外でため込んだストレスを家庭に持ち込み、家族相手に発散させてしまうのです。とくに内弁慶は、自分に自信がなく自己主張もうまくないことに恥ずかしさを感じています。自分の情けなさを吐き出して甘えられる存在が家族というわけです。

ただし、家庭でのストレス発散がどんどんエスカレートしていくと、いつしか自分でも気が付かないうちに暴言や暴力という最悪の形に発展するケースもあります。家庭にストレスを持ち込んでいる自覚がある人は、家族に負担をかけているかもしれないと見直してみましょう。

幼少期に否定されて育ったから

子どもの頃に自分を否定された経験があると、内弁慶につながることがあります。両親や教師など、周囲の大人から自分を否定され続けると、自信を失い、人に対して警戒心を抱いてしまうのです。結果として、外では自分の意思表示ができない人物に成長してしまいます。

さらに、子どもの頃に否定され続けた経験は、子どものことは大人が決めるものだという認識を生みかねません。自分が大人になったときには、家族は自分の意見を聞いて当然だという誤った認識につながります。ありのままの自分を否定せずに受け入れて欲しい、という幼少期の欲求に囚われているのです。

内弁慶を直す方法

内弁慶 性格

内弁慶だという自覚のある人の中には、自分の性格を嫌っている人もいます。なんとか内弁慶を矯正したいと考えている人のために、具体的な方法を紹介します。家族と自分自身のために、ぜひトライしてみましょう。

失敗することを恐れない

成功者の共通点とは?明日から実践したい「成功の極意」

内弁慶の人に効果的だといわれている方法の一つが、あえて失敗の経験をすることです。自分に自信がなく、人からどう思われているのかが気になる内弁慶の人は、失敗を人一倍恐れます。失敗しても大丈夫だという実感を持ち、さらにどうして失敗につながったのかを分析しましょう。失敗は自分の能力を否定するものではなく、あくまでよい経験になるのだと分かれば、少しずつ自信を取り戻せます。外面を気にせず、虚栄心に囚われることもなくなれば、家族に強く当たらなくなります。

いろいろな人と関わる機会を作る

内弁慶を直すためには、いろいろな人と積極的にコミュニケーションをとりましょう。甘えられる家族や友人は居心地がよいものですが、あえて初対面の人たちのコミュニティに飛び込むなど、普段関わらない人とつながるのです。多くの人と交流を繰り返すうちに、自分の発言や振る舞いに多少のミスがあっても問題ないことを学べます。相手と円滑に会話するためのテクニックも身に付きます。外でも本来の自分を出すことに慣れ始めれば、内弁慶でいる必要はなくなります。

上手なストレス発散方法を見つける

「仕事疲れた」は心と身体からの無意識のSOS?疲れパターンごとの対処法

ストレスの矛先を家族のみに向けないため、上手なストレス発散方法を見つけましょう。興味のある趣味を探してみたり、自分がリラックスできる方法など、いろいろ試して探すこともストレス発散になるかもしれません。溜まっているストレスをうまく発散できれば、家庭にストレスを持ち込む頻度も少なくなっていきます。自分の感情をうまくコントロールできるようになれば、内弁慶卒業は目の前です。

あわせて読みたい
好かれる人になるにはどうすればいい?マインドや話し方の特徴
“怒り”と上手くつきあうには自分を抑える技術を学ぶこと【ワーキングマザーの仕事術】

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事